FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

唯「鍋パーティーIN平沢家!」

20100418092756a71.jpg


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 01:07:29.34 ID:uRfpDlSNO

唯「寒いねえ」

梓「寒いですね」

律「寒いなあ」

唯「寒いときは鍋だよね」

梓「いいですね」

律「おー、鍋か いいな」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 01:10:53.04 ID:uRfpDlSNO

唯「そうだ!今日みんなでうちで鍋しようよ!」

律「いいなーそれ、のった!」

紬「わたし友達と一緒に鍋を囲むのが夢だったの~」

澪「はいはい」



梓(本編にこんな話なかったっけ・・・デジャヴ?)


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 01:15:27.33 ID:uRfpDlSNO

――――――――――

唯「と、言うことで平沢家」

憂「おかえりー あ、みなさんこんにちはー」

唯「憂!今日の晩ご飯は鍋にしよう!鍋!」

憂「え?い、いいけど・・・
 じゃ、材料買ってこなきゃね~」

梓「あ、わたしもついてくよ」

澪「キムチなら家から持ってきたからな」ドサッ


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 01:19:06.19 ID:uRfpDlSNO

――――――――――

唯「待ってる間に鍋の準備しよー」

律「なあ唯、鍋って言っても何鍋にするんだ?」

澪「チゲ鍋だろ」

紬「闇鍋はどうかしら~」

唯「へへ~、ちゃんと考えてあるから安心して!
 中身は食べるときのお楽しみだよ~」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 01:24:15.33 ID:uRfpDlSNO

――――――――――

憂「ただいま~」
梓「ただいまです」

紬「あ、買い出し班が帰ってきたわよ~」

唯「おかえりーお疲れ様ー」



澪「だーかーらー鍋のシメはうどんだろ!」バンッ

律「澪しゃんはなーんにもわかってないな~
 シメは雑炊に決まってるだろ?」プゲラ


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 01:30:15.19 ID:uRfpDlSNO

梓「先輩方、なにもめてるんですか?」

澪「あ、梓!鍋のシメはうどんが常識だよな!」

律「いやいや!日本人なら雑炊だ!米食え米!」

梓「ふぅ・・・なんだお二人共、鍋は素人ですか?
 ラーメンでシメるのが真の鍋プロですよ」ガサッ


澪「」
律「」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 01:34:50.19 ID:uRfpDlSNO

――――――――――

憂「おねえちゃーん、もうそろそろできるからテーブル用意してー」

唯「あ!仕上げはわたしがやるから!
 憂はお皿とか並べててよ~」

憂「え?う、うん じゃあ任せるね~」



唯「」グツグツ

唯「さて・・・と、隠し味にコレをいれて・・・」ドプン

唯「ひっひっひ・・・うん、うまい!」テーレッテレー


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 01:46:29.95 ID:uRfpDlSNO

唯「さあさあどいたどいたー!
 お鍋様のお通りだよー!ひかえーい!」ズンズン

律「よ!待ってましたー!」

紬「もうお腹ぺこぺこだわ~」

唯「ほいっと」ドン

唯「それでは・・・いざ!ご開帳!」カパッ

一同「おおー!」パチパチ



澪「おい!唯!なんでキムチ入れてないんだよ!」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 01:55:33.34 ID:uRfpDlSNO

唯「えへへ~わたし辛いの苦手だから~
 小鉢に取ってからお好みでいれてよ~」

澪「ま、待てよ!最初からいれてないと他の具と上手く馴染ま
唯「それじゃあ食べよっか~
 いただきまーす!」

一同「いただきまーす!」



澪「話は最後まで聞けよ!」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 02:03:40.07 ID:uRfpDlSNO

律「うっめー!やっぱり鍋はいいなー!」ガツガツ

憂「大勢で囲むと更に美味しいですよね~」ホフホフ

澪「うん、美味いな!鍋にはやっぱりキムチだな!」ハグハグ

紬「これが庶民の味なのね~
 なかなかイケるわ~」モグモグ

澪「ほら!みんなもキムチいれろよ!美味いって!」



梓(舌ヤケドした・・・)


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 02:10:32.91 ID:uRfpDlSNO

憂「あれ?梓ちゃんどうしたの?舌だして」

梓「ひややけよひひゃっや」ハーハー

澪「梓は本当にネコみたいだな」

紬「え?梓ちゃんがネコ?」ピクッ

律「ムギ、そっちじゃないぞ」

唯「よし、あずにゃん!わたしが治してあげよう!」ンチュ

梓「?!」ングッ

紬「?!」ポタポタ

憂「」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 02:20:38.21 ID:uRfpDlSNO

梓「・・・っぷは、なにするんですか唯先輩!」

唯「いや~傷はなめておけば治るって言うしさ~」デヘ

梓「これはヤケドです!
 いきなり変なことしないでください!」

憂(ゴキブリの分際でゴキブリの分際でゴキブリの分際でゴキブリの分際でゴキブリの分際で・・・)



澪「ほい、ティッシュ」ハグハグ

紬「・・・ありがと」フキフキ


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 02:29:29.57 ID:uRfpDlSNO

唯「まあまあ、怒ってないで~
 ほら、あずにゃんあーん」

梓「やっ、やめてください!もう!」

澪「ほらほら、ふざけてるとコップ倒すぞ」ハグハグ

律(ん?鍋にウインナーっていれるもんなのか?
 まあウインナーは好物だから嬉しいけど・・・)グニグニ

律「あれ・・・ウインナーじゃ・・・ないか・・・な
 唯ー、これなんだー?」ゴクン

唯「あー、たぶん頭じゃないかな~」モグモグ


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 02:48:35.28 ID:uRfpDlSNO

律「頭?!なんのっ?!」

唯「なにって・・・ん~たぶんお鍋のこのへんに・・・
 あ、あった!」ザバッ

憂「お、おねえちゃん・・・それって、甲羅・・・?」

紬「もしかして・・・」



唯「うん!今日の鍋の隠し味はトンちゃんだよ!」フンス


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 02:49:12.10 ID:VX7V87Cj0

うわあああああああああああああああああああああああああああああああああ

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 02:57:02.26 ID:uRfpDlSNO

澪「お、おい唯!トンちゃん鍋とか聞いてないぞ!
 そもそも隠し味なのに隠れてないし!」

梓「唯先輩!!なにしてるんですか!!
 トンちゃんが可哀想です!」

唯「え~でもみんな美味しそうに食べてたし~
 スッポンってじようきょうそうにいいって聞くし!」

紬「唯ちゃん!トンちゃんはスッポンモドキよ!」

律「ムギ、それは大した問題じゃないぞ」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 03:05:53.67 ID:uRfpDlSNO

律「まあ、みんなそんなに唯を責めるなよ
 おいしかったのは事実だし、これでトンちゃんと一心同体だろ?」

梓「なんか違う気がするです・・・」

澪「はっ!新しい歌詞が降りてきた!
 トンちゃんはおかず・・・!!」

梓「それは絶対違います」



憂「みなさん気を取り直して~
 そろそろシメのラーメンでも~」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 03:12:26.85 ID:uRfpDlSNO

梓「はっ!そうだ、ラーメンを忘れていたです!
 さ、みなさん早く座って座って!」

唯「わーい、ラーメンラーメン~」

律「どーれ、真の鍋プロのオススメってのを確かめてやろうじゃんか」



澪「極端に前向きすぎるだろ、こいつら」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 03:20:39.28 ID:uRfpDlSNO

――――――――――

唯「ふー」ゴロン

律「もーくえねー」ゴロン

紬「二人共、牛になっちゃうわよ~?」

澪「確かに食べ過ぎたなー」

憂「ふふっ、みなさん満足されたみたいで良かったです」



梓「まだ鍋に細かい麺が・・・」ヒョイヒョイ


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 03:27:41.81 ID:uRfpDlSNO

憂「後片付けはやっておくので、みなさんお風呂入ったらどうですか?」

澪「ん?お風呂?」

唯「澪ちゃん!今日は鍋パーティーからのお泊まり会だよ!
 明日は学校もお休みだし!」

紬「で、でも着替えとかなにも・・・」

唯「ちゃんと貸すから大丈夫!さあ、入った入った!」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 03:36:20.11 ID:uRfpDlSNO

澪「あ、ああ・・・じゃあお言葉に甘えて」

憂「お風呂あまり広くないので、二人ずつでお願いしますね~」

唯「わたしは少し休むからあとで~」ウプ
律「右に同じく」ウプ

梓「わたしは憂の手伝いするんでお先にどうぞ」

澪「そっか・・・よし、ムギ入るか」

紬「え?!ええ、もちろん!!お願いします!」ブンブン


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 03:42:37.65 ID:uRfpDlSNO

――――――――――

紬「ふ~、いいお湯だった~
 次の人達、いいわよ~」テカテカ

梓「澪先輩?どうかしました?」

澪「い?!いや・・・なんでも・・・」

梓(お風呂場でなにがあったんだろう・・・)

律「よっしゃー、マグナムゲット!」ピコピコ

唯「甘いよりっちゃん!こっちはグレネードランチャーだよ!」ピコピコ


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 03:49:51.14 ID:uRfpDlSNO

憂「おねえちゃーん、お風呂はー?」

唯「先入っていいよー」ピコピコ

憂「だってー 梓ちゃん、入ろっか?」

梓「わかったー」

律「ぐわぁー!またやられたー!」ピコピコ


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 03:58:30.07 ID:uRfpDlSNO

――――――――――

憂「ふー、あったまった~
 おねえちゃーん、お風呂いいよー」

唯「ほーい、りっちゃん入ろっか」

律「よしゃー!洗いっこしよーぜい!」

梓「」ドヨーン

紬(梓ちゃん・・・元気だして!
 貧乳はステータスよ!)グッ


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 04:06:35.60 ID:uRfpDlSNO

――――――――――

梓「澪先輩!ずるいですよ!
 ずっとトイレの上から降りてこないなんて!」ピコピコ

澪「う、うるさい!これも立派な作戦だ!」ピコピコ

憂「梓ちゃん、こういうときは天井に向かってグレネードランチャーで・・・」ピコピコ

澪「え?うわぁああ!やられた?!」ピコピコ

「うわああああああああ!!!」

憂「?!おねえちゃんの声だ!」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 04:47:08.30 ID:zpCpKPzy0

64のゴールデンアイはマジ名作


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 06:17:14.92 ID:NGRxMfmUO

>>50
やっぱりゴールデンアイの描写だよな。
久々に友達とやりてー


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 04:12:09.49 ID:uRfpDlSNO

憂「なにかあったの?!おねえちゃ・・・ん・・・」

唯「り、り、りっちゃん・・・それ・・・」フルフル

律「うそ・・・だろ・・・?」ガタガタ



唯「おまたから・・・トンちゃん・・・?」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 04:20:26.29 ID:uRfpDlSNO

――――――――――

梓「緊急会議を始めるです」

梓「九分九厘原因は、今日食べたトンちゃん鍋でしょうね」

憂「でもなんで律さんだけ・・・」

律「あの」

梓「なんですか、律先輩」

律「服着てもいい?」

梓「ダメです」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 04:21:55.03 ID:r0NBrjAzO

なんだと・・・

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 04:27:14.99 ID:uRfpDlSNO

澪「・・・律はトンちゃんの頭を食べちゃったから
 その、それが生えちゃったんじゃないか?」

紬「亀の頭を食べたら亀頭が生えました、ってね」

澪「やかましいわ」

唯「これからはりっちゃん改め、ふたなりっちゃんだね!」

澪「やかましいわ」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 04:29:52.16 ID:gsODbZmI0

ふたなりっちゃんw

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 04:35:52.99 ID:uRfpDlSNO

律「ま、まあいいじゃん!命に別状はないんだし!」

澪「さっきから前向きすぎるだろ!」

律「そ、それにほら、これでトンちゃんとも一心同体だろ?」

梓「そのセリフ二度目です」

唯「そ~そ~、りっちゃんがいいならそれでいいじゃん!
 それに、トンちゃん可愛いし~」ツンツン

律「ひゃっ!ゆ、唯・・・やめっ・・・」ピクッピクッ


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 04:41:51.23 ID:uRfpDlSNO

紬「ん~、本当にりっちゃんの体の一部になってるのね
 あまり刺激を与えない方が良いみたい~」

唯「ほえ?」グニグニ

律「あふん!!・・・な、なあ!もう服着てもいいだろ!」ダッ

梓「唯先輩、あんまりトンちゃんをいじっちゃだめですよ
 敏感みたいですから」

唯「ちぇー・・・あんなに可愛いのに~」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 04:48:40.95 ID:uRfpDlSNO

――――――――――

憂「さあ、夜も遅いしそろそろ寝ますか~」

梓「だね」

憂「お布団持ってきたので、どなたか二人はリビングで寝てくれますか?」

紬「お風呂と同じ組み合わせでいいわよね?!」ズイッ

憂「え、ええ・・・じゃあ、ムギさんと澪さんはここでお願いしますね」

紬「うふふ~澪ちゃん、よろしくね~?」

梓(澪先輩が涙目だ・・・)


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 04:54:10.35 ID:uRfpDlSNO

――――――――――

唯「ふたなりっちゃんはわたしの部屋で!」

律「その呼び方やめろよ!」

梓「それじゃあわたしは憂の部屋で寝ますね」

憂「おねえちゃん、律さん、おやすみなさい」

梓「おやすみなさいです」

唯「おやすみ~」
律「おやすみ~」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 05:01:10.12 ID:uRfpDlSNO

――――――――――

唯「さありっちゃん!遠慮しないで隣においで!」ポフポフ

律「いや、二人でベッドは狭いだろ?
 布団もあるんだしこっちで寝るよ」

唯「え~、せっかくだし一緒に寝ようよ~」

律「だーめーだっ
 寝返りうったら床に落ちちゃうだろー?」

唯「ぶー・・・ならいいよ!
 わたしがそっちに行くから!」ボフ


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 05:06:47.72 ID:uRfpDlSNO

律「お、おい、唯・・・!」

唯「えへへ~りっちゃ~ん」スリスリ

律「まったく・・・このあまえんぼさん!」ギュ

唯「わひゃっ?!」

律「さ、唯 もう寝ようぜ~」

唯「えへ~うん~おやすみ、りっちゃん」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 05:13:03.56 ID:uRfpDlSNO

――――――――――

律「・・・」

律「・・・」

律「・・・寝れない」

律「なんだか心臓がドキドキしてる」

律「どうしてだろう・・・」

唯「」スースー


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 05:20:35.20 ID:uRfpDlSNO

律「唯が隣で寝てるからか・・・?」

律「変に緊張する・・・」

唯「ん~・・・」スリスリ

律「?!」

律(唯の太ももが・・・トンちゃんに・・・)

唯「むふ~・・・」ギュ

律(に・・・逃げられない・・・!)ドキドキ


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 05:28:57.22 ID:uRfpDlSNO

唯「」グッグッ

律「うっ?!・・・っは・・・」

律(やばい・・・押しつけられて・・・)

律「はぁ・・・はぁ・・・んっ!」

律(だ、だめだ・・・なんか、変な感じ・・・)ハァハァ

唯「ん~・・・?」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 05:34:15.92 ID:uRfpDlSNO

律「っ?!」

唯「どしたの~りっちゃん~・・・寝れないの~・・・?」ムク

律「あ、ああ、ちょっと・・・な・・・」

唯「ん・・・ん?!あれ?!りっちゃんどうしたの?!
 ここすっごい腫れてるよ!!」

律「え・・・?」

唯「いいから下脱いで!!」ペロン

律「ちょ・・・唯!」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 05:42:04.99 ID:uRfpDlSNO

唯「ああっ!!りっちゃんのトンちゃんが!!」

律「ん・・・おろ?!なんだこりゃ!!」

唯「すっごいおっきいね~・・・
 成長期なのかな?」フニフニ

律「あっ!!唯・・・ばっ・・・やめ・・・」

唯「も~トンちゃん、こんなにかっこよくなっちゃって」ナデナデ

律「あふん!!」ビクンッ


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 05:49:32.88 ID:uRfpDlSNO

唯「あれ・・・トンちゃんヨダレたれてるよ~」スリスリ

律「はあ・・・はあ・・・唯・・・や、やめ・・・」

唯「ト、トンちゃん!だんだん顔が真っ赤になってきてる!
 痛いのかな・・・はっ!そうだ、こういうときは!!」ペロペロ

律「ちょ、ちょっと!唯・・・!だ・・・だめだ・・・って・・・!」ガクガク

唯「トンちゃん!どうかな、楽になった?!」ペロペロ


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 05:55:03.54 ID:uRfpDlSNO

律「う・・・もう・・・やばいっ・・・!」ガシッ

唯「わっ」ボフ

唯「ど、どうしたの?りっちゃん
 目が血走ってるよ・・・?」

律「はあっ・・・はあっ・・・なあ、唯・・・
 わたしな、トンちゃんを楽にさせる方法を知ってるんだ・・・」

唯「え、ほんと?じゃあ早くトンちゃんを助けてあげてよ!」

律「わかった・・・はあ・・・唯・・・動くんじゃないぞ・・・」スルッ


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 06:00:22.63 ID:uRfpDlSNO

唯「り、りっちゃん・・・?」

律「い、いくぞ、唯・・・
 痛いかも知れないけど・・・我慢しろよ・・・?」ズブ

唯「っ?!・・・ひっ?!」ビクッ

律「はあ・・・はあ・・・んっ・・・」ズブズブ

唯「いっ、り・・・りっちゃん!!
 いた・・・いたいよ・・・!」ミチミチ

律「唯、少しの間・・・だけだから・・・
 はあ・・・動くぞ・・・」ズンズン

唯「あっ・・・は・・・や、やだっ・・・いたい・・・!!」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 06:04:58.43 ID:uRfpDlSNO

律「ん・・・っは、やば・・・
 おかしくなりそ・・・」ズンズン

唯「り・・ちゃん、いたい・・・!
 んっ・・・さけちゃうよ・・・っ!」

律「あっ・・・くっ、唯・・・そろそろ・・・
 い、いくぞ・・・!」ズンズン

唯「な、なに・・・?!
 どこ、に・・・あっ、いくの・・・?」

律「ん・・・あ、ああ!いく・・・う・・・っ!!」ドクッドクッ

唯「ん・・・っは、あ・・・
 り、りっちゃん・・・終わった・・・?」

律「」ハァハァ


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 06:10:06.25 ID:uRfpDlSNO

律「はあ・・・はあ・・・」ヌルン

唯「うう、すっごくいたかった・・・りっちゃんのバカ・・・」

律「はあ・・・唯、ごめんな・・・?
 でも、ほら・・・トンちゃんも元に戻ったぞ」ヘニョ

唯「え・・・おー、ほんとだ!よかったよかった~
 やっぱりトンちゃんはちっちゃい方が可愛いよ~」ナデナデ

律「あふんっ!!唯、やめ、触んないで・・・んっ!」ビクンッ

唯「あれ・・・おまたからなんかでてきたー」ドロッ

律(血が混ざってる・・・)


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 06:18:19.33 ID:uRfpDlSNO

唯「よしっ、トンちゃんも元に戻ったことだし・・・
 今度こそ寝よう!りっちゃん!」

律「あ、ああ、そうだな」ボフ

唯「えへへ~・・・
 りっちゃん、おやすみ」スリスリ

律「ん、おやすみ 唯」ギュ



梓「」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 06:25:08.35 ID:uRfpDlSNO

梓(音がするから様子見にきたけど・・・)

梓(二人で何してたんだろう・・・)

梓(甘い声とかしてたから・・・やっぱり・・・)

梓「・・・」

梓「トイレ行こ・・・」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 06:31:08.35 ID:uRfpDlSNO

梓「」トントントントン

梓「あれ?・・・リビングから声・・・?」

梓「」ソーッ

ンッ…アア…ムギッ…ダ、ダメダッテ…



梓「」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 06:36:37.25 ID:uRfpDlSNO

――――――――――

律「ん、んー・・・まぶし・・・」

律「ふわ・・・あれ・・・もうお昼か」ゴシゴシ

唯「」スースー

律「おーい、唯ー、そろそろ起きろー」

唯「ん・・・」モゾモゾ

律「ほらー・・・わっ、布団の中になんかいる・・・
 って、なんだ、トンちゃんか・・・ん?!」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 06:42:32.00 ID:+/txfBAm0

もうちょい行為中の描写を…

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 06:43:47.57 ID:uRfpDlSNO

律「えっ?!」ペロン

律「つ、つ、ついてない!」サワサワ

律「トンちゃんが取れた!というか生まれた?!
 いや、生まれてはないか・・・?
 とりあえず、元に戻ったー!!」

律「唯ー!!トンちゃんが!!生き返ったぞ!!」ガシッ

唯「うへ~・・・なに、りっちゃん~・・・朝っぱらから~・・・」グワングワン


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 06:50:06.23 ID:uRfpDlSNO

――――――――――

梓「まあ、理屈はわからないですけど」

紬「めでたしめでたし、ね~」

律「いやー、一時はどうなることかと思ったぜー」

唯「トンちゃんも生き返ってよかったね~」ナデナデ

律「お前のせいだろ!」


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 06:55:02.79 ID:uRfpDlSNO

澪「そうだぞ、唯 もうこんな変なことするなよ」

唯「わかってるよ~・・・
 あれ?澪ちゃん首虫さされたの?赤くなってるよ?」

澪「うっ?!き、気のせいじゃないか?!」バッ

紬「うふふ」

梓「・・・」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 07:03:21.37 ID:uRfpDlSNO

――――――――――

律「よーし、んじゃそろそろおいとまするか!」

梓「トンちゃんはわたしが学校に寄って水槽に返してきますね」

紬「唯ちゃん、憂ちゃん、ありがとね~」

澪「ありがとな、お邪魔しました」

憂「みなさん、またいつでもいらしてくださいね~」

唯「みんなまたね~」


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 07:08:34.49 ID:uRfpDlSNO

唯「・・・」

憂「・・・さ、家入ろっか おねえちゃん」

唯「うん・・・ねー、ういー」

憂「うん?なーに?」

唯「次はスッポン雑炊パーティーしよっ!」



おわり



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 07:16:10.98 ID:uRfpDlSNO

>>45を言いたいってだけで書いた
思いつきですまん

ゴールデンアイでは図書館で無駄に隠し通路使いたがる阿呆です

読んでくれた人居たかわからないけど、ありがとうごめんなさい

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 07:17:30.18 ID:UJTQPT9lO



82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /11(月) 07:25:10.04 ID:bQIEv7b8O

面白かった





| けいおん!!SS | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ブラストVIP最新記事 Powered By 我RSS

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blastvip.blog74.fc2.com/tb.php/223-f88ec9ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。