FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

唯「おはようあずさ」

ca0e4fa0.jpg


1 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/10/08(金) 00:51:16.74 ID:aNjATvlZ0

梓「ん……あれ」

唯「……んー、おはよ」

梓「うぅん……おきてたの…?」

唯「私もいま目さめたとこだよぉ……おはよ」

梓「……うん。おはよ」


3 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/10/08(金) 00:55:22.53 ID:aNjATvlZ0

唯「あずにゃん、水とってぇ」

梓「……これ、のみたいの?」

唯「うん……め、かゆいよぉ…」ごしごし


梓「うーん……じゃあ、のませたげるよ」

唯「ありがとお……えへ」

きゅっ

ごくっ

梓「……ん」ちゅ

唯「んー……んむっ」ごくっ

梓「ん、むぅ……ぷはっ」



7 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/10/08(金) 00:57:36.85 ID:aNjATvlZ0

唯「えへへ、おはようキスだねぇ」

梓「もー…舌いれるなんて、はんそくだもん」

唯「あずさだっていれてきたくせにぃ」

梓「なっ……」かあっ

唯「あずにゃんてれてるねぇ」ぷに


梓「………」ぷいっ

唯「…おこんないでよぉ」

梓「おこってなんかないもん」


9 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/10/08(金) 01:01:00.98 ID:aNjATvlZ0

梓「……わたし、もうちょっとねるから」

唯「むー……」

梓「出る時間になったらおこしてね」

唯「うぅん……。」


梓「………」ちら

梓「…ねるんだもんっ」ぷいっ



唯「……ぎゅ」

梓「…!」


11 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 01:07:04.97 ID:aNjATvlZ0

唯「おこったの?」

梓「……べつに」

唯「おこってるでしょ」ぴとっ

梓「おこってなんかないもん。あっちいっちゃえ」


ぎゅっ


12 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 01:08:49.98 ID:aNjATvlZ0

唯「いかないよ。私、あずさのことだいすきだもん」すりすり

梓「……からだひえるよ?」

唯「あずさがあったかいからへーき」


梓「………」ぎゅー

唯「……えへ」

唯「ねぇ……どしたの?」なでなで


梓「だって………だって、ゆいが、かってにキスするんだもん」


16 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 01:13:02.45 ID:aNjATvlZ0

唯「キスするの、やなのかな…」しゅん

梓「……やじゃ、ないよ?」

唯「じゃあどして?」

梓「やじゃないけど、やなのっ」


唯「んー、ごめんねあずにゃん」

梓「……あずにゃん、なんだ」

唯「やなの?」

梓「………べつに、いやではないですよ。ゆいせんぱい」

唯「やなんじゃん…」

梓「……やじゃないもん」


17 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 01:16:48.14 ID:aNjATvlZ0

唯「……シャワーあびよっか?」

梓「……うん」

ぎゅっ

唯「あずさぁ、抱きしめられたらわたし動けないよ…」くすっ

梓「シャワーとか……あとででいいし」

唯「こどもみたいだね、きょうのあずさ」

梓「……やっぱシャワーあびるっ」


19 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 01:24:44.46 ID:aNjATvlZ0

おふろ!

唯「ふぅ……あったかあったかだねぇ」にこっ

梓「………」

唯「あずにゃん、こっちきてよぉ」

梓「汗かいちゃったから、さきシャワーあびたいの」

唯「そだねぇ、きのうの夜はいっぱい汗かいたもんね」

梓「…!」びくっ

唯「あずにゃんとってもかわいかったもんね」にやにや

梓「なっ……ゆ、ゆいだってぇ!」

唯「えへへ、きもちよかったねっ」

梓「恥じらいとか、もとうよ……」

唯「いーじゃん。ふたりっきりなんだし」

梓「……だからはずかしいのっ」


22 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 01:31:38.49 ID:aNjATvlZ0

唯「あずさ。こっちおいで」

梓「……へんなこと、しないからね」

唯「しないよぉ。ほらほら、こっちにきなさい」

梓「……やくそく、だからね?」

唯「うん。うそついたら、はりせんぼんのむよ」

梓「それはわたしがやだからだめっ」

唯「…えへへー」


23 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 01:34:22.11 ID:aNjATvlZ0

唯「ふぅ……やっぱりうちのとちがってお風呂広いねぇ」

梓「そうだね……なんだかプールみたい」

唯「えいっ」ぽちっ

 ……ぶくぶくぶくぶくっ


梓「ひゃ?! おどかさないでよぉ!」びくっ

唯「んー、こういうとこ来るとついついいじってみたくなっちゃうんだよねぇ」

梓「……ゆいだって、やっぱこどもじゃん」

唯「じゃあわたしたち、こどもカップルだね!」

梓「なんでうれしそうなのっ」

唯「あずさといっしょだからだよ?」きょとん


梓「………かってにすればっ」ぎゅっ

唯「よしよし」なでなで


24 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 01:41:30.34 ID:aNjATvlZ0

唯「……なんかおっぱいあたってると、どきどきしちゃうね」

梓「そういうことしないって言ったじゃん……」

唯「しないってばぁ。ほら、こっち戻ってきてよ」


梓「……じゃあ、せなか抱きしめてくれたら、ゆるす」

唯「うん。おいで?」にこっ

ぎゅっ

梓「……♪」

唯「…おちつく?」

梓「うん。……だいすき」


26 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 01:48:10.23 ID:aNjATvlZ0

唯「……さっき、なんでおこったの?」

梓「だって…やだったんだもん」

唯「……ちゅーするのとか、えっちするの、いやなの?」

梓「そういうわけじゃないよ」

梓「……わかんないけど」


唯「私のこと、きらいになった……?」

梓「そんなわけないじゃん。……きかないでよ、そんなこと」

唯「……ごめんね、うざかったよね」

梓「ちがうの、うざいのは私のほうだもん」


27 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 01:49:25.89 ID:ykdFdO+x0

おいおい寝かせてくれよ

28 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 01:54:16.48 ID:aNjATvlZ0

唯「……うざくなんかないよ」

梓「うざいよ。だって、ムジュンしてるもん」

唯「むじゅん?」


梓「もっとキスしたいし、抱きしめたいし……えっちも、したい」

唯「……うん」

梓「ずっとつながってたい。離れたくないよ」

唯「……私も、だよ」

梓「だけど……ずっといっしょにいられないじゃん」

唯「そう、だよね。大学とか、受験とかあるもんね」


梓「キスして、えっちして、抱きしめあって、満たされるんだけどね」

梓「……はなれたとき、すごくつらくなるの」


唯「…………私も、だよ」

ぎゅうっ


29 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 02:00:12.40 ID:aNjATvlZ0

梓「会うのが、こわくなるよ。すぐ電話したくなっちゃう」

唯「してもいいよ」

梓「電話、切れなくなっちゃう。束縛とかもすごいしたくなっちゃう」

唯「してほしいよ」

梓「やだよ。……私が、やだもん」

唯「してよ」

梓「………」うるっ

唯「して、ほしいよ…」なでなで



梓「……ごめんなさい」

梓「わたし、すごいわがまま言ってるよね…」

唯「……泣かないでよ」

梓「泣いてなんか、ないもん…」


31 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 02:11:44.20 ID:aNjATvlZ0

唯「……よしよし。いいこいいこ」

梓「……ぐすっ…ひっく…」


唯「私も、バイトとか大変なんだけどね」

梓「うん……しってる」

唯「こないだも失敗しちゃって、怒られちゃったよ……あは」

梓「うん。おとといきいたよ」

唯「だけどね……あずさと会うのが楽しみで、毎日がんばってるんだ」

梓「………うん」

唯「だから……私もわがまま言って、いいかなあ?」

梓「……なに?」

唯「一緒にいるときは……いっぱいいっぱいふれあえた方が、うれしいかな」


32 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 02:14:31.57 ID:aNjATvlZ0

梓「……気、使ってるんだよ」

唯「ちがうもん」

梓「私のために、なんて言わなくていいよ」

唯「だから違うってば。私がぎゅってしてちゅーしたいの」

梓「………」ぎゅ

唯「なので、私の恋人の中野あずにゃんさんはだまってしたがうことっ」



梓「……そんなに言うなら。しても、いいよ」

唯「えへへ、ありがと」にこっ

梓「…ねぇ」

唯「んー?」


ちゅ


33 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 02:29:20.30 ID:aNjATvlZ0

梓「……ひぁ……あっ」

ぐいっ

唯「きゃ?! ……もう、いきなり押さないでよ」

梓「首は、やめてよ…。だって……かんじちゃうもん」

唯「やなの?」

梓「やじゃないけど……ちょっと、おはなししたかったの」

唯「そっかぁ。それはわるかったよ…えへ」


34 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 02:30:36.03 ID:aNjATvlZ0

梓「……大学、いそがしい?」

唯「いそがしいっちゃいそがしいかなっ」

梓「律先輩はレポートさえ出したらひまだって言ってたよ」

唯「りっちゃんは実家通いだからわかんないんだよ…ちぇっ」


梓「……ねぇ」

唯「んー?」

梓「私たち、これからも……つきあって、いけるよね」

唯「うん」


梓「そんな軽くいわないでよ」


35 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 02:31:36.34 ID:lT25ulAy0

まったくもって唯梓というやつは・・・

36 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 02:33:35.90 ID:aNjATvlZ0

唯「軽くなんて言ってないよっ。ぶーぶー」

梓「だって……即答じゃん」

唯「……私、塾講もやろうかなって思ってるんだ」

梓「お金、そんなに使わないはずじゃん。ワウペダルそんなにほしいの?」

唯「……あれはうそだよぉ」

梓「……ゆいなんか、はりせんぼんのんじゃえっ」

唯「ごめん……」


37 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 02:37:48.59 ID:aNjATvlZ0

唯「でもね、いまのうちにいっぱい稼いどきたいんだ」

梓「……会えない方がやだよ」

唯「だって、はやくしないと、間に合わなくなっちゃうもん…」

梓「……どういう、こと?」

唯「だって、あと五ヶ月もしたらあずさも卒業じゃん」

梓「うん……それがどうしたの?」

唯「そしたら二人で部屋借りて住もうよ」


38 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 02:38:08.04 ID:3qGaBSbP0

最近こういう甘いのに飢えてたんだ

41 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 02:46:48.10 ID:aNjATvlZ0

梓「……さいてーだよ」

唯「え、だめかな?」

梓「……不安だったんだよ? いきなりバイトふやしたりするから」

唯「んー、サプライズプレゼントにしようかなって」

梓「いそがしくなって、電話もあんまできなくなって、勉強も手に付かなくて…」

唯「うーん、心配させちゃったかな…」

梓「逆効果だよ……はぁ」

唯「ごめんね。あずさ」


梓「でも、すごくうれしかった」

唯「……うん」

梓「ゆいがそこまで考えてるなんて、ちょっとおもわなかったよ」くすっ

唯「あずにゃん、さいてーだね……あは」


44 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 02:55:20.96 ID:aNjATvlZ0

梓「ねぇ」

唯「なぁに?」

梓「なまえよんでよ」

唯「いいよ。……あずさ」

梓「…ゆいさんは、あずささんのこと、すきですか?」

唯「……月がきれいですね。なんちゃって」

梓「もう……いまは朝だよ?」くすっ

唯「澪ちゃんから聞いて、一度つかってみたかったんだもん…えへ」

梓「……いまはちゃんとした言葉で聞きたいのっ」


ぎゅっ

唯「あずさ、あいしてる」

梓「ありがと……わたしも、ゆいのこと、あいしてるよ」

唯「……えへへ」


47 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 03:07:39.71 ID:aNjATvlZ0

梓「ねぇ…」

唯「なーに?」

梓「……なんだか、のぼせちゃったかも」

唯「ずっとお風呂の中だったもんね……」

梓「部屋、いこうよ」ぎゅ

唯「そだねぇ。チェックアウト2時だし、まだたくさん居られるもんね!」


梓「ねぇ……」


49 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 03:14:52.86 ID:hgI9QWSoO

大変良いですね ええ、大変良いです

50 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 03:25:21.38 ID:aNjATvlZ0

唯「えへ、こんどはなぁに?」


梓「……ありがと。わたし、ゆいと付き合えてよかった」

唯「かしこまらないでよ、てれちゃうよぉ…」

梓「…だからこれからも、」

唯「うん」

 ――ずっとずっと、ずーっと私の恋人でいてください。

 そうお願いしてみたら、唯は真剣に聞いてた顔をふわっとほころばせました。
 なんだか精一杯だった気持ちもあのやわらかい笑顔に包み込まれるようで……
 私まで口元がゆるんでしまいます。

 先輩だった頃から、先輩じゃなくなってからも、ずっとずっと変わらない人です。

 唯は私の両肩にそっと手を添えると、その大きな瞳でのぞき込むように見つめて、
 こう言いました。

 ――そうだね。大人になっても、ずっと一緒だよ。

 先のことや変わっていくことが不安だったけれど、そのとき本当になんだか
 大丈夫そうな気がしたのです。

 私は胸の奥に灯った光のおかげで少しずつうるんでいく目を、そっと閉じました。

 しばらくして唇に伝った熱い感触は……たぶん一生、忘れないと思います。


おわり。



51 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 03:28:37.63 ID:aNjATvlZ0

読んでくれた人ありがとう
こういうただいちゃついてるだけの話がもっと増えるといいよな そりゃ長いのもいいけどさ
次は唯梓がスカイプで話すか、唯梓が映画を見に行くか、唯梓が小さな家で暮らす話にする



59 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 07:22:36.71 ID:3ixpj6ML0

良かった乙
唯梓これからも期待してます

61 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 08:07:38.29 ID:rDheb1T0O

唯梓というだけで乙する意味はあるな

63 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/10/08(金) 08:59:59.13 ID:/mU9paL0O

高濃度いちゃラブ乙






| けいおん!!SS | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ブラストVIP最新記事 Powered By 我RSS

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blastvip.blog74.fc2.com/tb.php/201-40754221

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。