FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

唯「憂の好きな人・・・?誰だろう、気になるなぁ」

snapshot20090605063943.jpg


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 13:04:14.14 ID:iXH4uoW90

憂「梓ちゃん」

梓「ん?」

憂「実はね・・・」ゴニョゴニョ

梓「・・・え?」


・・・・・・


唯「憂の好きな人・・・?誰だろう、気になるなぁ」

梓「だいぶ前からいるみたいですよ」

唯「そうなんだ・・・全然知らなかった」

梓「唯先輩はどんな人だと思います?」

唯「うーん、憂の好きな人かぁ・・・」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 13:05:23.10 ID:q6ibmoelO

僕です
4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 13:06:00.24 ID:wdm5huqH0

俺です
7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 13:08:09.50 ID:iXH4uoW90

唯「完璧な人・・・かなぁ?」

梓「完璧・・・どうしてですか?」

唯「だって憂は料理も家事も勉強も何でもできるんだよ!」

唯「だから、その憂よりすごい人が好きなのかなぁって」

梓「なるほど・・・」

梓「でも、そういう何でも出来ちゃう人って案外、出来ない人を好きになったりするらしいですよ」

唯「そうなんだぁ!」

梓「唯先輩はどんな人が好きなんですか?」

唯「んー・・・何でも出来ちゃう人がいいなぁ」

梓「だと思いました」

唯「え?どして?」

梓「唯先輩はそういう人と一緒じゃないとダメな気がします」キッパリ

唯「ちょっと失礼だよあずにゃんっ」プンプン

唯「・・・でも合ってるかも」

梓「やっぱりですか」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 13:12:52.92 ID:iXH4uoW90

唯「・・・そっかぁ、憂に好きな人が・・・」

梓「・・・どうしました?」

唯「ううん、何でもない」

唯「ちょっとびっくりしただけだよ」

梓「そうですか・・・ってもうこんな時間」

唯「あ・・・早く帰らないと憂に怒られちゃうよぉ」

梓「お母さんみたいですね」フフッ

唯「そうかもー」エヘヘ

梓「じゃぁまた明日です」

唯「またね、あずにゃん」


・・・・・・


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 13:14:45.27 ID:iXH4uoW90

―帰り道―

唯(唯に好きな人が・・・)

唯(ついに出来ちゃったんだね・・・)

唯(私は・・・私は・・・)

唯(ずっと前から好きな人がいるのに)

唯(それなのに憂は・・・)

唯(今ごろ、しかも別の人・・・)

唯(・・・)グスッ

憂「お姉ちゃん!?」

唯「え?・・・憂」

憂「どうしたの!?目がすっごく赤いよ?」

唯「え・・・あ、ちょっと眠くてあくびしちゃった」

憂「なぁんだ・・・びっくりしたぁ」

憂「お姉ちゃんにもしもの事があったら私生きてられないよぉ」

唯「大げさだよぉ」エヘヘ


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 13:18:13.92 ID:iXH4uoW90

唯「・・・あ、買い物いってたんだね」

憂「うん、今日はカレーだよぉ」

唯「おぉっ!マシュマロは」

憂「めっ」

唯「むぅー」

憂「でもマシュマロは買ってあるよ、ご飯の後で食べよ♪」

唯「わぁぁぁい」パァァ

憂「じゃぁ一緒に帰ろっ」

唯「うんっ」


・・・・・・


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 13:20:34.10 ID:iXH4uoW90

―帰宅―

憂「今から作るから待っててね、お姉ちゃん」

唯「がんばって憂!」

憂「お姉ちゃんのために一生懸命作るね!」

唯「ありがとぉ」エヘヘ


・・・・・・


唯(憂はいつだってそう)

唯(私が泣いてたら誰よりも先に心配してくれる)

唯(私の食べたいものも全部わかってる)

唯(どんなときでも『お姉ちゃんのために』って言ってくれる)

唯(それで・・・)

唯(『大好き』って言ってくれる)

唯(そんな憂にも・・・好きな人が)

唯(ダメだ、こんな事考えてたらまた泣いちゃうよ)


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 13:23:43.57 ID:iXH4uoW90

唯(憂の前で泣くなんてダメ)

唯(この事は忘れなきゃ・・・)

憂「お姉ちゃん、そろそろ出来るよー」

唯「あ、お皿出すね!」

憂「ありがとぉ、お姉ちゃん」

唯「んー、いいかおりー」

憂「マシュマロは入ってないけど、うまくできたよ」

唯「ごっはん♪ごっはん♪」

憂「・・・っと、完成~♪」

唯「おぉっ、いつもながらおいしそうですなぁ」

憂「えへへ」

唯「それではっ」

唯憂「いただきまーす」


・・・・・・


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 13:28:45.89 ID:iXH4uoW90

―唯の部屋―

唯「・・・はぁ」

唯(今日も憂の料理はおいしかったなぁ)

唯(作ってもらうのが当たり前みたいになってるけど、いつも感謝してるよ)

唯(ずっと私と一緒にいてくれると思ってた)

唯(でも・・・好きな人が出来たらそういうわけにもいかないよね)

唯(・・・またこんな事考えてる)

唯(ダメだなぁ・・・私)

唯(憂の・・・好きな・・・)

唯(・・・!)

唯(そういえば、好きな人って誰なんだろう・・・)

唯(あずにゃんは知ってるっぽい言い方だったし・・・聞いてみよっと)

唯『あずにゃん、起きてる?さっき言ってた憂の好きな人の事だけど・・・何か知ってる?』カチカチ

ピッ

唯(返事・・・ちょっと怖いなぁ)


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 13:34:45.87 ID:h/ouuYOnP

支援
16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 13:34:58.03 ID:iXH4uoW90

ピロリン♪

唯(あ・・・)

パカッ

あずにゃん『それは憂に誰にも言わないって約束で聞いたので・・・唯先輩でも教えられないですっ』

唯(・・・そう・・・だよね)ピッ

唯(あれ、まだ続きが)

あずにゃん『でも、唯先輩なら憂に聞けばすぐ教えてくれるんじゃないですか?』

唯(直接・・・かぁ)

唯(怖くて聞けないよぉそんな事)

唯『そっかぁ、変な事聞いてごめんね、ありがとうあずにゃん』カチカチ

ピッ

唯(いつか相手がわかっちゃうんだろうなぁ・・・)

唯(どうせなら直接聞いちゃったほうが・・・)

唯(どうしよ・・・)


・・・・・・


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 13:39:21.16 ID:iXH4uoW90

―憂の部屋―

ピロリン♪

憂(梓ちゃんかな・・・?)

パカッ

梓ちゃん『唯先輩メールして来たよ、憂の好きな人が気になってるみたい』

憂(やっぱり梓ちゃんかぁ、お姉ちゃん反応してくれたんだぁ)フフッ

憂『梓ちゃん、こんな事頼んでごめんね・・・本当にありがとう!』カチカチ

ピッ

憂(お姉ちゃんが気になってるって事は・・・)

憂(このままうまくいけば・・・)

憂(ちょっと悪い事してる気分だけど、たまには良いよね・・・?)

ピロリン♪

梓ちゃん『いいよ、最初はびっくりしたけど応援してるからね!それで、次はどんな事するの?』

憂(梓ちゃんに話せてよかった・・・本当にありがとう、梓ちゃん)


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 13:48:23.30 ID:iXH4uoW90

憂『梓ちゃんのおかげで私に好きな人がいるって事になったから、次はお姉ちゃんが私に直接聞いてくるまで様子見する事にするね』カチカチ

ピッ

憂(お姉ちゃん・・・積極的に来てくれるかなぁ?)

憂(もし来てくれなかったら・・・)

憂(私に好きな人がいるって事になって、そのまま終わっちゃう・・・)

憂(突然思いついた事だったから深く考えてなかったけど・・・)

憂(何とかなる・・・よね?)

ピロリン♪

梓ちゃん『わかったー、なるべく唯先輩が憂に直接聞くように説得してみるね!自然に自然に!』

憂(梓ちゃん・・・何かすごいなぁ)

憂『ありがとう、今頼れるのは梓ちゃんだけだよ・・・本当にありがとね!』カチカチ

ピッ

憂(梓ちゃんが一生懸命してくれてるし・・・)

憂(絶対成功させよう!)


・・・・・・


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 13:49:16.63 ID:iXH4uoW90

―学校―

律「じゃぁ今日はこれで終わりなー」

澪「またお茶しただけ・・・」

紬「おつかれさま♪」

唯「今日もおいしかったねーあずにゃん」ベタベタ

梓「もうっ、べたべたしないでください!」

唯「ぶーぶー」

梓「唯先輩、今日も話があるので残ってくれませんか?」コソッ

唯「おぉっ、あずにゃんと2人きり・・・良い良い」コソッ

律「おし、帰るかー」

唯「はいっ!りっちゃん隊員!」

唯「今日も用事があって一緒に帰れないであります!」

律「今日もか・・・唯の用事っていったい何なんだ?」

唯「内緒ぉー、ねーあずにゃん」

梓「ちょっ、私にふらないでください!」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 13:55:53.76 ID:iXH4uoW90

律「ほほぅ、唯と梓がねぇ」ニヤニヤ

梓「ちちち、違います!」

澪「こら、あんまりからかうな」

紬「あらあらまぁまぁ」

律「まぁいいや、ごゆっくりー♪」ニヤニヤ

澪「またな、2人とも」

紬「また明日♪」

梓「はい、また明日です!」

唯「ばいばいみんなー」

バタンッ

唯「お話ってなぁに?あずにゃん」

唯「もしかして愛の告白!?」

梓「冗談は置いといてください」

唯「ちょっと本気だったのにぃ」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 13:59:53.70 ID:iXH4uoW90

梓「昨日の話です、教えてくれました?好きな人」

唯「え・・・ううん」

梓「教えてくれなかったんですか?」

唯「・・・まだ聞いてないの」

梓「・・・聞かないんですか?」

唯「・・・」

梓「・・・」

梓「ゆ」

唯「あ」

唯梓「!?」

梓「あ、すいません・・・唯先輩どうぞ」

唯「えぇっ、あずにゃんから言いなよぉ」

梓「・・・わかりました」

梓「唯先輩はどうして聞かなかったですか・・・?」

唯「・・・何か・・・恥ずかしいっていうか・・・」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 14:05:46.83 ID:iXH4uoW90

梓「姉妹じゃないですか、普通ですよ、きっと」

唯「そうなのかなぁ・・・」

梓「そうですよ!それで唯先輩は何て言おうとしたんです?」

唯「えっと・・・」

唯「あずにゃんは、憂の好きな人知ってるんだよね」

梓「はい」

唯「その人ってあずにゃんの知り合い?」

梓「・・・そうですね」

唯「・・・そっかぁ」

唯「もしかして・・・私も知ってる?」

梓「・・・えぇ、まぁ」

唯「そう・・・なんだ」

唯「私の知ってる人かぁ・・・」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 14:09:31.98 ID:iXH4uoW90

唯(・・・あれ?)

唯(私もあずにゃんも憂も知ってる男の人って・・・)

唯(先生とかしかいないよね・・・)

唯(あとは・・・りっちゃんの弟とか?)

唯(でも憂とは直接会ったことない・・・はず)

唯(もしかして・・・)

唯(女の子!?)

梓「・・・唯先輩?」

唯「ふぇっ?」

梓「どうしました?ぼーっとして・・・」

唯「・・・あ、ごめん」

唯「・・・ねぇあずにゃん」

梓「はい」

唯「その好きな人聞いて・・・びっくりした?」

梓「・・・そうですね」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 14:11:36.07 ID:iXH4uoW90

唯「そっかぁ・・・」

梓「私が言えるのはここまでです、後は憂に聞いてください」

唯「わかった、色々教えてくれてありがとうあずにゃん」

梓「いえいえ」

梓「・・・でも」

唯「?」

梓「どうしてそんなに憂の好きな人が気になるんですか?」

唯「っ!?」

唯「そそそそ、それは・・・ああ、姉として知っておきたいというか」シドロモドロ

梓「・・・そうですかぁ」フフッ

唯「ほ、本当だよ!?嘘じゃないよ!?」

梓「はいはい、わかりました」

梓「教えてくれるといいですね、好きな人」

唯「・・・うん」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 14:16:39.14 ID:iXH4uoW90

唯「そういえばあずにゃん」

梓「はい?」

唯「あずにゃんは好きな人いないの?」

梓「わ、私ですか!?」

梓「い、いますけど・・・」

唯「おぉっ、誰?」

梓「・・・誰にも言いませんか?」

唯「言わない!こう見えても口は堅いんだよ!」フンス

梓「・・・実は」ゴニョゴニョ

唯「・・・え?」


・・・・・・


梓(ごめんね、憂・・・)


・・・・・・


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 14:20:48.42 ID:G+MF6Ia70

あれ?w
34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 14:26:30.43 ID:iXH4uoW90

―夜、平沢家―

唯「・・・と、言うわけで」

梓「付き合うことに・・・なっちゃいました」

憂「・・・え?」ポロッ

カランッ

唯「あ、おたま落としちゃダメだよー憂」

唯「いやぁ、それにしてもダメ元で告白したらOKだなんてびっくりしたよぉ」

梓「わ、私のほうがびっくりです!」

憂「あ、あ、あ・・・」ブルブル

梓「う、憂?どうしたの?」

唯「憂!?大丈夫?」

憂「だ、大丈夫・・・」

憂「ちょっとトイレ・・・いってくるね」

憂「火見てて・・・」ダダッ


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 14:33:38.27 ID:iXH4uoW90

唯「あ・・・」

梓「・・・」

唯「すごくびっくりしてたけど、良かったのかなぁ?」

梓「・・・たぶん大丈夫ですよ」

唯「そっかぁ・・・でも心配だなぁ」

梓「せ、責任は私が取ります!」

唯「・・・わかった、あずにゃんを信じるね」

梓「ありがとうございます」


・・・・・・


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 14:35:17.60 ID:iXH4uoW90

―トイレ―

憂(どういう事・・・?)

憂(お姉ちゃんと梓ちゃんが・・・)

憂(しかもお姉ちゃんが告白したって・・・)

憂(お姉ちゃんは梓ちゃんが好きだったの・・・?)

憂(ずっと私の事が好きだって・・・)グス

憂(そうだって・・・思ってたのに)ポロポロ

憂(お姉ちゃん・・・どうして?どうして・・・?)ポロポロ

憂(私じゃダメなの・・・?)ポロポロ

憂(お姉ちゃん・・・)ポロポロ

憂(・・・)

憂(お姉ちゃんは・・・梓ちゃんが好き)

憂(梓ちゃんは協力してくれてたけど・・・)


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 14:39:35.58 ID:iXH4uoW90

憂(そう、だよね・・・お姉ちゃんに告白されたんだから裏切ったわけじゃない)

憂(お姉ちゃんが梓ちゃんの事を好きになっただけだよ)

憂(お姉ちゃんも梓ちゃんも悪くない)

憂(悪いのは・・・全部・・・私)

憂(・・・)

憂(早く出ないと怪しまれちゃう・・・よね)グスッ

憂(笑顔、笑顔)

バタン

唯「あ、憂ー」

唯「大丈夫?」

憂「え?何ともないよ、お姉ちゃん」

唯「よかったぁ、顔色悪かったからびっくりしたよぉ」

梓「・・・」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 14:45:47.22 ID:iXH4uoW90

憂「あ、梓ちゃん」

憂「ご飯食べてく?」ニコッ

梓「・・・いいの?」

憂「もちろん、ねーお姉ちゃん」

唯「もちろん!」

梓「じゃぁ・・・いただきます」

憂「もうちょっとで出来るから待っててね」

唯「うんー」

憂「♪」グツグツ

唯「あずにゃんの言ったとおり、大丈夫そうだね」ヒソヒソ

梓「そうみたい・・・ですね」ヒソヒソ

唯「最初はどうなるかと思ったよぉ・・・これならいけるね!」ヒソヒソ

梓「はい、大丈夫です・・・きっと」ヒソヒソ


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 14:49:57.84 ID:iXH4uoW90

憂「できたよー!」

唯「おぉっ、今日は豪華だねぇー」

憂「お姉ちゃんと梓ちゃんが付き合った記念だもん、豪華にしないとね♪」

唯「じゃぁ毎日付き合う!」

憂「それじゃダメでしょっ」

唯「むぅーっ」

梓「・・・ありがと憂」

憂「ほらほら、2人とも食べて」

唯「それでは・・・」

唯憂梓「いただきます」


・・・・・・


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 14:52:03.37 ID:iXH4uoW90

―憂の部屋―

憂「ふぅ」

憂(・・・)

憂(あれ・・・)ポロッ

憂(何だろう・・・一息ついたら・・・)ポロポロ

憂(お姉ちゃんの事・・・考えたら・・・)ポロポロ

憂「うわぁぁぁぁん」ボロボロ


・・・・・・


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 14:56:32.80 ID:iXH4uoW90

―唯の部屋―

唯「うーん・・・」

唯(こんな事して・・・本当に良かったのかなぁ)

唯(でも、あずにゃんの気持ちには手助けしてあげたいし・・・)

唯(なんか悪い事してるみたい)

唯(・・・)

唯(私が悪者になれば・・・みんなは幸せになれるかな?)

唯(あずにゃんも・・・憂も・・・)

憂『うわぁぁぁぁん』

唯「う、憂!?」

ドタドタ

ガチャッ


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 15:00:06.29 ID:iXH4uoW90

唯「憂!?どうしたの!?」

憂「お、ねえ、ちゃっ」ポロポロ

憂「何で、もな、いのぉっ」ポロポロ

唯「何でもないことないでしょ!?そんなにいっぱい泣いて・・・」

憂「やっぁ、見ちゃだ、めだよぉ」ポロポロ

唯「憂・・・」

唯「ダメだよ、憂」ギュッ

憂「・・・おねえちゃん」グスッ

唯「憂が泣いてると私も悲しいんだよ?」

唯「憂が泣いてると私は心配なんだよ?」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 15:01:55.89 ID:iXH4uoW90

唯「憂が泣いてると・・・」

唯「私まで・・・泣いちゃいそうになる」ズルッ

唯「だから・・・泣かないで」

憂「・・・」コクッ

ギュッ

唯「よしよし」ナデナデ


・・・・・・


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 15:04:42.31 ID:iXH4uoW90

唯「・・・落ち着いた?」

憂「うん」

唯「大丈夫?」

憂「うん」

唯「・・・よかったぁ」

憂「ごめんね、お姉ちゃん」

唯「ううん、憂が大丈夫ならいいよ」

唯「でも・・・どうして泣いて・・・」

憂「・・・」

憂「ごめんなさい・・・それはお姉ちゃんにも・・・言えないんだ」

唯「・・・そっかぁ」

唯「うん、わかった」

唯「でも・・・なるべく泣かないで、ね?」

憂「うん・・・」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 15:06:20.70 ID:iXH4uoW90

憂「お姉ちゃん」

憂「今日は・・・一緒に寝たいな」

唯「え」ドキッ

憂「あ・・・ダメだよね、お姉ちゃんは梓ちゃんと・・・」

唯「・・・ううん、いいよ」

唯「憂がそうしたいなら、一緒に寝よ」

憂「うんっ」

ゴソゴソ

唯「おやすみ、憂」

憂「おやすみなさい、お姉ちゃん」


・・・・・・


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 15:09:37.79 ID:iXH4uoW90

憂「・・・」スースー

唯(すぐ寝ちゃった)

唯(憂と寝るの久しぶりだなぁ・・・)

唯(あの頃はこんな感情無かったよね)

唯(ドキドキもしなくて・・・普通に・・・)

唯(いつからこうなっちゃったんだろう・・・)

唯(・・・考えてもわかんないや)

唯(寝よ)


・・・・・・


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 15:11:02.68 ID:iXH4uoW90

―朝―

憂「ん・・・」

憂「朝、かぁ」

唯「・・・」スースー

憂「あ、お姉ちゃん」

憂「・・・ありがとう」

唯「んんぅ・・・」スースー

憂「さて、朝ごはん朝ごはん」


・・・・・・


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 15:13:30.94 ID:iXH4uoW90

―学校―

律「さて、今日はこれで終わりー」

澪「また練習を・・・」

唯「あ、今日も」

律「はいはい、どうせ梓といちゃいちゃするんだろ?」

梓(!)

唯「えへへ、ばれましたかぁ」

梓「ち、違いますってば!いい加減にしてください!」

紬「いいわねぇ唯ちゃん」

律「んじゃ、また明日なー」

バタン


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 15:16:38.98 ID:iXH4uoW90

唯「ごめんねあずにゃん、急に」

梓「いいですよ」

唯「憂の事なんだけど・・・」

梓「・・・はい」

唯「昨日ね、泣いてたんだ」

梓「・・・」

唯「原因は・・・教えてくれなかった」

梓「すいません・・・きっと私の」

唯「ううん」

唯「憂は大丈夫って言ってたよ」

唯「だからあずにゃんは悪くない」

梓「唯先輩・・・」

唯「でも私ね、憂の泣き顔見るのは辛くって・・・」

梓「・・・」

ガチャッ


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 15:20:49.89 ID:iXH4uoW90

憂「梓ちゃん、いる?」

梓(!?)

憂「・・・あ、邪魔しちゃったかな」

唯「あ、憂・・・どうしたの?」

憂「ちょっと梓ちゃんに用事があって・・・律さんたちが外にいたから、もう終わったのかなぁって」

梓「どうしたの?」

憂「えっと」

憂「お姉ちゃんの事、よろしくねって言いたくて」

唯梓「!?」

憂「お姉ちゃんは甘えん坊さんだから、いっぱい遊んであげてほしいの」

唯「憂ぃ・・・なんか恥ずかしいよぉ」

憂「大事なことだから、ちゃんと聞いてね」

憂「それで、お姉ちゃんの好きな食べ物はマシュマロでね」

憂「あと、お姉ちゃんの・・・」


・・・・・・


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 15:25:25.63 ID:iXH4uoW90

憂「・・・これくらいかな」

梓「・・・」

憂「全部はできないと思うけど・・・なるべくお姉ちゃんのために色々してほしくて・・・なんかごめんね」

唯「すごく恥ずかしい・・・」

梓「・・・そっか」

梓「憂は本当に唯先輩が好きなんだね」

唯憂「!?」

憂「梓ちゃ、それ・・・」

梓「ごめんなさい」ポロッ

唯「え?え?どうしたの?」オロオロ

梓「ごめんなさい・・・ごめんなさい」ポロポロ


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 15:31:29.57 ID:6L3UymDd0

これは支援
68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 15:32:50.67 ID:T27ayE3K0

やっぱり憂が最強でござる
69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 15:34:49.81 ID:iXH4uoW90

憂「梓ちゃん・・・どうして泣いてるの?」

梓「ぜんぶ、わたし、が、わるいの」ポロポロ

梓「わた、しが、ういのこ、とすき、だからっ」ポロポロ

憂「え!?」

唯「あずにゃん・・・」

憂「それ・・・どういう・・・」

憂「梓ちゃんはお姉ちゃんと付き合って・・・」

唯「憂、ごめん」

憂「お姉ちゃん?」

唯「それは私が・・・」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 15:40:08.56 ID:iXH4uoW90

―回想―

唯「そういえばあずにゃん」

梓「はい?」

唯「あずにゃんは好きな人いないの?」

梓「わ、私ですか!?」

梓「い、いますけど・・・」

唯「おぉっ、誰?」

梓「・・・誰にも言いませんか?」

唯「言わない!こう見えても口は堅いんだよ!」フンス

梓「・・・実は」ゴニョゴニョ

唯「・・・え?」

唯「憂が・・・好き?」

唯(あずにゃんも・・・!?)

梓「はい・・・」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 15:43:01.79 ID:iXH4uoW90

唯「冗談じゃ・・・」

梓「本気です」

唯「でも憂には好きな人がいるって」

梓「それが問題なんです・・・」

梓「憂の事好きで好きでずっと想ってたんですけど・・・」

梓「好きな人がいるって聞いて、私どうしたらいいか」

唯「あずにゃん・・・」

唯(あずにゃんも本気なんだぁ・・・)

唯(私も本気だけど・・・)

唯(私は姉妹・・・絶対に叶わないよね)

唯(・・・憂が幸せになるなら・・・!)

唯「じゃぁ、憂があずにゃんに惚れればいいんだよ!」フンス

梓「それはたぶん無理ですよ、第一どうやればいいんですか?」

唯「うーん・・・」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 15:46:21.55 ID:iXH4uoW90

唯「あ、そうだ」

唯「この前ドラマで見たんだけどね」

唯「仲のいい人や大事な人は、いつも近くの存在だから自分の気持ちに気づかないんだって」

唯「だから、他の人と仲良くしてたら気になっちゃって恋になるらしいよ!」

梓「そんなにうまくいきますか?」

唯「憂はああ見えても寂しがりだからね、きっと大丈夫だよ!」

梓「うーん・・・でもどうやるんですか?」

唯「・・・あずにゃんが私と付き合うとか!」

梓「!?」

唯「そしたら憂がやきもちやいて・・・あずにゃんの大切さに気づくかも」

梓「でもダメだったら・・・」

唯「その時は冗談でしたって言えばいいんだよっ!」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 15:50:28.64 ID:iXH4uoW90

梓(憂が好きなのは唯先輩・・・)

梓(唯先輩が私と付き合ってるって事になったら・・・)

梓(唯先輩の事はあきらめる・・・かな?)

梓(唯先輩から告白したことにすれば・・・まだ私に可能性が・・・)

梓(でもこんな事・・・)

梓(・・・それでも憂が・・・)

梓「・・・わかりました」

梓「でも、こんな事してもらっていいんですか?」

梓(唯先輩も憂が好きなはずなのに・・・)

唯「もちろんだよ!あずにゃんのためなら!」

梓「唯先輩・・・ありがとうございますっ!」ダキッ

唯「おぉ、あずにゃんのほうから抱きついてくるなんて・・・協力する甲斐がありますなぁ」


・・・・・・


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 15:56:53.97 ID:iXH4uoW90

唯「というわけで・・・」

唯「私が全部した事なの」

唯「だからあずにゃんは」

梓「唯先輩は何も悪くありません!」

梓「私のために・・・私なんかのために・・・」ポロポロ

梓「私が全部・・・全部・・・」ポロポロ

憂「梓ちゃん・・・」

唯「憂、あずにゃんは悪くないんだよ」

唯「だから怒らないであげて」

憂「・・・怒らないよ、お姉ちゃん」

梓「憂・・・」

憂「誰かを好きになったら、それくらいしちゃうよ」

憂「私だって・・・同じようなこと・・・」

憂「お姉ちゃんの事想うと、止まらなくて・・・」

唯「え?」


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 16:01:04.60 ID:iXH4uoW90

唯「どういう・・・こと?」

梓「憂、それ」

憂「いいの」

憂「元はといえば、私があんな事頼んだから・・・」

唯「憂・・・?」

憂「あのね」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 16:03:15.40 ID:iXH4uoW90

―回想―

憂「梓ちゃん」

梓「ん?」

憂「実はね・・・」ゴニョゴニョ

梓「・・・え?」

梓「唯先輩が・・・好き?」

憂「うん」

梓「それは私も」

憂「ううん」

憂「その好きじゃなくって・・・」

憂「恋人とかの好き」

梓「えぇ!?」

梓「本気・・・なの?」

憂「うん、本気」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 16:04:45.30 ID:iXH4uoW90

梓「そっか・・・そうなんだ」

梓(気づいてたけど・・・いきなり言われると・・・)

梓「でも何でいきなり?」

憂「こんな事誰にも言えないから・・・でも誰かに言いたくて」

憂「梓ちゃんなら・・・何でも言えるから」

梓「憂・・・」

憂「お姉ちゃんも、たぶん私の事好きなんだと思う」

憂「でもそれは、恋人の愛じゃなくて姉妹愛」

憂「だから、少しでも恋人の愛に近づきたくて・・・」

憂「それでね、梓ちゃんに協力してほしくって」

梓「協力・・・」

憂「うん、いきなりごめんね」

梓(好きな人の恋の応援なんて・・・複雑だなぁ)

梓(でも、憂が幸せになるなら・・・!)


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 16:06:03.97 ID:iXH4uoW90

梓「いいよ、何すれば良いの?」

憂「んっとね、この前ドラマでやってたんだけど・・・」

憂「お姉ちゃんの嫉妬心を揺さぶれば、恋人の愛に近づくかなぁって」

梓「・・・うまくいく?」

憂「きっと大丈夫だよ!」

梓「うーん・・・まぁやってみるよ、それで私は何すればいいの?」

憂「私に好きな人がいるって事にして、お姉ちゃんの反応を見てほしいの」

梓「なるほど」

憂「あ、もちろん好きな人は誰かって言わないでね」

梓「わかった」

憂「ごめんね、変なこと頼んで」

梓「憂のためだから、任せといて!」

憂「梓ちゃん・・・ありがとう」


・・・・・・


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 16:08:25.05 ID:iXH4uoW90

唯「・・・」

憂「お姉ちゃん・・・ごめんなさい」

憂「どうしてもお姉ちゃんに振り向いてほしくて・・・」

憂「お姉ちゃんに好きって・・・恋人として好きって言ってもらいたくて」ポロッ

憂「梓ちゃんまで巻き込んで・・・悪いのは全部・・・」ポロポロ

憂「わたし、なんだよっ・・・」ポロポロ

唯「憂・・・」

憂「ごめんな、さい、おねえちゃ、あずさちゃ・・・」ポロポロ

梓「憂も悪くないよ、私が変にややこしくしたから・・・」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 16:11:57.91 ID:iXH4uoW90

唯「・・・2人とも悪くないよ」

憂梓「・・・」

唯「2人とも、好きな人のことを思ってしたことなんでしょ?」

唯「じゃぁ誰も悪くないよ」

唯「悪い人なんかどこにもいない」

唯「だから・・・もう泣かないで・・・」ウルッ

憂「お姉ちゃん・・・」グスッ

梓「唯先輩・・・」グスッ


・・・・・・


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 16:13:45.55 ID:iXH4uoW90

梓「・・・私、行きますね」

唯「え、でも」

梓「いいんです」

梓「憂が唯先輩の事を好きだって言うのはずっと知ってました」

梓「そして、唯先輩の気持ちも・・・」

唯「・・・あずにゃん」

梓「もう半分諦めてましたから、大丈夫です」

梓「これで完全に諦めが付きますから」

梓「最後のわがまま言っちゃっただけです」

唯「・・・ごめんね」

憂「・・・」

梓「それじゃ私行きますね、また明日です」

唯「うん、またね、あずにゃん」

憂「また・・・ね」

バタン


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 16:14:49.99 ID:iXH4uoW90

唯憂「・・・」

憂「梓ちゃんが言ってた・・・お姉ちゃんの気持ち・・・って」

唯「・・・うん」

唯「いい機会だから、言っちゃうね」

唯「私、憂のことが・・・」

唯「好き」

憂「・・・お姉ちゃん」ウルッ

唯「ダメ、泣いちゃダメだよ」

憂「・・・うん」

唯「憂は私の事どう思ってるか・・・聞かせて?」

憂「・・・」コクッ

憂「実はね・・・」


・・・・・・


おわり



90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 16:18:03.89 ID:T27ayE3K0

おつ!
91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 16:19:29.75 ID:DeQoOkq10

これはポニ-テ-ルなんだからねっ (・ω・`〃)乙
92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 16:20:36.67 ID:6L3UymDd0

きれいにまとめたのう
乙にゃん
93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /03(日) 16:25:38.71 ID:iXH4uoW90

このSSは

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/03(日) 01:31:13.61 ID:y4w8nLOl0
唯「憂の好きな人?・・誰だろう・・・気になる・・・」

というスレタイ発想をもらって書きました

発想をくれた ID:y4w8nLOl0ありがとう!
読んでくれた人ありがとう!




TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 平沢唯 [Single, Maxi]
「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 平沢唯





| けいおん!!SS | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ブラストVIP最新記事 Powered By 我RSS

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blastvip.blog74.fc2.com/tb.php/184-93dc0836

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。