FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

純「失礼しまーす……」 律「ん?」 前編

806980.jpg


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 20:51:51.45 ID:0rIXjzVw0

純「な、何か軽音部入るの緊張する……」

純「……」

純「……よし」

純「失礼しまーす」ガチャ

律「ん?」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 20:56:13.41 ID:0rIXjzVw0

純「あ、えっと」

律「あぁ、君は確か……、佐藤さん?」

純「鈴木です」

律「それそれ!」

純「梓居ますか?」

律「ん? 今日は部活休みだから帰ったと思うぞー」

純「あ、そうなんですか? 先輩はどうして残ってるんですか?」

律「あー、色々用事があってさ」

純「そうですか……」

律「あぁ」

純「……」

律「……」

純律「(気まずい……)」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 21:01:16.71 ID:0rIXjzVw0

律「……お、お茶でも淹れようか!」

純「え、そんな悪いですよ」

律「良いから良いから(この気まずい空気にたえられないからな……)」

純「じゃあお言葉に甘えて……」

律「おう、任せとけ!」ニコッ

純「(あ、笑顔かっこいいかも……)」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 21:05:37.36 ID:0rIXjzVw0

律「えっと、お湯沸かして……」

律「あれ? どうやるんだっけ」

純「大丈夫ですか?」

律「あぁ、大丈夫大丈夫!」

純「(も、ものすごく不安だー……)」

律「こうやって適当に……」ピピッ

ガガガガガ

律「」

純「」

ボンッ

律「……あはは」

純「あはは」

律「何もなかった…… 何もなかったんだ……」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 21:17:10.41 ID:0rIXjzVw0

律「……」ズーン

純「えっと、その……(なんて声掛ければ良いんだろ……)」

律「料理は出来るのにお湯沸かすのは出来ないってどういうことだよ……」

純「え? 先輩って料理出来るんですか?」

律「あぁ、人並みにはな」

純「す、凄く意外だー!」ガビーン

律「おい」

純「あ、ごめんなさい でも先輩って料理出来なさそうですし……」

律「へいへい、どうせ私はガサツですよー」

純「そ、そういう意味で言った訳じゃ」

律「嘘だよ、ちょっとからかってみただけ」

純「あはは……(怒らせちゃったのかと思った……)」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 21:29:28.09 ID:0rIXjzVw0

律「で、斉藤さんはいつ帰るんだ?」

純「鈴木です」

律「鈴木さんはいつ帰るんだ?」

純「あ、迷惑なら今帰りますけど……」

律「いやいや、迷惑なんかじゃないぞ」

純「ならもうちょっと居ます(か、帰りますって言えない……)」

律「そっか」

純「はい」

律「……」

純「……」

純律「(気まずい……)」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 21:31:14.77 ID:ggpLlySoO

これは珍しい組み合わせ

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 21:45:44.00 ID:0rIXjzVw0

律「あ、そういえば山崎さんは」

純「鈴木です(この人もしかしてわざと?)」

律「鈴木さんは、ジャズ研入ってるんだよね?」

純「あ、はい」

律「楽器は何やってるの?」

純「えっと、ベースです」

律「おー、澪と一緒か」

純「はい、澪先輩は私の憧れなんです!」

律「あはは、やっぱり澪は人気だなー」

純「あ、律先輩も人気ありますよ?」

律「え?」

純「劇でのジュリエット役が可愛かったーとか、ドラムかっこ良い!とか」

律「それほどでも……」ニヤニヤ

純「あはは(……とても嘘だと言える空気じゃない)」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 21:54:12.70 ID:0rIXjzVw0

律「っと、もうこんな時間か……」

純「あ、下校時刻になっちゃいますね」

律「じゃあ帰るか」

純「はい(やっと帰れる……)」

律「またな、鈴木さん!」

純「鈴木です……ってあれ?」

律「うふふ、夜は物騒だから気をつけんしゃい!」

純「あ、はい 今日はありがとうございました」ペコリ


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 21:58:31.45 ID:0rIXjzVw0

次の日!

梓「へー、そんな事があったんだ?」

憂「律先輩と純ちゃんの組み合わせって初めてだねー」

純「そうなの! 先輩、私の名前何度も間違えたりしてさ」

梓「でも面白いし優しい先輩だったでしょ」

純「まぁそうだけどー」

憂「やっぱり純ちゃんは澪先輩の方が良い?」

純「うん、澪先輩の方がかっこいいって言うか……」

梓「律先輩もかっこいいと思うけどなー、髪下ろした時とか」

純「あ、律先輩の髪下ろしたところ見たことないかも」

憂「私も見たことないなぁ」

梓「今度頼んだら見せてくれるかもよ?」

純「よし、頼んでみよう!」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 22:08:32.47 ID:0rIXjzVw0

純「という訳なんですけど」

律「そんな事の為に私は部活を休んで喫茶店まで来たのか……」

純「良いじゃないですか、見せてくださいよー」

律「おかしーし……」

純「おかしくないですから」

律「見たことないのに言うなー!」

純「じゃあ確かめるので取ってください!」グイグイ

律「いーやーだー!」グイグイ

純「後輩の頼みが聞けない先輩は嫌われますよ?」グイグイ

律「先輩の言う事が聞かない後輩も嫌われるっつーの!」グイグイ

純「……どうしても駄目ですか?」

律「う……」

純「……(食らえ、私の上目遣い!)」ジー

律「わ、分かったよ……」

純「やったぁ!」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 22:16:33.59 ID:0rIXjzVw0

律「じゃあ鈴本さんも髪下ろしてくれよ」

純「え」

律「え」

純「嫌ですよ!」

律「なんでだ?!」

純「私の髪はクルクルボサボサだから、これ解いちゃうと大変な事にですね」

律「うー……、なら仕方ないな……」

純「(よ、良かったー……)」

律「じゃあ、髪下ろすぞ……?」

純「はい!」

律「……」スッ


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 22:32:07.59 ID:0rIXjzVw0

律「……やっぱ変だよな? あはは」

純「えっと、どちら様ですか?」

律「そんなに変だったのか?!」ガーン

純「あ、あまりにもかっこよかったので……その……///」

律「お世辞言われても傷つくだけだ……」ズーン

純「お世辞じゃないですよ!」グイッ

律「え?」

純「律先輩、髪下ろした方が絶対かっこいいです!」グイグイッ

律「か、顔が近い!」

純「あ、すいません……」

律「でも、そう言ってくれたの山田さんが初めてだよ」

純「そうなんですか?(梓、言ってないんだ……)」

律「あぁ、だから素直に嬉しい」ニコッ

純「……///(え、笑顔がかっこよすぎる……)」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 22:44:40.15 ID:0rIXjzVw0

律「よいしょっと」カポッ

純「あぁっ?!」

律「ん?」

純「何でカチューシャ付けちゃうんですか?!」

律「いや、何でって言われても……」

純「絶対カチューシャない方がモテますよ」

律「よ、余計なお世話だ!」

純「私の前ではカチューシャ外してくださいお願いします!」

律「んー……、嫌だ!」

純「な、何でですか?!」

律「このカチューシャはドラムの次に必要なものなんだ!」



澪「いつまでも部室に来ないと思ったらこんな所に居たのか……」

澪「律……」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 22:51:51.65 ID:0rIXjzVw0

純「あ、もうこんな時間……」

律「そうだな、そろそろ帰るか?」

純「そうですね」

律「じゃあまたな、鈴田さん!」

純「はい、カチューシャの事考えといてくださいねー!」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 23:05:50.13 ID:0rIXjzVw0

律「んー、たまには後輩と二人で話すのも良いなー」

澪「あ、律!」

律「ん? おぉ、澪か」

澪「部活サボって何やってたんだ?」

律「あー……、ちょっとな」

澪「隠し事は良くないぞ」

律「後輩と話してただけだよ」

澪「後輩?」

律「あぁ、梓の友達に鈴木さんって居ただろ?」

澪「あのクルクルボサボサの子か」

律「そんな言い方すんなよ、可愛い子だぞ」

澪「へぇ、可愛いのか……」

律「な、何だよ……」

澪「何でもない じゃあ私帰るな」

律「あ、あぁ 気をつけて帰れよ」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 23:15:19.13 ID:0rIXjzVw0

次の日!

梓「律先輩の髪下ろした姿見たんだ?」

純「うん、すっごくかっこよかった!」

憂「良いなー、私も見てみたいよ」

梓「髪を下ろした律先輩と、澪先輩だとどっちが良い?」

純「律先輩!」

憂「あはは、即答だね」

純「あぁ、また律先輩の髪下ろした所見てみたいなぁ……」

梓「うわぁ……、律先輩にベタ惚れだね……」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 23:22:56.68 ID:0rIXjzVw0

律「よし、今日はここら辺で終了するかー」

唯「そだねー」

梓「あ、律先輩」

律「ん?」

梓「純が出来たら一緒に帰ろうって……」

律「おー、鈴木さんか」

澪「……律、一緒に帰らないのか?」

律「あー……、ごめんな澪」

澪「……」

紬「じゃあ私達は先に帰ってるわね、りっちゃん」

唯「じゃねー!」

梓「失礼します」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 23:30:12.17 ID:0rIXjzVw0

純「あ、律先輩来てくれたんですか?」

律「おう! 山本さんの為だしな」

純「苗字に原型がないですよ……」

律「ごめんごめん」

純「じゃあ帰りましょうか」

律「おう!」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 23:34:58.42 ID:0rIXjzVw0

律「……」

純「……」

律「……(き、気まずい……)」

純「……(な、何か話さないと……)」」

律「……(何か話す事あったか?)」

純「……(えっと、好きな食べ物とかで良いのかな)」

律「……(駄目だ、こんなベタなのじゃ絶対会話が続かない)」

純「……(無言は嫌だー!)」

純律「(どうしよう?!)」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 23:43:17.76 ID:0rIXjzVw0

律「そういえば、鈴木さんは髪おろさないのか?」

純「だから、私はクルクルボサボサだから……」

律「ちょっとおろしてみてよ!」

純「クルクルボサボサだから嫌ですー!」

律「良いじゃんかー」

純「……律先輩がカチューシャを取るなら良いですよ?」

律「よし、分かった」スッ

純「ほ、本当に取るんですか?!(やっぱりかっこいい……///)」

律「これで鈴木さんも髪おろしてくれるよな?」ニコッ

純「うぅ、分かりました……」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 23:49:21.96 ID:0rIXjzVw0

純「……これで良いですか?」ビヨーン

律「髪ボサボサだなー……」

純「ひ、酷いです!」ガーン

律「ちょっとおいで」クイクイ

純「え?」

律「髪といてやる」ニコッ

純「は、はい……///」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 23:50:10.73 ID:1I1ipAzWP

な、なんかいいじゃん。

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 23:51:33.90 ID:Ub9N7xhKO

俺「(キュン

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /06(水) 23:59:00.64 ID:0rIXjzVw0

律「……よし、これでどうだ?」

純「あ、髪がはねてない……」

律「あはは、私の涎つけといたからな!」

純「え」

律「じょ、冗談だぞ?」

純「わ、分かってますよ(期待した私が馬鹿だった……)」

律「よし、そろそろ帰るかー」

純「そうですね」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 00:02:05.91 ID:47Y4fKsg0

律「私はこっちだけど、鈴木さんはどっちだ?」

純「あ、私はこっちです……」

律「じゃあここでお別れだな」

純「そうですね」

律「気をつけて帰れよー?」

純「律先輩も気をつけてくださいねー」

律「私は大丈夫だよーん」

純「り、律先輩!」

律「ん?」

純「また一緒に帰ってくれますか……?」

律「もっちろん」ニコッ

純「あ、ありがとうございます……///」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 00:09:46.87 ID:5kFQx+VJ0

次の日!

憂「どんどん仲良くなってるねー」

梓「もう律先輩に猛アピールしてるじゃん」

純「だ、だって髪おろした律先輩、かっこいいんだもん!」

憂「ピン外したお姉ちゃんも中々」

梓「じゃあもう告白しちゃいなよ」

純「いつかはしたいけど、まだ早いかな」

梓「え?!」

純「え」

梓「……そんなに本気なの?」

純「もちろん!」

憂「私は純ちゃんの事応援してるよー」

梓「まぁ私も応援はするけどさ」

純「二人ともありがと!」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 00:15:48.20 ID:47Y4fKsg0

放課後!

律「今日も疲れたー……」

唯「ほげー……」

紬「あらあら♪」

梓「練習しましょうよ先輩方!」

澪「そうだぞ、しっかりしろ」

律「って言われてもやる気がでねーよー……」

唯「今日は帰ろうよー……」

紬「澪ちゃん、今日はもうやめましょうか?」

澪「……そうだな」

梓「そ、そんなー……」

澪「じゃあ律、帰るぞ」

律「ん、そうだな じゃあな、皆!」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 00:18:31.54 ID:47Y4fKsg0

帰り道!

澪「……」

律「み、澪しゃん?」

澪「何だ?」

律「何か怒ってらっしゃる……?」

澪「別に怒ってない」

律「でも凄く不機嫌だし」

澪「不機嫌じゃない!」

律「……どうしたんだ?」

澪「……」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 00:28:57.36 ID:47Y4fKsg0

律「澪……?」

澪「あの子だけじゃなくて……」

律「あの子?」

澪「最近律がずっと一緒に居る子!」

律「鈴木さんか」

澪「あの子だけじゃなくて、私の事も見ろよ……」

律「え?」

澪「最近、あの子の事しか見てないだろ」

律「ちょ、澪しゃん?」

澪「私の方が前から律の事が好きだったんだ……、なのに」

律「おい、澪」ユサユサ

澪「あの子が悪いんだ、あの子が……」

律「澪!」ユサユサ

澪「あっ……、ごめん……」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 00:36:48.54 ID:47Y4fKsg0

律「……落ち着いたか?」

澪「うん……」

律「じゃあ帰るか!」ニコッ

澪「うん」

律「早くしないと私が不審者に襲われるしな!」

澪「ふふっ、律を襲う奴なんて滅多に居ないよ」

律「な、何だとー?!」

澪「ごめんごめん」

律「このー」ポカポカ

澪「や、やめろー!」

律「やめませーん!」ポカポカ

澪「やめろって言ってるだろ!」ボカッ

律「いったぁ?! さっきのは痛かったわよ澪しゃん!」

澪「あはははは!」

律「笑い事じゃないー!」


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 07:02:41.92 ID:47Y4fKsg0

律「じゃ、ここでお別れだな」

澪「あぁ」

律「また明日学校でな! じゃあなー」

澪「律!」

律「ん?」

澪「……す、すす、好きだ……」

律「あぁ、私も好きだよ(友達として、だよな?)」ニコッ

澪「え……?」

律「じゃあな、気をつけて帰れよ?」

澪「あ、うん」


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 07:06:25.90 ID:47Y4fKsg0

澪「……これって、両思い、って事だよな……?」

澪「律も私の事好きでいてくれてたのか……」

澪「ふふっ」

澪「このまま付き合えたりするのかな」

澪「よし……、頑張ろう」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 07:12:06.13 ID:47Y4fKsg0

次の日!

梓「そう言えば純、今は律先輩に何て呼ばれてるの?」

純「えっと、山本さん」

憂「……誰?」

梓「律先輩、まだ名前覚えてくれないんだ……」

純「でもいつかは、髪おろした律先輩に『純…』って呼ばれたい!」

梓「あ、私は梓って呼ばれてるよ」

憂「私も憂ちゃんって呼ばれてる」

純「……別に悔しくなんてないもん」

梓「律先輩に抱きつかれたり」

憂「あ、私もゲームしたりしたよ」

純「や、やっぱり悔しいー!!」

梓「なら頑張らないと」

憂「応援してるよ、純ちゃん!」

純「よし、早速今日遊びに誘って……」


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 07:16:45.24 ID:47Y4fKsg0

純「って事で、遊びましょう!」

律「そうだな、今日は確か部活も休みだったし……」

純「やったぁ!」

律「でも奢ったりはしないからな!」

純「分かってますよ、どこ行きます?」

律「そうだなー……、とりあえずゲーセン行くか」

純「良いですね!」


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 07:23:16.34 ID:47Y4fKsg0

ゲーセン!

律「お、何か新しいゲームある」

純「おぉ、これは……シューティングですか?」

律「みたいだな、やってみるかー?」

純「はい、シューティングスターと呼ばれた私の力を見せてあげますよ!」

律「流星のりっちゃんと呼ばれた私の力見せてやる!」

純「……」

律「……」

純「えっと」

律「ツッコミが居ないとこんなにも空しいとは……」

純「と、とにかくやりましょう!」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 07:28:01.37 ID:47Y4fKsg0

純「おりゃ!」ババババ

律「食らえー!」バンッバンッバンッ

純「あ、あれ、当たらない」バンッバンッ

律「私に任せとけ!」バンッバンッバンッ

純「(あ、あれ、かっこよく見える……///)」

律「よし、クリア……」

純「あ、足引っ張ってごめんなさい……」

律「気にすんな」ニコッ

純「……///」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 07:32:21.35 ID:47Y4fKsg0

純「次何しますか?」

律「そうだなー……、プリクラ撮るか」

純「……」

律「あ、あれ……、嫌だったか?」

純「いえ! 撮ります、撮らせてください!」

律「じゃ、じゃあ行くか!」

純「はい!」


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 07:43:37.06 ID:47Y4fKsg0

純「楽しかったですねー!」

律「そうだなー!」

純「えっと、律先輩」

律「んー?」

純「わ、私の事を名前で呼んでください!」

律「佐藤さんの下の名前って……、沌、だっけ?」

純「純です」

律「そう、それ!」

純「名前でも間違えるんですね……」

律「あはは、ごめんごめん」

純「で、呼んでくれますか?」

律「純さん」

純「純で」

律「純」

純「えへへ……///」


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 18:13:14.58 ID:47Y4fKsg0

律「じゃあそろそろ帰るかー」

純「え、もうそんな時間なんですか?!」

律「あぁ、外も薄暗くなってきただろ」

純「そうですね……」

律「じゃあ気をつけて帰るんだぞー」

純「はい」

律「じゃあなー!」

純「今日はありがとうございましたー」ペコリ


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 18:48:32.13 ID:47Y4fKsg0

次の日!

純「って事で、名前で呼んでもらえる事になったんだ!」

梓「へー、良かったじゃん」

憂「おめでとう、純ちゃん!」

純「えへへ、ありがとー」

梓「じゃあ次は抱きついてもらわないと」

純「え?」


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 19:20:27.08 ID:47Y4fKsg0

梓「好きなら頑張らないと」ニヤニヤ

憂「そうだよ純ちゃん、私応援するよ!」

純「うー……(梓に遊ばれてるよ私……)」

梓「まぁ頑張ってね、純」ニヤニヤ

憂「純ちゃんファイト!」

純「抱きつく事決定なの?!」
119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 19:56:16.75 ID:47Y4fKsg0

純「という訳なんですけど……」

律「要するに私が抱きつけば良いのか?」

純「えっと……、はい……///」

律「んー、別にそれ位ならいいぞ?」

純「え?!」

律「女子同士だしな」

純「そ、そうですよね(やっぱりそれ位にしか思ってないよね……)」

律「じゃあ、するぞー?」

純「は、はい!」

律「えっと……」

純「……」

律「すまん、ちょっと待ってくれ……」

純「あ、はい」


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 20:13:42.54 ID:47Y4fKsg0

律「……(いつもならノリで出来るはずなのに……、何でだ?!)」

純「……(やっぱり私とじゃ嫌なのかな?)」

律「……(覚悟決めろ田井中律!)」

純「……(私の儚い恋が幕を閉じました)」

律「……よし」

ギュッ

純「……え?」

律「えっと、これでどうだ?」

純「」

律「おーい」

純「はっ! ……あ、ありがとうございます///」


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 20:27:36.51 ID:47Y4fKsg0

律「……」

純「……」

純律「(何でこんなに気まずい空気に……)」

律「あ、えっと、そうだな」

純「え、何がですか?」

律「……」

純律「あはは……」


125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 20:52:31.12 ID:47Y4fKsg0

純「あ、もうこんな時間だ!」

律「まだ4時だぞ?」

純「う……」

律「それにしても、何で急に黙り込んだんだ?」

純「えっと、それは……」

律「いや、言わなくても分かってるさ」

純「え?」

律「この私の可愛さに唖然としてたんだろ?」

純「それはないです」

律「バッサリだー!」ガーン

純「律先輩は可愛いというよりかっこいいですから!」

律「そ、そうか(冗談でも可愛いって言ってほしかった……)」


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 21:17:33.18 ID:47Y4fKsg0

純「あ、そうだ!」

律「ん?」

純「今度抱きつく時は髪おろしてくれませんか……?」

律「そ、そんなにカチューシャは変か?!」ガーン

純「いえ、そんな事ないですよ!」

律「どうせ私は……」ブツブツ

純「ご、ごめんなさい律先輩!」

律「ははっ、冗談だよ、冗談」

純「だ、騙された……」

律「ごめんなー? 純をいじるの楽しくってさー、あはは!」

純「笑い事じゃないですー!」

律「ごめんごめん」ポンポン

純「うー……」


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 21:31:31.46 ID:47Y4fKsg0

律「よし、そろそろ帰るかー」

純「そうですね……」

律「じゃ、気をつけてなー」

純「はい、さようなら!」

律「おう!」


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 21:54:32.68 ID:+H+jWRtw0

純ちゃん可愛い

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /07(木) 22:05:36.30 ID:47Y4fKsg0

次の日!

梓「え?! 本当にやったの?!」

憂「純ちゃんすごーい!」

純「えへへ、凄いでしょー」

梓「尊敬するよ……」

憂「これで後は告白だけだね!」

純「えぇ?! ま、まだ早いよ」

梓「頑張ってね、純」

憂「応援してるよ!」

純「うー……」


182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 15:52:57.60 ID:1+ITZg5F0

純「でもでも、振られたりしたら嫌だし……」

梓「純なら大丈夫だよ」

憂「純ちゃん可愛いし、大丈夫だと思うけどなー……」

純「そ、そうかな?」

梓「うん、絶対いけると思う」

憂「そうだよ!」

純「じゃあ頑張ってみようかな……」

梓「報告よろしくね(単純だなぁ……、純だけに)」
185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 16:12:49.16 ID:1+ITZg5F0

放課後!

律「つ、疲れたー……」

梓「今日はちゃんと練習出来ましたね!」

唯「お菓子ー……」バタッ

紬「あらあら♪」

澪「よし、今日は練習も出来たし帰るか」

梓「あ、律先輩!」

律「ん?」

梓「今日、純が」

澪「よし律帰るぞ!」ズルズル

律「お、おい澪 梓とまだ話して」

澪「良いから帰るぞ!」


186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 16:15:48.03 ID:1+ITZg5F0

梓「帰っちゃった……」

唯「澪ちゃんどうしたのかなー?」

紬「何か焦ってたわね……」

梓「……(純にメールしないと……)


187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 16:22:11.68 ID:1+ITZg5F0

ピピピピピ

純「あ、梓からメールだ……」

『ごめん、律先輩無理だった』

純「無理だったかー」

純「……帰ろ」


189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 16:31:32.36 ID:1+ITZg5F0

純「うー、何か空しい……」

澪「鈴木さん!……だっけ?」

純「あ、澪先輩! どうしたんですか?(私の名前覚えててくれたんだ……)」

澪「えっと……、ちょっと言いたい事があって」

純「……?(言いたい事って何だろう)」

澪「ちゃんと聞いてくれよ?」

純「は、はい」


191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 16:34:55.67 ID:1+ITZg5F0

澪「……律と話すのやめてくれないか?」

純「え?」

澪「だから、律と話すのやめてくれないかな?」

純「えっと……、どうしてですか……?」

澪「言いづらいんだけど、律が迷惑がっててさ」

純「……え?」

澪「律はあぁ見えて優しい奴だから、自分の口からじゃ言えないんだよ」

純「えっと……」

澪「じゃあそういう事だから」ダッ


193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 16:49:14.36 ID:1+ITZg5F0

純「……」ポカーン

純「……はっ」

純「これって振られたのかな……?」

純「まぁそうだよね……、私うるさかったし……」

純「髪も澪先輩みたいに綺麗じゃないし……」

純「言ってて悲しくなってきた……」

純「……」グスッ

純「ま、まだ決まった訳じゃないから、泣いちゃ駄目だ!」ゴシゴシ

純「泣いちゃ……」ジワッ

純「うっ……ぐすっ……ひっく」ポロポロ



澪「……ふふっ」


197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 16:53:45.68 ID:1+ITZg5F0

澪「……これで律は私のものだ」

澪「私はずっと前から律の事が好きだった……」

澪「律を手に入れる為だったら何だってする」

澪「これでいいんだよな? 律……」

澪「……」


198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 16:59:24.89 ID:nH3gXdX0O

畜生……嫌な展開だぜ
澪も律も純も幸せになりますように

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 17:04:09.92 ID:1+ITZg5F0

次の日!

梓「昨日はごめんね、純」

純「……」ボー

憂「純ちゃん?」

純「……」ボー

梓「ど、どうしたの?」

純「……はっ」

憂「純ちゃん、大丈夫?」

純「あ、ごめんごめん ちょっとぼーっとしてた」

梓「……何かあったの?」

純「何もないよー、あはは」


202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 17:13:55.71 ID:1+ITZg5F0

放課後!

梓「って事があったんですけど……、律先輩、何かしたんですか?」

律「何もしてないぞ? 昨日はそのまま帰ったからな」

澪「……」

唯「むぎちゃんおかわりー!」

紬「あらあら♪」

梓「そうですか……」

律「でも少し心配だな……、よし、ちょっと会いに行って来る」

梓「ありがとうございます」

澪「れ、練習はどうするんだよ」

律「そんなのいつでも出来るだろ?」

澪「……」

梓「あ、純なら教室に居ると思うんで」

律「ん、分かった」


204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 17:24:15.70 ID:1+ITZg5F0

純「……」ボー

純「……」ボー

律「おーい、起きてるかー?」

純「……(律先輩の幻覚が見える……)」

律「……」

純「……」ボー

律「……ふーっ」

純「ひゃうっ?! だ、誰?!」

律「私だよーん やっと目が覚めたか」

純「り、律先輩……」


205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 17:33:30.05 ID:1+ITZg5F0

純「何しに来たんですか?」

律「梓が純の様子がおかしいって言ってたからさ、様子見にきたんだー」

純「そうですか……」

律「そ、そんな嫌そうな顔するなよ……」

純「別に嫌じゃないですよ」

律「そうか?(な、何か気まずいな……)」

純「はい(何で私、こんなに冷たい言い方してるのー?!)」

律「……(まず何があったのか聞かないと……)」

純「……(あ、謝らないと)」


207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 17:49:55.50 ID:1+ITZg5F0

純「その……、ごめんなさい」

律「え?」

純「いや、何か冷たく当たっちゃったので」

律「あぁ、別に気にしてないぞ?」

純「なら良いんですけど……」

律「あぁ」

純「……」

律「……なぁ、純」

純「はい?」

律「なんで、目赤いんだ?」

純「……」


208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 17:57:54.98 ID:1+ITZg5F0

律「昨日何かあったのか?」

純「……」

律「なぁ、どうしたんだよ?」

純「……」

律「私じゃ相談相手にはなれないか?」

純「……うっ、ひぐっ」ポロポロ

律「」


210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 18:06:00.72 ID:1+ITZg5F0

律「ど、どうしたんだ?」

純「澪せんぱ、ぐすっ、が……」

律「澪がどうかしたのか?」

純「律せんぱいが、っ、私のぐすっ、を、嫌いだ……て」

律「……」

純「うっ、ぐすっ」


214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 18:23:03.87 ID:1+ITZg5F0

純「……」グスッ

律「落ち着いたか?」

純「はい……」

律「じゃあちょっと待っててくれ」

純「どこ行くんですか……?」

律「ちょっとお手洗いに」

純「……こんな時に最低です」

律「我慢出来ないから仕方ないだろー」

純「ふふっ、あはは!」

律「笑うなー!」

純「早くお手洗い行って来ないと漏れちゃいますよ?」

律「うるせー! じゃあ行って来る」

純「はい、待ってますね」


215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 18:30:08.41 ID:1+ITZg5F0

律「澪ー?」

梓「あ、律先輩! 純はどうでしたか?」

律「あー、もう大丈夫だってさ」

澪「良かったな、梓」

唯「むぎちゃんお菓子おかわりー!」

紬「あらあら♪」

律「で、澪しゃん」

澪「ん?」

律「教室に忘れ物したから一緒に取り行こう!」

澪「一人で行け」ボカッ

律「あいたっ! 良いじゃんかー、行こうよー」グイグイ

澪「……分かったよ 梓、ちょっと行って来るな」

梓「あ、はい」


220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 19:03:48.53 ID:1+ITZg5F0

律「……なぁ澪?」

澪「ん、どうした?」

律「お前、純に何したんだよ」

澪「な、何もしてないけど……」

律「澪はさ、昔から嘘をつくのが下手だなー」

澪「っ……」

律「まぁそこが可愛いんだけどさ」

律「でもさ、今回の事はさすがの私でも怒るぞ?」

澪「……」

律「なんであんな事をしたんだ?」

澪「そ、それは……」


221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 19:12:23.66 ID:1+ITZg5F0

澪「……」

律「何か言えよ」

澪「……つが好きだから」

律「え?」

澪「律が好きだから!」

律「え? ……え?」

澪「律が好きだから、ライバルを……、その……」

律「」


223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 19:30:38.24 ID:1+ITZg5F0

律「で、でもそれと純は関係ないだろ?」

澪「え……」

律「純は澪の事が好きなんじゃないのか?」

澪「……」

律「この前だってべた褒めしてたし……」

澪「……私、鈴木さんに謝るよ」

律「え?」

澪「許してもらえるか分からないけど」

律「そ、そうか?」


229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 20:00:15.82 ID:1+ITZg5F0

律「って事なんだ」

純「そ、そうだったんですか……」

澪「許してもらえるとは思えないけど、ごめん……」

純「いえ、そんな 全然気にしてないですよ!」

律「良かったな、澪!」

純「そんな事より澪先輩……」

澪「ん?」

純「お互い正々堂々頑張りましょうね」

澪「……そうだな」ニコッ

律「何の話だー?」

純「なんでもないですよ」

澪「ふふっ」


233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 20:11:42.29 ID:1+ITZg5F0

次の日!

梓「へぇ、そんな事があったんだ……」

憂「純ちゃん、大丈夫?」

純「うん、私は平気ー」

梓「澪先輩がそんな事するとは思えないなー」

憂「優しそうだもんね」

純「それだけ律先輩が好きなんだよきっと! 私も頑張らないと……」

梓「そうだね」

憂「頑張ってね、純ちゃん!」


236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 20:27:20.76 ID:1+ITZg5F0

梓「あ、今日は部活ないから律先輩誘えば?」

純「そういえばまだ自分で誘ったことないかも……」

憂「メールとかしてないの?」

純「アドレスしらない……」

梓「聞いてないの?!」

純「うっ……、だって聞く機会とかなかったし」

憂「じゃあ今日頑張って聞いてみよう!」

純「う、うん!」


237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 20:35:41.02 ID:1+ITZg5F0

放課後!

律「んー、今日は部活オフだから暇だなー……」

純「律先輩!」

律「お、どったの?」

純「遊びましょう!」

律「あぁ、別に良いけど……」

澪「私も居るけど良いのか?」

純「べ、別に澪先輩も一緒で良いですよ」

澪「そうか? それならお言葉に甘えて」

律「じゃあとりあえず喫茶店でも行ってゆっくりするかー」

純「そうですね!」


241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 20:51:07.54 ID:1+ITZg5F0

定員「ご注文をお伺いします」

澪「じゃあ私はレモンティーで」

律「私はー……、ココアとホットケーキ」

純「……(皆大人っぽいの頼んでる……、私もそうしないと)」

律「純は何にするんだ?」

純「あ、えっと、アイスコーヒーで!」

定員「かしこまりました」


242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 20:57:29.64 ID:1+ITZg5F0

澪「律、このホットケーキ500円もするけどお金あるのか?」

律「……澪しゃん貸して!」

澪「私も今月は厳しいんだよ」

純「……(あれ、私空気?)」

律「えー、良いじゃーん」

澪「……仕方ないな、少しだけだぞ?」

律「サンキュー♪」

純「……(よく考えたら澪先輩も律先輩も容姿が良いのに私だけ……)」ガクッ

律「おーい、純?」

純「……(しかも澪先輩連れてきたら駄目じゃん! ライバルなのに!)」

律「……ふーっ」

純「ひゃっ?!」

澪「」

律「目、覚めたかー?」

純「は、はい……///」


243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 21:03:40.21 ID:1+ITZg5F0

澪「な、なな何してるんだ律!」

律「何って……、耳に息かけただけだろ?」

純「そ、そうですよ澪先輩」

澪「ぬぐぐ……」

律「澪にもやってやろうか?」ニヤニヤ

澪「やってくれるのか?!」

律「え」

純「だ、駄目ですよ律先輩! 確かそれって体に悪いって聞いた事ありますし!」

律「そうなのか? じゃあこれから純にも出来ないな……」

純「しまったー!」ガーン

澪「ぷっ」

純「うー……」


246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 21:10:31.43 ID:1+ITZg5F0

定員「お待たせしましたー」

律「お、きたきた♪」

澪「とりあえず飲み物でも飲んで落ち着くか……」

純「そうですね……」

律「んー、やっぱりここのホットケーキは美味いな」モグモグ

澪「ん……」ゴクゴク

澪「うん、落ち着いてきた……」

純「ん……」ゴクゴク

純「苦っ!」

律「ん? お前もしかしてコーヒー飲めないのに頼んだのか?」

澪「しかもそれアイスだぞ」

純「う……」

澪「(よし、これは鈴木さんへの好意下がったぞ……)」


252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 21:17:14.33 ID:1+ITZg5F0

律「ったく、何でそんな事したんだよ……」

純「すいません……(やっちゃったよ私……)」シュン

澪「うふふっ」

律「ほら、私のココア上げるからアイスコーヒーくれ」

純「え?」

澪「え?」

律「ちょっと飲んじゃったけど、飲めないよりはマシだろ?」ニコッ

純「あ……、はい」

澪「」


256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 21:25:09.66 ID:1+ITZg5F0

澪「り、律!」

律「どったの?」

澪「実は私もレモンティー飲めないんだ……」

律「この前むぎが出した時飲んでただろ」

澪「」

純「あ、そういえば」

律「どうした?」

純「私とアドレス交換してくれませんか?!」

律「あぁ、別に良いぞ」

純「やったぁ!」

澪「」


258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 21:38:00.92 ID:1+ITZg5F0

律「よし、ホットケーキも食べた事だし、次はどこ行くかー」

澪「り、律の家とか……」

律「私の家行っても」

純「私も行きたいです!」

律「そ、そうか……?」

澪「じゃあ決まりだな!」

純「えへへ……(律先輩の家初めてだなぁ……)」


259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 21:41:56.00 ID:oEFG9ecmO

面白いよ

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 21:43:59.75 ID:1+ITZg5F0

律の部屋!

澪「お邪魔しまーす……」

純「お邪魔します!」

律「あんまジロジロみんなよー」

澪「また部屋汚くなったなー」

律「う、うるさいやい!」

純「でも良い部屋ですよ」

律「だろ? えへへー」

澪「調子に乗るな」ゴツンッ

律「あいたーっ!」


262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 22:00:13.44 ID:1+ITZg5F0

律「じゃあ何するかー……」

澪「そういえばもうちょっとでテストがあるよな」

律「……」

純「……そ、そうですね」

澪「二人とも勉強はしてるのか?」

律純「……(全くしてなかったー!)」

澪「……勉強するぞ」

律「うぐっ、私の持病が今頃……!」

純「大丈夫ですか?! 今すぐ病院に行きましょう!」

律「そうだな」

澪「勉強!」

律純「……はい」


264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 22:15:23.43 ID:1+ITZg5F0

澪「で、ここはこうなって……」

律純「全然分からないー……」ガクッ

澪「これ基本だぞ?! それに律! ここは2年生の範囲だ!」

律「こんなの習ってないー」

純「私も習った覚えありません」

澪「こいつ等……」

律「もう勉強なんてやめて話そうぜー」

純「そうですよ、時間が勿体無いです」

澪「う……、分かったよ……」


265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 22:42:55.42 ID:1+ITZg5F0

律「じゃあ適当に話すかー!」

純「って言っても話題がありませんね……」

澪「じゃあ恋話……とか」

律「恋話って言ってもなぁ」

純「良いですね、恋話!」

律「え」

澪「だろ?」

純「はい、良いと思います!」

律「おいおい……」


268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 22:48:57.86 ID:1+ITZg5F0

律「じゃあもう恋話で良いや……」

澪「じゃあ律に質問していいか?」

純「あ、私も質問あります!」

律「何だー?」

澪純「好きな人居ますか?!」

律「好きな人か……」

澪「……」

純「……」

律「気になってる人は……居るかな」

澪「だ、誰なんだ?!」

律「それは秘密だ」

純「えー、気になりますー!」

律「ひ・み・つだ!」


269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 22:56:53.24 ID:1+ITZg5F0

律「もう今日はここまでにして解散するぞー!」

澪「く……、絶対に今度教えてもらうからな」

純「私も教えてもらいますからね!」

律「へいへい、後でなー」

澪「じゃあ帰るな」

純「お邪魔しました」

律「気をつけて帰れよー」


270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 23:05:35.49 ID:1+ITZg5F0

帰り道!

澪「……律の好きな人って誰だろうな」

純「気になりますね」

澪「そういえば前、律に好きって言われたんだっけ」

純「え」

澪「もしかしてあれって告白だったのか……?」

純「」

澪「そうなると好きな人=私って事になるな」

純「」

澪「あはは、そっか、私だったのかー!」

純「」

澪「あいつも意外と照れ屋なんだな、素直に好きって言えばいいのに」

純「」

澪「あ、じゃあ私こっちだから 気をつけて帰るんだぞ?」

純「」


273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 23:11:07.98 ID:1+ITZg5F0

次の日!

梓「律先輩って好きな人居るんだ……」

憂「もしかしたら純ちゃんかも!」

純「あはは、お世辞ありがとう……」ズーン

梓「も、もしかしたらまた澪先輩の嘘かもしれないじゃん」

憂「そうだよ、気にする事ないよ?」

純「そうかな……?」

梓「そうそう、気にする事ないって」

純「そう、だよね……」

憂「アドレスもゲットしたんだから、頑張れ純ちゃん!」

純「うん、そうだよね…… 私頑張るよ!」


274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 23:18:07.20 ID:1+ITZg5F0

放課後!

唯「そういえばもう少しでバレンタインだよ!」

梓「……」ピクッ

澪「そ、そうだな」チラッ

律「ん? どうしたんだよ」

唯「あずにゃんのチョコ楽しみにしてるよー!」ギュッ

梓「わ、分かったから離れてください!///」

紬「あらあら♪」

唯「うふふふ、あずにゃんむちゅー」

梓「ぎゃああああ!」

律「澪は誰かにあげるのか?」

澪「え、えっと……」

律「あぁ、澪しゃんはモテるから貰う側ですわねー」

澪「うるさい!」ゴツン

律「あいたー!」


275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 23:26:22.54 ID:1+ITZg5F0

同じく放課後!

純「憂ー」

憂「どうしたの?」

純「バレンタインのチョコ作り一緒にやろう?」

憂「うん、良いよー」

純「ほんと?! やったぁ!」

憂「律さんに上げるなら頑張らないとね!」

純「うん、頑張るよ!」

憂「じゃあ買出し行こっか?」

純「んー」


277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 23:38:28.84 ID:1+ITZg5F0

純「えっと、チョコはこれで……、あ、砂糖はこの安いので」

憂「純ちゃん、そんなのじゃ駄目だよー」

純「え?」

憂「チョコはこれで、砂糖はこっち」

純「あ……ありがと、憂」

憂「えへへー」

純「後はこれとこれとこれ……でいいのかな?」

憂「うん」

純「じゃあ憂の家へレッツゴー!」

憂「おー!」


278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 23:42:27.77 ID:1+ITZg5F0

唯&憂の家!

憂「ただいまー」

純「お邪魔しまーす」

憂「じゃあ作ろっか」

純「ご指導よろしくお願いしますっ」

憂「えっと、まずはチョコを溶かして……」

純「ふむふむ」


279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /08(金) 23:46:36.31 ID:1+ITZg5F0

―――――――
――――

純「出来たー!」

憂「わぁ、美味しそうだねー!」

純「ん……」パクッ

憂「どう?」

純「うん、美味しい」

憂「やったね純ちゃん!」

純「憂のおかげだよー!」ギュッ

憂「えへへ」ニコニコ


281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 00:13:37.64 ID:6f14/FYR0

次の日!

純「という訳で、バレンタインの準備は完璧なんだよねー」

梓「私も唯先輩にあげないと……」

憂「お姉ちゃんにあげるの?」

梓「うん、昨日『楽しみにしてるね』って言われちゃって……」

純「じゃあ一緒に頑張ろうよ、梓」

梓「うん」

憂「二人とも、頑張ってね」ニコッ


284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 00:34:28.91 ID:6f14/FYR0

放課後!

ジャジャジャジャジャーン

澪「うん、いい感じだな」

律「よーし、今日はここまで、解散!」

唯「あずにゃん帰ろー」ギュッ

梓「だからくっつかないでくださいよ……///」

律「あはは、相変わらずだなー」

ピピピピ

律「ん……」

澪「じゃあ私達も帰るか」

紬「そうね」

律「あー、今日は先帰ってくれるか?」

澪「え、何で…・・・」

律「ちょっとな」

澪「……そっか」


285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 00:40:08.51 ID:6f14/FYR0

澪「じゃあ私達は帰るからな」

唯「あずにゃんちゅっちゅ!」ギュッ

梓「くるなあああああ!」

紬「じゃあね、りっちゃん」

律「あぁ、じゃあ気をつけてなー!」


288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 00:45:17.19 ID:6f14/FYR0

純「……律先輩来るかな?」

律「……」ニヤッ

純「早く来ないかなー」

律「……ふーっ」

純「ひゃうっ……!」

律「あははっ」

純「もう、やめてくださいよ!///」

律「ごめんごめん」

純「うー……」


291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 00:59:45.84 ID:d9XDTuh30

りっちゃんイケメンすぎてやばい

292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 01:02:56.33 ID:6f14/FYR0

律「なぁ、何で私と帰ろうと思ったんだ?」

純「え」

律「純って澪の事が好きなんだよな?」

純「」

律「あ、そうか……! 私に協力してほしいんだな?」

純「」

律「仕方ないな、ここは私が一肌脱いで……」

純「り、律先輩……」

律「大丈夫、私に任せとけばきっと」

純「律先輩の馬鹿!!」ダッ

律「え?」




律「」


293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 01:07:16.87 ID:6f14/FYR0

律「……えっと」

律「私、何か怒らすような事したか……?」

律「……」

律「んー……」

律「明日聞いてみるか……」


295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 01:17:26.74 ID:6f14/FYR0

純「うぅ……、律先輩の馬鹿……」

純「もしかしてずっと澪先輩の事が好きだと勘違いしてたのかな?」

純「確かに最初は澪先輩に憧れてたけどさ……」

純「それはあくまで憧れだし」

純「律先輩の事は『好き』なのに……」

純「……」

純「いやいや、私が悪いよね、うん」

純「何でこんな事で……」

純「こんなんじゃ律先輩に嫌われちゃうよ」

純「しっかしろ、純!」パンパン


314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 09:54:20.65 ID:6f14/FYR0

次の日!

憂「じゅ、純ちゃん……」

梓「髪が……」

純「え?」

憂「な、直してあげないと」

梓「そうだね」

純「あぁ……、そういえば今日、髪セットするの忘れてたんだ」ビヨーン

梓「そうなの?」

憂「珍しいねー」

純「うん、昨日色々あってね……」

梓「色々?」

純「実は……」


315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 10:06:29.32 ID:6f14/FYR0

純「という事があって」

梓「それは純が悪いよ」

純「それは分かってるの!」

憂「でも何か分かるような気がする……」

梓「そう?」

純「そ、そうだよね!」

憂「うん!」

梓「んー、私には分かんないなー……」


317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 10:22:50.80 ID:6f14/FYR0

同時間

律「はぁ……」

唯「どーしたの、りっちゃん?」

紬「りっちゃんが溜息なんて珍しいわねー」

澪「悩みなんてなさそうだもんな」

律「うるせー! 私だって悩みくらいあるっての!」

唯「何悩んでるのー?」

紬「私達で良かったら相談にのるわ!」グイッ

澪「律の悩みって……、今日弁当忘れたーとかか?」

律「違う! ちゃんとした悩みだ!」

律「……実はさ」


318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 10:27:34.08 ID:6f14/FYR0

律「って事があって」

唯「それはりっちゃんが悪いよ!」

律「何が悪いか分からないんだよ……」

澪「……」

紬「あらあら♪」

唯「だってね、純ちゃんはりっちゃもがっ」

澪「そ、それ以上は言っちゃ駄目だ!」ガバッ

唯「もごもがが」

紬「ふふっ」

律「おい澪ー、何で止めたんだよ」

澪「律は黙ってろ! 放課後、鈴木さんに会って聞けばいいだろ」

律「そうだな……」

唯「もがもがっ」


322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 10:38:32.43 ID:6f14/FYR0

放課後!

純「梓が部室に来てって言ってたけど何かあるのかな?」

純「失礼しまーす……」ガチャ

律「お、来たか」

純「え」

純「失礼しました」ガチャ

律「っておい!」


323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 10:42:51.40 ID:6f14/FYR0

純「あはは、ごめんなさい」

律「ったく、何で帰ろうとしたんだよー」

純「いや、びっくりしちゃって……」

律「梓に何も聞いてないのか?」

純「部室に来いって言われただけです」

律「そっか」

純「はい」

律「……」

純「……」


327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 10:55:15.75 ID:6f14/FYR0

律「(また無言か……、だが今日の私はいつもと違うぜ!)」

純「あの」

律「先手取られたあああ」ガクッ

純「え?」

律「あ、いやなんでもないぞ」

純「なら良いんですけど、その……」

律「ん?」

純「昨日はごめんなさい!」

律「え」


328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 10:59:56.66 ID:6f14/FYR0

純「その、勝手に怒って帰っちゃったみたいで……」

律「あの時、私何かしちゃったか?」

純「いえ、何もしてないです! 何も!」

律「そう? なら良いんだけどさ」

純「はい」

律「じゃあ昨日帰れなかったし、今日一緒に帰るか?」

純「良いんですか?」

律「あぁ、早く帰ろうぜー」

純「はい!」


329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 11:10:44.28 ID:6f14/FYR0

唯「あ、りっちゃん!」

律「ん?」

梓「純……」

純「え、梓?」

唯「これから喫茶店行くんだけど、りっちゃんと純ちゃんも行かない?」

梓「え……」

律「あ、良いのか?」

純「あはは……」

唯「うん、全然良いよー! あずにゃんも良いよね?」

梓「え? あ、はい!」

律「じゃあ行くかー 純も来るだろ?」

純「あ、はい」


330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 11:20:04.51 ID:6f14/FYR0

店員「ご注文をお伺いします」

律「ココアのとケーキで」

唯「私はミックスジュース!」

梓「じゃあ私はミルクティーで……」

純「私は……ソーダフロート」

店員「かしこまりましたー」


332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 11:39:49.21 ID:6f14/FYR0

律「今日はちゃんと好きなメニュー頼めたか?」ニヤニヤ

純「そ、その事は忘れてください!」

唯「あずにゃーん」ギュッ

梓「こ、こんなところでやめてくださいよ……///」

律「……おいおい」

純「私達お邪魔でしたね」

律「そうだな」

純「……(梓は凄いなー)」

律「じゃあ私達もしようぜー!」ギュッ

純「っ?!」

律「ほらほらー」スリスリ

純「り、律先輩……///」プシュー

唯「あずにゃん、私達も負けてられないよ! あずにゃんむちゅー!」

梓「助けてええええ!」


335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 11:54:17.44 ID:6f14/FYR0

店員「お待たせしましたー」

律「お、きたきたー♪」

唯「あずにゃん一緒にジュース飲もうよ!」

梓「私ミックスジュース嫌いなんで」

唯「がーん……」

純「……」ジー

律「ん?」

純「(律先輩のケーキ美味しそう……)」

律「……ほら、あーん」

純「え?!」

律「食べないなら私が食べちゃうぞー」

純「た、食べます!」

律「じゃあほら、あーん」

純「あ、あーん……///」


337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 12:12:35.35 ID:6f14/FYR0

唯「あ、りっちゃんばっかりずるい! あずにゃんも、あーん」

梓「角砂糖をそのまま食べる人なんて居ませんよ」

唯「ぐ……、こうなったら……! ぐはっ、ばた」

律「唯?! 大丈夫か唯!」

梓「……」

純「……」

唯「あずにゃんがキスをしてくれれば生き返る……、ばたっ」

律「唯いいいいいいいい!」

律「梓、もうキスしか方法はない……」

梓「じゃあずっと倒れたままで良いです」

唯「あずにゃんしどい!」


338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 12:31:22.72 ID:6f14/FYR0

律「わいわい」 唯「がやがや」

純「ねぇ、梓って唯先輩の事好きなの? 嫌いなの?」

梓「え?!」

純「どうなの?」

梓「そ、その……、好きじゃない!」

純「え、そうなの?」

梓「うん」

純「そっかー」


340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 12:44:30.44 ID:6f14/FYR0

唯「あ、そろそろ帰らないと憂が心配しちゃうよー」

律「じゃあ解散するか?」

梓「あ、律先輩は純を送ってあげてください」

純「え?」

律「ん、分かった」

唯「じゃああずにゃん、帰ろっか!」ギュッ

梓「あ、歩きづらいから離れてください!」

唯「りっちゃんも純ちゃんも気をつけてねー、ばいばい!」

律「梓を構いすぎんなよー」

純「あ、今日はありがとうございました」


342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 13:00:08.41 ID:6f14/FYR0

律「じゃあ私達も帰るかー」

純「そうですね!」

律「そういえばさ、結局純は澪が好きなのか?」

純「えっと……」

律「……」

純「私の好きな人は澪先輩じゃないですよ」

律「え」


343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 13:01:00.49 ID:6f14/FYR0

純「私の好きな人は澪先輩よりもっと身近に居ますから」

律「そうだったのか……」

純「はい あ、律先輩も気になってる人居るんですよね!」

律「え? あぁ、居るぞー」

純「誰なんですか?」

律「んー……、そうだな……、まだ秘密って事で」

純「教えてくださいよー!」

律「それにしても寒いなー、早く家に帰って暖まりたい……」

純「話逸らさないでください!」

律「あはは、ほら、早く帰るぞー」

純「うー……」


346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 13:13:40.24 ID:6f14/FYR0

次の日!

憂「明日はバレンタインだねー」

純「あ」

梓「うん、頑張って作らないと……」

憂「緊張するねー」

梓「うん……」

純「……(何にも用意してなかったー!)」

梓「純、どうかしたの?」

純「え?! い、いや何もないよ?!」

憂「?」


354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 14:57:32.91 ID:6f14/FYR0

放課後!

純「やばいよ何にも用意してないよー……」

純「よし、今から頑張るぞ!」

純「まず材料から買わないと」


355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 14:58:39.23 ID:6f14/FYR0
純「えっと、チョコはどれが良いんだっけ……」

純「……これでいいや」ポイッ

純「で、砂糖はこれで」

純「後はこれとこれで……」

純「よし、買い物終わり!」


356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 15:01:05.15 ID:6f14/FYR0

純「あ、作り方忘れた……」

純「まぁ適当にやれば出来るよね、うん」

純「えっと、チョコを溶かして……」

純「これはどうするんだっけ?」

純「とりあえず入れとけばいっか」ドバドバ

純「で、後は少し待つ……」

純「……」

純「……暇だしちょっと寝よう」


357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 15:11:26.65 ID:6f14/FYR0

純「……」スースー

純「はっ……」ガバッ

純「今何時?!」

純「……11時」

純「やばいよ急いで作らないと!」

純「えっとチョコの方は……」ペロッ

純「苦っ」

純「し、失敗しちゃった……」

純「でもこんな時間だから材料買いにいけないし」

純「うぅ……、もうこのまま作っちゃえ!」


359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 15:22:20.13 ID:6f14/FYR0

次の日!

梓「ちゃんとチョコ作ってきた?」

純「う、うん……」

憂「あ、これ梓ちゃんと純ちゃんの分!」

梓「ありがと」

純「さすが憂!」

憂「えへへ」

梓「ごめんね憂、お返し作れなくて……」

純「あ、私も」

憂「全然大丈夫だよ! 二人とも頑張ってね」

梓「うん」

純「う、うん」


360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 15:31:47.77 ID:6f14/FYR0

放課後!

律「澪は今年も両手いっぱいにチョコ持ってるなー」

澪「う、うるさい!///」

唯「私もチョコ欲しいよー!」

梓「……(わ、渡すタイミングが……)」

紬「ごめんね、今年は用意出来なくて……」

澪「いつもお菓子貰ってるしそれで充分だって」

律「そうそう、気にする事ないぞ」

唯「でもやっぱりお口が寂しいよー……」

梓「……(帰りで良いかな……)」


362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 15:44:07.79 ID:6f14/FYR0

澪「よし、今日はもう解散するか」

律「そうだなー」

唯「じゃああずにゃん、帰ろっか!」ギュッ

梓「暑苦しいので近づかないでください!」グイグイ

澪「相変わらず仲が良いな」

紬「梓ちゃん、今は冬よ?」

律「ははっ、梓は素直じゃないなー」

梓「う、うるさいです!///」


363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 15:52:54.72 ID:6f14/FYR0

澪「律、そろそろ帰るぞー」

律「あー、今日は一緒に帰れないんだ」

澪「え?」

律「ちょっと用事があってさ」

澪「……そっか」

律「うん」

澪「じゃあこれ、貰ってくれるか?」

律「ん、ありがとな」

澪「律……」

律「ん?」

澪「……私、律の事が好きだ 友達とかじゃなくて、恋愛対象の方で」

律「……」

澪「返事は今度で良いから! じゃあな」ダッ

律「あ、おい澪……」


366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 16:08:15.07 ID:6f14/FYR0

純「……律先輩来てくれるかな」

純「……」

律「ごめん、待ったか?」

純「あ、来てくれたんですね!」

律「当たり前だろー?」

純「じゃあとりあえずこれ……」スッ

律「お、またチョコか」

純「また?」

律「あぁ、さっき澪にも貰ったんだ」

純「そうなんですか……(先手取られたー!)」

律「あ、今食べても良い? お腹減っちゃってさー」

純「は、はい……」


368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 16:20:17.40 ID:6f14/FYR0

純「……(うー……、絶対不味いって言われるよー……)」

律「んじゃいただきまーす」パクッ

純「……(終わった)」ガクッ

律「ん、よく出来てるじゃん!」

純「え?」

律「美味しいぞー、ほら、純も一個食べるか?」

純「……お世辞は良いですよ」

律「本当に美味しいぞ?」

純「……私が味見した時は不味かったもん」

律「じゃあその後から美味しくなったんじゃないか?」

純「からかうのはやめてください」

律「私が美味しいって言ってるんだから、絶対美味しいって!」

純「……ふふっ」

律「な、何だよー」

純「ありがとうございます、律先輩」


369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 16:28:58.49 ID:vw6yHacnO

可愛いなぁ

370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 16:35:08.01 ID:6f14/FYR0

律「ごちそうさまー、美味しかった!」

純「全部食べてくれたんですね……」

律「当たり前だろ?」

純「あ、澪先輩のチョコは食べないんですか?」

律「あー、家に帰ってからでいいや」

純「そう……ですか」

律「うん」

純「あ、あの……、澪先輩になんか言われましたか?」

律「いや、何も言われてないけど」

純「本当ですか?」

律「おう、私は嘘をついた事ないからな!」

純「それが嘘じゃないですか」

律「何をー?!」

純「あははっ」


371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 16:42:24.08 ID:6f14/FYR0

律「ったくー……」

純「それにしても寒いですね……」ブルブル

律「お、じゃああそこのベンチに行くか」

純「え?」

律「ほら、こっちおいで」

純「あ、はい」

律「こうしたら暖かくなるぞ」ギュッ

純「っ?!」

律「唯がよくやってたからさ、やってみたくなったんだよな」

純「そ、そうですか……///(し、心臓の音が……)」

律「でもこんな事やってるとカップルみたいだな」


372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 16:56:12.65 ID:6f14/FYR0

純「カッ……カップル?!///」

律「あ、あぁ……、そんなに嫌だったか?」

純「嫌なんかじゃないですよ、ただ……、その……」

律「ん?」

純「……何でもないです」

律「そっか」

純「はい(まだ告白とかは早いよね……)」

律「よし、そろそろ帰るか!」

純「え……」

律「もう暗くなってきたし危険だろ?」

純「そう…ですね」

律「また明日会えるからそんな悲しい顔するなよー」ポンポン

純「別に悲しくなんてないですよ」

律「そ、それはそれで……」


374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 17:10:44.78 ID:6f14/FYR0

次の日!

梓「へぇ、結構良い感じじゃん」

憂「……」

純「そうかなー?」

梓「後は純が告白するのを待つだけだね」

憂「でもやっぱり告白はまだ早いと思うよ?」

純「やっぱりまだ早いよねー……」

憂「うん」

梓「そう? 話を聞く限りだとかなり良い感じだけど……」

憂「もうちょっと押しが必要だよ!」

純「うん、そうだよね……ありがと、憂」

憂「えへへ~」

梓「……」


375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 17:13:16.86 ID:6f14/FYR0

放課後!

憂「純ちゃん」

純「ん?」

憂「今日、暇かな?」

純「うん、特に予定はないけど……」

憂「じゃあ私の家に来ない?」

純「別に良いよー」

憂「やったぁ♪」


377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 17:27:19.15 ID:6f14/FYR0

純「憂の部屋は相変わらず綺麗だねー」

憂「えへへ、そうかなー?」

純「うんうん、私の部屋なんて脱いだ服がそのまま放置してあるもん」

憂「じゃあ今度片付けてあげるよ!」

純「本当?! ありがとう!」

憂「うん、片付けとか好きだからねー」

純「いやー、憂は絶対良いお嫁さんになるね」

憂「なるなら純ちゃんのお嫁さんがいいなー、なんて」

純「私には憂の旦那さんは務まらないって!」

憂「純ちゃんには律さんが居るもんねー」

純「そ、そんな……///」


378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 17:34:06.15 ID:6f14/FYR0

憂「純ちゃんは律さんのどこを好きになったの?」

純「んー、優しいとこ……かな」

憂「最初は顔がかっこいいからって感じだったよねー」

純「うぐ…、でも今は違うもん!」

憂「本当にー?」

純「うん、本当だよ!」

憂「そっか……」

純「憂?」

憂「あ、そろそろご飯作らないと!」

純「じゃあ私帰るよ」

憂「ご飯食べていかないの?」

純「え、良いの?」

憂「うん、全然良いよ!」

純「じゃあお言葉に甘えて……」


381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 17:56:25.78 ID:6f14/FYR0

唯「ただいまー」

憂「おかえりなさい! もうちょっとでご飯だから待っててね」

純「あ、お邪魔してます」

唯「純ちゃんだー、こんばんは!」

純「えっと、こんばんは」

唯「遊ぼー」ニコッ

純「あ、はい」


382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 18:03:11.99 ID:6f14/FYR0

唯「ねぇ、純ちゃん」

唯「あずにゃん、私の事なんか言ってる~?」

純「いえ、特に何も……」

唯「そっかー」

純「何でですか?」

唯「あずにゃん、私に冷たいからさ……」

純「梓はそういう人ですから」

唯「なら良かった! ずっと悩んでたんだよね~」

純「あはは……(唯先輩でも悩む事あるんだ……)」

唯「で、純ちゃんはいつりっちゃんに告白するの?」

純「え?!」

唯「純ちゃんってりっちゃんの事好きなんだよね?」

純「な、何でその事を……」

唯「あはは、見てれば分かるよー」

純「」


384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 18:13:17.24 ID:6f14/FYR0

憂「二人ともー、ご飯だよ!」

唯「はーい!」

純「あ、うん」

唯「じゃあ純ちゃん、お互い頑張ろうね!」フンス

純「はい……(バレてたのか……)」


385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 18:25:00.33 ID:6f14/FYR0

憂「今日は純ちゃんが居るからちょっと多めに作ったよ!」

純「うっわー……、相変わらず憂の料理は凄いなぁ」

唯「いっただきまーす」パクパク

憂「純ちゃんも早く食べてね」

純「あ、じゃあ……いただきます」パクッ

憂「どう……かな?」

純「うん、美味しいよこれ!」

憂「本当?! やったぁ♪」

唯「うまうまー」モグモグ


388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 19:19:14.21 ID:6f14/FYR0

唯純「ごちそうさまー!」

憂「お粗末様でした」

純「毎日憂の料理が食べられる唯先輩が羨ましいです!」

唯「でしょー?」

憂「えへへ」


390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 19:50:39.21 ID:6f14/FYR0

憂「あ、デザートもあるから食べていきなよ」

純「え? 良いの?」

唯「わーい、デザートー!」

憂「うん、全然良いよー」ニコニコ

純「じゃあまたお言葉に甘えて……」

憂「……ふふっ、じゃあ持ってくるね!」


392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/09(土) 19:58:15.43 ID:6f14/FYR0

唯「おー! ケーキ美味しそう!」

純「ほんとだ……、こんな高そうなの食べていいの?」

憂「うん、大丈夫だよー」

唯「ん、美味しい……」モグモグ

純「た、食べづらい……」

憂「じゃあ食べさせてあげるよ」

純「え?」

憂「はい、あーん」

純「ちょ、ちょっと憂?」

憂「あーん」

純「ちょ、憂……憂「あーん」

純「……あ、あーん」パクッ

憂「えへへ」

純「あ、美味しい……! これ凄く美味しいよ!」

憂「喜んでもらえてよかった」ニコッ


394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 20:04:14.47 ID:6f14/FYR0

純「んー、美味しかったー!」

唯「ごちそうさまー! じゃあ私、部屋でギターの練習してくるねー」

憂「うん、分かったよー」

純「……ん、何か眠く……」フラッ

憂「ふふっ」ニヤッ

純「……」スースー


398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 20:11:44.63 ID:6f14/FYR0

純「……」スースー

純「……はっ」

憂「起きた?」

純「あ、ごめん、私寝ちゃってたんだ……」

憂「全然大丈夫だよ!」

純「今何時?」

憂「えっと、夜の12時だよ」

純「もうそんな時間なの?! うー……、今から帰るのめんどくさい……」


400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 20:20:20.75 ID:6f14/FYR0

憂「じゃあ泊まっていきなよ! 着替えとかもあるし……」

純「んー、でも……」チラッ

憂「ん?」ボイーン

純「……(絶対胸のサイズが合わないよ……)」

憂「どうするー?」

純「分かった、泊まっていくよ」

憂「やったぁ!」


405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 20:29:52.00 ID:6f14/FYR0

純「んー、とりあえず寝るね……」

憂「私も一緒に寝ちゃ駄目かな?」

純「え」

憂「そしたら二人ともベッドで寝られるし」

純「あ、あぁ……、そうだね!」

憂「じゃあ一緒に寝よう♪」

純「うん」


410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /09(土) 20:44:05.53 ID:6f14/FYR0

純「くかー……」スースー

憂「純ちゃん寝ちゃった……」ナデナデ

純「ん……」スースー

憂「私ね、純ちゃんの事好きだよ」

純「くー……」スースー

憂「でも純ちゃんは律さんが好きなんだよね」

純「……」スースー

憂「今度からは本気で応援する……、だから今日だけ許してね」チュッ

純「ん……」スースー

憂「えへへ、おでこだけど私のファーストキス……」ギュッ

純「……」スースー

憂「おやすみ……」


関連記事 純「失礼しまーす……」 律「ん?」 後編









| けいおん!!SS | 03:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ブラストVIP最新記事 Powered By 我RSS

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blastvip.blog74.fc2.com/tb.php/220-6abe2182

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。