FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

唯「おとぎ話!」

2550001.jpg


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 21:36:20.82 ID:XbB6gwh+O

~笠地蔵~

むかしむかし、ある所に唯と憂の姉妹がいました。

年の瀬も迫っていますが、餅一つ買えるほどお金がありませんでした。

そこで、憂は笠を作ってお金を稼ごうと考えました。

唯「じゃあ憂、町に行って笠売ってくるね」

憂「うん。気をつけてね、お姉ちゃん」

唯「うんたん♪うんたん♪」

意気揚々と雪道を歩く唯でした。


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 21:37:11.40 ID:XbB6gwh+O

ところが、町へ出て笠を売ろうとしても、一向に売れる気配はありませんでした。

唯「売れないや……」

もう少し粘ろうと思いましたが、雪が強くなって来たので、唯は諦めて帰り支度をしました。

唯(憂が心配するから帰ろう!)


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 21:40:02.91 ID:XbB6gwh+O

家に近付き始めた頃、雪は強くなりかけていました。

唯(うー、早く帰ろ)

唯「あっ、お地蔵様!」

唯が目にしたのは、峠にある七体の地蔵でした。

唯「こんなに雪が積もって、寒いね。頭の雪、どけてあげるね」パッパッ

唯「んー、でもすぐに積もるな……そうだ!」

唯「笠を頭に乗せればいいんだ」

唯は商品の笠を地蔵の頭に乗せてあげる事にしました。

ちなみに地蔵は右側から和→律→澪→紬→梓→純→さわ子の並びである。


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 21:42:09.81 ID:XbB6gwh+O

唯「んしょ、んしょ」

唯は持っていた五つの笠を右側の地蔵から順に(和・律・澪・紬・梓)、頭に乗せました。

唯「あっ、もうないや……私の笠あげるね」

唯は自分が被っていた笠を純の頭に乗せました。

唯「はっ、もう一体いた……」

唯「うーん。私の手ぬぐいあるけど、これは憂が作ってくれたものだし……」

唯「うん。帰ろう!」

唯「うんたん♪うんたん♪」

さわ子「」

さわ子(……酷い)シクシク


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 21:43:57.80 ID:XbB6gwh+O

唯は家路につくと早速、憂に地蔵の話をしました。

憂「お姉ちゃん、優しいね」ニコッ

唯「てへへ」

憂「もしかしたら、恩返しに来るかもね」

唯「だったらいいなー」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 21:45:28.28 ID:XbB6gwh+O

一方、峠では

律「よーし、笠のお礼をしにいくぞー」

澪「あぁ、あの人には感謝だな」

和「そうね」

紬「私、誰かにお礼するのが夢だったのー」

梓「やってやるです!」

純「あれ、誰かいない」

さわ子「なんで、なんで私にだけ笠がないのよ!」シクシク

律「泣くなよ、さわちゃん」ポンポン

さわ子「泣きたいわよ!」

紬「あらあら」

梓「やってやるです!」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 21:48:18.90 ID:XbB6gwh+O

地蔵一行は、籠にありったけの食材を詰めて、唯の家の前までやって来ました。

律「よし、じゃあ家の人に会うか?」

澪「いやいや、私達は地蔵だぞ。家の人が見たら卒倒するぞ」

和「じゃあ、手紙でも書いとく?」

紬「それいいかもー」

純「私、紙とペンあり……」

さわ子「おらー!出て来いやー、サツガイすんぞコラァー!」ドンドン

律「さわちゃん!!」

梓「やってやるです!」ドンドン

純「あずさー!!」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 21:54:20.74 ID:XbB6gwh+O

澪「おい!あんまり騒ぐと……」

憂「どなたですかー?」

和「まずいわ。隠れましょ!」スタコラピー

ガタッ

憂「誰も……いないね。風の音かな?」

バタン

律「ふぅー。さわちゃん、頼むから静かに」

さわ子「ぶーぶー」

純「ほら梓、あんたも」

梓「……」シュン

紬「は、早く書きましょ」アタフタ

律「だな」

澪「あぁ」

地蔵達は各々、唯への感謝の気持ちを一言、手紙に書いた。

律「よし、これで籠を置いて……完了だ」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 21:57:05.48 ID:XbB6gwh+O

和「それじゃ、帰りましょうか」

澪「そうだな」

律「帰るか」

紬「よいお年を」

純「風邪引かないでね」バイバイ

梓「……」

さわ子「なんか、納得いかないわ」

律「えっ?」

さわ子「やっぱり出て来いやー!!」ドンドン

律「ひぃー、さわちゃん!!」

梓「こんなんじゃダメです!」ドンドン

純「このバカタレー!!」

バンッ!


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 22:05:11.64 ID:XbB6gwh+O

憂「やかましいわ!サツガイしたろかコラァー!!」

一同「ひっ!」ビクッ

憂「さっきから何、人んちの戸、叩きまくっとるんや?」

憂「地蔵風情が舐めたらアカンで!」

律「あわわわわわ」ガクブル

憂「なんやったらあんたらの首、半分だけ回したろか!?」クイッ

一同「す、すいませんでしたー」スタコラピー

憂「ほんま、最近の地蔵はアカンなー。あら、ヤキいれたらな……」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 22:10:19.05 ID:XbB6gwh+O

唯「憂ー、どうしたの?」

憂「あっ、あのね。お地蔵様が来てたみたいだけど……」

憂「私を見たら驚いて帰っちゃった」テヘッ

唯「えー、いいなー。私も見たかったなー」

憂「ご、ごめんねー。次来たら、一緒に見ようね」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 22:14:43.82 ID:XbB6gwh+O

唯「あっ、その籠は何かな?」

憂「これ……うわぁ」

唯「食材だよ!これだけあれば、年を越せるよ」

憂「やっぱり、お姉ちゃんが良い事したからだね」

唯「いやー、それほどでもぉ」

憂「あっ、手紙があるよ。お地蔵様のかな?」

唯「きっとそうだよ」

唯「ねぇ、読んでみようよ!」

憂「そうだね!」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 22:19:39.55 ID:XbB6gwh+O

律『笠、ありがとな!これで風邪を引かずに済むぜ』

澪『頭が冷えてたので助かりました』

和『ありがとう、良いお年を』

紬『百合はいいですよー』

純『もっと目立ちたい!』

憂「うーん。上三つは理解できるけど、下二つは……」

唯「まだ続きがあるよ」

憂「うん」

さわ子『テメェーのヴァージン奪ったろか!』

梓『奪ってやるです!』

憂「……」ピキッ

唯「どういう意味だろう?」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 22:26:14.66 ID:XbB6gwh+O

憂「た、多分!ありがとうの最終形態じゃないかな!?」

唯「そうかー、感謝されてるんだー」ニンマリ

憂(勘違いするお姉ちゃんかわいい!)

憂「じゃあ明日、私がお地蔵様の所に行くね」

唯「何しに行くの?」

憂「(制裁的な意味での)お礼だよ」

唯「私も行くー」

憂「お姉ちゃん、起きれないよね」

唯「起きれるもん!」プンプン

憂「はいはい」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 22:31:17.65 ID:XbB6gwh+O

唯「じゃあ憂、明日の為に早く寝よう!」

憂「そうだね、お姉ちゃん」

唯「じゃあ、おやすみー」

憂「おやすみ、お姉ちゃん」

こうして、二人は眠りにつきました。

そして、憂は唯より早く起きて外に出た。

憂(お姉ちゃん。悪い地蔵は、私がやっつけるからね)

早朝、峠から謎の悲鳴が響き渡ったが、唯は何も知らない。

オブツハ、ショウドクダー!

ギャー!

ヤッテヤルデスゥー!

唯「んー、むにゃむにゃ……えへへ」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 22:37:15.26 ID:XbB6gwh+O

とみ「おや、今日は左端のお地蔵様(さわ子)の姿がないわねぇ」

とみ「それに、みんな表情が強張って……あら、右から5番目(梓)のお地蔵様は、首がみんなと違って半回転してるわ」

とみ「不思議な事もあるものね」

とみ「もしかしたら朝の悲鳴、あれは鬼が何かやったんだわ」

とみ「唯ちゃんと憂ちゃんにも注意しときましょう」

尚、この事は鬼の仕業と言う事で丸く収まった。
もちろん、とみは憂が犯人だという事は知りません。

ちなみに、さわ子は未だに発見されていない模様。

~笠地蔵編・終~


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 22:51:43.58 ID:XbB6gwh+O

~かぐや姫~

むかしむかし、竹取りの唯という人がいました。

唯「ロッカーはいつだってね “今”やんちゃ盛り♪」

ある日、唯は金色に輝く竹を見つけました。

唯「何かな?よし、切っちゃえ」スパッ

切り取った竹の中を見た唯は驚きました。
なんと、小さな女の子がいました。

?「おんぎゃー」

唯「うわー、どうしよう」アセアセ

唯「そうだ!憂に相談しよう」

子供を連れ帰って来た唯の姿を見て、憂は卒倒した。


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 22:53:49.42 ID:XbB6gwh+O

月日は流れました。

二人は子供に「律」と名付けました。

律は異常なまでに早い成長を遂げていました。(胸以外)

唯「りっちゃん。可愛いね」ダキッ

律「よせやい」

唯「頭、撫でてあげる」ナデナデ

律「や、やめろ!」バッ

憂「やめなよ、お姉ちゃん」

律「そうだよ」

唯「ぶー」

三人の生活は楽しい事だらけでした。

何不自由なく、ただ時間だけが過ぎて行くだけでした。


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 22:54:49.55 ID:4zefUC/f0

(胸以外)
泣ける

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 22:56:33.31 ID:XbB6gwh+O

そんなある日の事、平沢家に可愛い娘がいるという噂を聞き付けた、五人の若者が唯の家にやって来ました。

なんでも、律を嫁に欲しいらしい。

和「律を私にくれるかしら?」メガネ、クイッ

紬「りっちゃんを嫁に貰うのが夢だったのー」

梓「何言ってるんですかー。律先輩は私のです」

純「よく分かりませんが、来ました」

憂「じゃあ、純ちゃんは用無しだね」ニコッ

純(さりげなく酷い)シクシク

澪「おい、律は誰のモノでもない。私だけのモノだ!」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:03:13.15 ID:XbB6gwh+O

律「いや、お前のモノでも……」

和「何言ってるのかしら?律は私の嫁になるのよ」メガネ、キラーン

紬「わ、私のよー!」

梓「私のです。あと、唯先輩も欲しいです///」モジモジ

憂「おい中野。ちょっと表出ろや」ガシッ

梓「な、何すんの!はっ、離せー!無礼だぞ!!」ズリズリ、ジタバタ

憂「お姉ちゃんを欲しいと言うだけで無礼極まりないよ!本来なら切腹モノだよ!!」

梓「私は中野家の娘だぞ!天皇家直属だぞ」

憂「お姉ちゃんの前で自分の家の家柄なんて、トイレットペーパーと同じだよ!!」グイッ

梓「うわーん!!」バタバタ


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:05:13.84 ID:XbB6gwh+O

律「なんか、憂ちゃん怖かったな」

唯「そうかなー」

澪「律!」バッ

律「うわっ!」

澪「律、お前は私のモノだ。さぁ、私の家に帰ろう」

和「何やってるの!?」

紬「ずるい澪ちゃん!」

澪「うるさい!律は誰にもやらん!!」

律「私はモノじゃねぇー!」

唯「りっちゃん、モテモテだね」

律「あのなー!」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:08:13.09 ID:XbB6gwh+O

律「うーん。よし、じゃあ私が欲しいモノを持って来い!」

澪「じゃあ、私は私を献上する!」

律「やかましい!」

和「で、何を持って来ればいいの?」

律「そんなもん。私を嫁にしたいなら、自ずと分かるはずだ」

和「?」

律「感じろ……フォースを感じるんだ!」ゴゴゴッ

紬「はぅー」ハァハァ

澪「りぃつぅー!」ビクン

律「こらー!!」

律「もうなんでも良い!なんか持って来い!!」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:13:48.61 ID:XbB6gwh+O

和「じゃあ私、何か持って来るわ」スタスタ

紬「何かを……ハァハァ……持って……ハァハァ」スタスタ

澪「律。必ず私のモノにしてやる」スタスタ

純「あのー、私は?」

律「ん?用無しなら帰っていいぞ」

純「はい。帰ります」シクシク

唯「りっちゃん、あんなので良かったの?」

律「いいんだよ。ところで憂ちゃんは?」

唯「まだ、表じゃないかなー」

律「ふーん」

その後、梓の悲鳴が響いたのは、言うまでもない。


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:16:38.24 ID:XbB6gwh+O

その日の夜。

律は月を眺めていました。とても綺麗な月です。
が、その表情はどこか寂しそうでした。

唯「りっちゃん、どうしたのかな?」

憂「月ばっかり見てるね」

唯「どうしたんだろうね」

律(はぁー、いつかは言わなくちゃな)

律(ただ、タイミングは大事だよな)

一方、梓は平沢家の門前で正座させられていた。

「私はいけない娘ですぅー」と立て札に書かれ、村人から晒者になっていた。

梓「ごめんなさい」ヒグッ


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:20:47.10 ID:XbB6gwh+O

翌日。

律「よーし。私が欲しいモノを出してくれ」

和「私はこれね」

唯「『女の子らしく生きる方法』だって」

律「ふざけんなー!」ビリビリ

和「ちょっと!」

律「私は女だ!」

和「私の嫁になるなら、女の子らしくしなさい!」

和「今のままじゃ、まるで男ね。なんなら、私が調教という名の矯正を施そうかしら?」

和「律を見てると、いじめたくなるの。泣きそうな顔になると、そそるわー」

紬(SMなのね!)

澪「おい、律に手を出せるのは私だけだ!」

律「やっかましいわ!ほら、次!」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:23:47.02 ID:XbB6gwh+O

紬「これなのー」

唯「『猿でも分かる。百合入門~初級~』だって」

律「なんじゃこりゃー!」ビリビリ

紬「はぅー」

律「確かに今の状況だと同性結婚させられそうだけど!」

紬「だから、百合を勉強して知識を……」

律「お前は自分の眉毛でオナニーでもしてろ!」

紬「じゃあ、そうするわ」ベリッ

紬「ハァハァ、ハァハァ///」

澪「百合だろうがレズだろうが、私が一夜漬けで教えてやる」

律「うっさいわ!ほら、次は澪だぞ!」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:29:03.37 ID:XbB6gwh+O

澪「やっぱり律を一番理解してるのは私だな」

律「ほぉー」

澪「私はこれだ!」

唯「『媚薬』だって」

澪「そうだ。早い話、律は私だけを見てればいい。それで万事解決」

律「なんちゅー、自分勝手な!」

澪「律、さぁ飲め。私の愛が詰まった薬だ」

律「飲まねー!」

澪「なら、飲ませるだけ!」ダッ

律「澪。これじゃあ、レイプみたいじゃねぇか!」バッ

澪「関係あるか!百合もレズもレイプも似た様なものだ!」

澪「赤信号、みんなで渡れば怖くないの精神で問題解決!」ググッ

律「全然違うわボケ!ついでに、みんな撥ねられちまえ!」バッ


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:32:04.42 ID:XbB6gwh+O

?「ねぇ、みんないるー?」

唯「ん?誰だろう」

憂「さぁ?」

和「あ、あなたは!?」

紬「ハァハァ」

澪「み、帝様!」

帝(みかど)とは、偉い人の事らしい。

さわ子「偉いも何も、偉いわよ!あと、エロいけど」エッヘン

律「威張って言う事かよ」

澪「帝様!何故こちらに」

さわ子「いやー、可愛い娘がいるから様子見に来ただけ。あと、梓ちゃんが泣いてたわ」

さわ子「んで、この娘かな?」

唯「ほぇ!」

憂「」ピキッ


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:34:17.08 ID:XbB6gwh+O

さわ子「素材としては良いわね」ジロジロ

唯「///」

律「あのー?」

さわ子「なーに?」

律「可愛い娘は私」ニコッ

さわ子「ごめん。あんたは、ないわ」

律「」ガーン

澪「あぁ、律」

さわ子「よし、この娘を私の嫁にする」

唯「えぇー!」

さわ子「帝様の命令でーす。今日から私の……」

憂「おい」ガシッ

さわ子「えっ?」

さわ子「ひぃっ!」ビクッ


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:38:08.98 ID:XbB6gwh+O

憂「貴様は大罪を犯した。よって、ここに死刑を宣告する」ゴォォー

さわ子「た、大罪!?」ガクブル

憂「お姉ちゃんは神。お姉ちゃんがいるからこそ、世界は存在する。それを貴様は気安く……」ゴォォー

さわ子「ご、ごめんなさい!」

憂「って、嘘ですよ」ニコッ

さわ子「えっ?」

憂「お姉ちゃんの可愛いさは罪ですから。みんな、罪を犯したくて仕方ないんですよ」

さわ子「そ、そうよね」パアァ

憂「だから。表で頭、冷やそうか」ニコッ

さわ子「」ガーン

憂「これで、梓ちゃも寂しくないね」ニコッ

さわ子「」ズルズル


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:41:58.48 ID:XbB6gwh+O

その日の夜。

律はまた、月を眺めていました。


唯「りっちゃん、寂しそうだね」

憂「何かあったのかな?」

澪「あれは、恋だな」

和「間違いないわね」

澪「お前がなんでいる!えっと……わ?」

和「私の名前は『のどか』だ!『わ』とか『なごみ』とか言うな!」

紬「わちゃん」ハァハァ

和「まだオナニーしてるの?腐れ沢庵」

律「なぁ……」

唯「何、りっちゃん」

律「実はさ、言わなければならん事がある」

憂「なんですか?」

律「実は私、月の世界のお姫様なんだよねー」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:44:21.83 ID:XbB6gwh+O

一同「はいー!?」

律「黙ってて悪かった」

和「何を言うかと思えば……」

紬「まさかの」ハァハァ

憂「し、信じられません」

唯「りっちゃん、おかしくなった?」

澪「そ、それでも私は構わないぞ!律がなんであろうと、私のモノに変わりない」

律「あと、明日の晩。月から迎えが来るんだ」

唯「えっ?」

律「明日は満月だ。月と地球が唯一、繋がる日なんだ。だから、帰らなくちゃならないんだ!本当に急ですまん!!」

唯「りっちゃん……」

和「そうなんだ……」

紬「お別れは辛いわね」ハァハァ


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:56:37.12 ID:XbB6gwh+O

憂「帰る場所があるなら、やっぱり帰るべき……」

澪「やだ!」

唯「澪ちゃん?」

澪「律が帰るなんて、こんなんじゃダメだー!」バタバタ

和「我が儘言わない!」

唯「気持ちは分かるけど」

紬「仕方ないかも」ハァハァ

律「澪……すまん」

澪「うわーん!!」バタバタ

その後も、澪は泣き続けたと言う。

平沢家の門前では、梓とさわ子が正座させられたままでした。

梓「……」シュン

さわ子「……」クスン


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:59:48.91 ID:XbB6gwh+O

翌日の夜。とうとう、律が帰る時がやって来ました。

空には綺麗な満月が出ています。

律「澪……」

澪「なんだよー、バカ律ぅー」

律「すまんな」ナデナデ

澪「りつぅー」グスッ

紬「はぁー、律×澪。いや澪×律。もう、どっちでもいいや」ハァハァ

和「あんたは何やってんのよ?」ハァー

紬「わちゃんには分からないわ」

和「『わ』じゃねぇよ!『のどか』だよ!」

律「喧嘩すんなって」ヤレヤレ

憂(何か良い方法はないかな……)


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:05:52.06 ID:XbB6gwh+O

唯「りっちゃん!」

律「唯、ありがとな」

唯「うんうん。私も楽しかったよ」ニコッ

律「ありがとな」ニコッ

憂「うーん」

律「憂ちゃんも、ありがとな」

憂「あっ、はい。いえ、お元気で」

シャランラ、シャランラ♪

澪「な、なんだ?」

律「来たんだよ、迎えが」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:09:28.19 ID:+LTuIs8FO

空から牛車と使者がやって来ました。

風子「姫様、お迎えに来ました」

エリ「元気してますかー」

姫子「やっほー」

いちご「……ふっ」

律「あぁ、私は元気だ」

唯「あれが、月の人」

和「私達と変わらないわね」

紬「そうね」

律「心配かけて悪かった」

エリ「いえいえ。そうだ、姫様に弟が出来ましたよ」

律「なにー、私に弟だと!?」

いちご「……聡」

律「そうか。帰ったら、とりあえず挨拶代わりに……」

澪「律、行かないでくれ!」ダキッ


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:14:21.00 ID:+LTuIs8FO

律「澪?」

澪「律、地球に残って」

律「ごめん。私にも家族があるから」

澪「唯達は家族じゃないのか!?」

律「もちろん家族だ。だけど、産んでくれた親は悲しんでるかもしれない」

澪「確かにそうだけど……」

姫子「『おお娘な。誰だっけ?』って、私達に冗談混じりに言ってたけどね」

エリ「私には『息子最高や!娘なんかいらんかったんやー』とも言ってたよ」

律「」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:20:05.71 ID:+LTuIs8FO

澪「なら律、帰らなくても……」

律「ふざけんな!」

澪「お、おい」

律「とりあえず帰って親殴りに行く!」

唯「りっちゃん!」

律「私の育児カプセルを誤って地球行きの宅配に出す親だぞ。ぶん殴らないと気が済まない!」

和「だからって、暴力はダメよ!」

律「離せコラ!」バタバタ

澪「離すもんか!」ダキッ


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:32:45.77 ID:+LTuIs8FO

風子「そういえば、なんで姫様を誤って宅配に出したんだっけ?」

姫子「確か、なんかのチケットの応募券を出す予定が、間違えて……」

いちご「……AKB」

律「なんだそりゃー!!」

和「AKB。私も以前、オーディションに出たけど、落ちたわ」

律「そんなの、どうでもいいわー!!」バタバタ

澪「律、暴れるな!」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:35:46.20 ID:+LTuIs8FO

唯「憂、どうしよ……」

憂「……」

唯「憂?」

憂「あっ、良い解決方法が浮かんだ」ポン

一同「?」

憂「私達も月に移住すれば良いんだよ」

一同「えっ!?」


さわ子「なんか騒がしいわね」

梓「ほんとです」

ドッカーン!ゴゴゴッ

さわ子「じ、地震!?」

梓「ち、違うです。あれです!!」

梓が指差すその先には、牛車と小型ロケットが月へ向けて飛び立つ瞬間でもありました。


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:43:15.66 ID:+LTuIs8FO

唯「見て、地球だよー」

憂「綺麗だね」

律「にしても、凄い発想だな憂ちゃん」

憂「いえ、こうした方が丸く収まる気がして……」

エリ「牛車の乗り心地はどう?」

唯「うん。快適だよ」

風子「良かった。月まで、ゆっくりして下さいね」

唯・憂「はーい」

エリ「あれ、後方のロケットが月コースからの軌道を……」

唯「あっ、あの二人忘れた……まっ、いいや」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:44:34.27 ID:+LTuIs8FO

澪「狭すぎるだろ。このロケット」

姫子「仕方ないじゃない。緊急用のロケットなんだし」

澪「てか、なんで唯と憂ちゃんは律と同じ牛車なんだよ」

和「あみだくじだから、仕方ないでしょ」

いちご「……狭い」

紬「狭い空間で五人が……」ハァハァ

和「あんたね」

紬「なーに、なごみちゃん?」

和「『なごみ』じゃねぇよ!『のどか』だよ!落とすぞ」

姫子「あぁ、暴れれんな!」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:53:03.44 ID:+LTuIs8FO

エリ『姫ちゃーん。軌道からずれてるよ』

姫子「えっ、やばっ!」

和「な、何!?」

姫子「あんたらが騒ぐから、月コースの軌道から外れ始めてる」

澪「な、なんだって!?」

いちご「……」

姫子「修正可能だから、心配しないで」

澪「良かった」ホッ

その後、軌道修正したはずのロケットは、火星に不時着したらしい。


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:55:20.62 ID:+LTuIs8FO

それから月日は流れた。

今、一人の男が月に降り立とうとしていた。

男「ここが月。ようやく、来れた。長い年月の結晶……」

姫子「ようこそ、月へ」パーン

男「な、なんだ!?」

姫子「あなたは、私達以外で月に降り立った人類第一号です」

エリ「記念品に、この石を差し上げます」

男「えっ?」

律「おーい、どうしたー?」

姫子「地球からお客さんだよ」

律「なんだ。つか、その服脱いだら?」

男(宇宙服なし、だと……)

唯「りっちゃーん」

澪「律ぅー」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:58:45.15 ID:+LTuIs8FO

男(な、ここは月なんだよな!?なんで、人間が!?)

和「月に人が来るなんて」

紬「珍しいわねー」

男「えっと、君達は……つか、宇宙服は?」

憂「そんなのなくても平気ですよ」ニコッ

男「」

男(そうだ……これは夢だ。宇宙服もなしに人間が……)

男(多分。厳しい訓練で疲れて……今頃、僕は自分の部屋で寝てるはず)

男(なら、こんな夢から覚めなくちゃ!)

男「じゃあ、僕は夢から覚めます!あなた達の事は、見なかった事にします」ダッ

男「お母さーん!僕は今から、地球に帰還しまーす」

ロケット、ファイヤー!

律「帰っちまったよ」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:01:33.70 ID:+LTuIs8FO

澪「律、律、律ぅー」スリスリ、チュッチュッ

律「うぜぇー、やめろ澪!」

澪「なんだとー!?」

和「見てられないわ」

唯「そうだね」

律と澪は結婚してませんが、毎日、ラブラブです。

それでも、唯達は何不自由なく、仲良くみんなと月で暮らしています。

また、エリが男に渡した石が「月の石」として大阪万博で人気を博した事は有名な話である。

~かぐや姫編・終~


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:18:06.32 ID:+LTuIs8FO

~一休さん~

むかしむかし、ある所に和と言う、とんちで評判の小僧さんがいました。

そんなある日、和の評判を聞き付けた将軍が、城に和を招き入れました。

和「真鍋和です」

?「来ましたね。さぁ、入るがよい」

和「あら、あなたが将軍なのね」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:22:46.00 ID:+LTuIs8FO

梓「そうなのです。私が将軍なのです!!」

梓「わっはっはー」

和「そう。じゃあ、帰るわね」スタスタ

梓「ま、待って下さい!」

和「あら、まだ何か?」

梓「用があるから呼んだんです!」

和「なら、早くしなさい」メガネ、クイッ

梓(ちっ、後で叩き斬ってやる!)

梓「コホン!えー、これはなんだと思いますか?」

和「そうね……猫の絵が描かれている屏風ね」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:24:57.59 ID:+LTuIs8FO

梓「うむ。その通り」

梓「実を言うと、夜になると猫がこの屏風から飛び出して来て、悪さをします」

梓「なので、私は猫を懲らしめたいと思うのですが、いつも良い所で逃げられます!」グッ

和(何言ってるのかしらね)

梓「だから!」バンッ

梓「猫を捕まえて欲しい!」

和「はぁ」

梓「もちろん。捕まえたら褒美は出します!」

和(てか、屏風から猫なんて、どう考えても有り得ないけど……)

和(このままだと、帰れそうもないわね)


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:27:53.78 ID:+LTuIs8FO

和「分かりました。その件、引き受けます」

梓「本当ですか!」パアァ

和「えぇ、でもちょっと待ってね」ペロ、クルクル

ポクポクポク、チーン♪

和「そうね。まず、檻を用意してくれるかしら」

梓「檻を持ってくるです!」

和「それで、一晩待ってくれる?」

和「明日には、檻に屏風の猫が捕まっているはずよ」

梓「ま、待ってやるです!」

和(まっ、どう足掻いても屏風から猫なんか出ないんだけどね)


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:30:57.36 ID:+LTuIs8FO

翌日

梓「んでんでんで~ にゃ~んで♪」

バンッ

梓「さぁ、捕まえた猫ちゃんはどこですか~」

和「あら、猫なら屏風にいるわよ」

梓「え~!捕まえたんじゃないですか!?」

和「屏風という名の檻にね」

梓「それじゃダメです!ちゃんと外に出た状態じゃないと」

和「あのね、屏風から猫が出るなんて、常識で考えても有り得ないわ」

梓「とんちで屏風から猫くらい……」

和「私はドラえもんじゃないのよ。そんなの無理ね」

梓「のび太のくせに……」ボソッ


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:36:23.85 ID:+LTuIs8FO

和「のび太でも構わないわ。所詮、私は眼鏡キャラだから」

梓「……」ウルウル

和「じゃあ私、帰るわね」スタスタ

梓「こ……こ……」ウルウル

和「?」

梓「こんなんじゃダメですー!」バタバタ

和「な、何よ急に!」

梓「だって、和先輩のとんちで、屏風の猫ちゃん外に出したかったんだもん!!」ジタバタ

和「無理言わない!とんちは不可能を可能にするものじゃないわ!!」

梓「だって、猫ちゃん飼いたいもん!あずにゃん2号、飼いたいもん!!うわーん!!」バタバタ


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:38:52.74 ID:+LTuIs8FO

和「あー、この娘は!?あんたは我が儘娘か!」

梓「うっさいです!褒美はやらないです!切腹しろです!眼鏡割ってやるです!!」バタバタ

和「目茶苦茶だわ……この国、終わったかも」

梓「私の命令は絶対ですー!さっさと、腹切れぇー!!うわーん!!!!」バタバタ

和「困ったわね……」ペロ、クルクル

ポクポクポク、チーン♪


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:40:56.60 ID:+LTuIs8FO

和「ちょっと待ってなさい!」

しばらくして、

和「ほら、猫よ。これでいいでしょ」

梓「わー!!猫だ、あずにゃん2号だ」パアァ

2号「にゃ、にゃあ?」

梓「わーい、わーい」

和「まるで子供ね……」フー

和(まっ、適当に軒先に居た猫を捕まえただけなんだけど……)

梓「あずにゃん2号、今日から私が飼い主だよ!」

2号「にゃーん」

和「まっ、いっか」

その頃、

純「おーい、何処行ったのー」

純「……」グゥ

純「……お腹空いた」


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:46:32.27 ID:5BHiywOp0

この梓はかわいいな

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:52:15.97 ID:+LTuIs8FO

~~~

ある日、和は同じ小僧の唯と律と一緒に寺の掃除をしていました。すると、近所のおかみさんがやって来ました。

紬「ぼた餅作ったの、みんなで食べてね」ニコッ

唯「わーい」

律「いっただきまーす!」

和「じゃあ、いただく……」

ボキッ

唯&律「かってぇー!!」

和「な、何!?」

唯「か、固いよ、このぼた餅」

律「あー!これ、ぼた餅じゃなくて石じゃん」

和「嘘……あら、ほんとだわ」

律「おいコラ、テメェー!」

唯「ひどいよー」


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:54:27.91 ID:+LTuIs8FO

紬「私、人を騙すのが夢だったの」

ボンッ

唯「あっ、狐だ!」

紬「捕まえてごら~ん」コーンッ

律「な、舐めやがって」グギギ

和「狐に化かされるとは……」

律「とりあえず、奴を捕まえて締め上げる!行くぞ、唯!!」

唯「合点だよ、りっちゃん!」グッ

狐の捜索を始める三人でしたが、狐を見つけることは、出来ませんでした。

律「ちくしょー!何処行った」

和「もう逃げたんじゃない」

律「くそっ!!」


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:56:13.94 ID:+LTuIs8FO

さわ子「ちょっとみんな、大変よ!」

和「あら、和尚様だわ」

律「なんだよ、さわちゃん!」

さわ子「大変よ、本堂の仏像が増えたのよ!」

律「仏像が?」

和「どう言う事かしら?」

さわ子「とにかく、本堂に来て!」

さわ子に言われるがまま、三人は本堂に行きました。
するとそこには、本来なら一体しかない仏像が二体ありました。

和「これはまた……」

唯「私が本堂を掃除した時は一体しかなかったよ」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:58:10.67 ID:+LTuIs8FO

さわ子「あんた達、何かした?」

律「してないし。つか、狐を追って……」

律「分かった!どっちかは狐が化けてるんだ」

唯「そうなの?」

律「唯が掃除してる時は一体しか仏像はなかったんだろ?」

律「それに、仏像を一人で運ぶのは私達では無理だ。更に言うと、あの仏像と瓜二つの仏像があるのは、絶対に有り得ない!」ビシッ

紬(しまった。この仏像はこの世に一つとない仏像なのね!?)


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 02:01:12.91 ID:+LTuIs8FO

さわ子「そりゃ、各パーツを中古市で適当に見つけて、適当に組み立てたから、あんな仏像他にはないけど」

和「それに、あの仏像の顔、何回変わった事か」

唯「だって、あれの方が可愛いんだもん」

紬(……いつか仏罰が下るわね)

律「なら話は早い。ぶっ壊してやる!」

和「律、待ちなさい。壊したら、また掃除しなきゃならないのよ」

律「大丈夫だって、頭を吹っ飛ばすだけだから」

唯「そうだよ。頭が壊れて力が出ない~」

さわ子「アンパンマンみたいね」


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 02:02:39.88 ID:+LTuIs8FO

律「よーし、早速……」

和「待ちなさい!」グイッ

律「ぐへっ!」

和「なるべく穏便に済ませましょう……唯、仏像に尻尾はあるかしら?」

唯「うんとねー、ないよ」

紬(当たり前じゃない。化けるのは天才的なのよ)フンス

和「そう……なら」ペロ、クルクル

ポクポクポク、チーン♪

和「だったら、こうしましょう……集まってくれるかしら?」

ヒソヒソ、ボソボソ

紬(あら、内緒話)

紬(聞こえないわね)


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 02:09:04.13 ID:+LTuIs8FO

律「なっ///」

唯「えっ///」

和「それでお願いね」

律「いやいや、なんでそうなる!?」

唯「///」

さわ子「面白そうね」

律「面白がるな!」

和「私の言う通りにやれば、必ず上手く行くわ」

律「なんか納得いかないけど……」

和「つべこべ言わず……ほら」

唯「りっちゃん、よろしくね」

律「あ、あぁ」

紬(あら、何か始まるようね)

紬(何かしら)ワクワク


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 02:13:22.27 ID:+LTuIs8FO

律「唯、前からお前の事が好きだったんだ!」

紬(!!)

唯「でも、りっちゃんには澪ちゃんが///」

律「澪の事はどうでもいいんだよ!あれはただのホルスタインだ」ダキッ

唯「り、りっちゃん///」

律「ほら、身体は正直じゃねぇか」サワサワ

唯「や、やめてよー」

紬(な、なんという展開でしょうか!?)


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 02:17:28.98 ID:+LTuIs8FO

律「唯、いいだろ!もう我慢出来ない!!」

唯「でも、仏様の前だよ。罰が当たるよ」

律「私達の愛に、仏もクソもあるか!あんなのな、ただの置物なんだよ!!」バンッ

唯「お、押し倒すなんて!!」

律「おっと、もっとソフトが良かったか?」

唯「い、いや!その」

律「じゃあ、行くぜ。私はもう、止まれない」

唯「澪ちゃん、ごめんなさい」ポロポロ

紬「キマシタワー!!」

ボンッ

律「あー、正体見せやがったな!」

紬「正体なんかどうでもいいの!」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 02:19:49.56 ID:+LTuIs8FO

紬「やるのね、やるのね!つか、はよやれやデコ!!」

律「何言ってんだ!」ポカッ

紬「はぅ!」

律「よし唯、縛り上げろ!」

唯「おっけー、りっちゃん!」

紬「あぁ、縛りプレイなのね」ハァハァ

律「変な事言うな」

和「成功したみたいね」

さわ子「あんた達、アドリブで良くやるわね。見てるこっちが恥ずかしいわ」

律「いやー、なんとなく」アハハ

唯「もう少しで貞操が///」

律「奪わねぇよ」ポカッ

唯「はぅ!」


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 02:23:14.30 ID:+LTuIs8FO

さわ子「それにしても、よく思い付いたわね」

和「この狐は『ムギツネ』と言う珍種で、女の子同士の絡みに反応するって、文献で読んだ事があります」

和「と言っても、ムギツネという確証はなく、思い切って博打に出ただけなんだけど」

律「とんちじゃねぇじゃん」

和「律、人間は常に博打をしながら生きてるものよ」

律「そういうもんなのかねぇー」

和「それに、律の本性が垣間見たのには驚きだわ」

律「うっせぇー」

和「まっ、もしダメだったら、普通にぶっ壊してたけどね」


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 02:27:02.24 ID:+LTuIs8FO

律「だったら、最初から私の案で良かったじゃん。何も唯との絡みを披露しなくても」

和「それはそれ、これはこれ。分かった?」

唯「はーい」

律「なんか上手く丸め込まれたような……」

和「さて、あなたはどうする?」

紬「律×唯」ハァハァ

和「ダメね。後で山に捨てに行きましょう」

紬「百合はええのー」ハァハァ

唯「和ちゃん、お腹空いたー」

和「そうね。もうすぐ夕飯時だから、ご飯にしましょう」

さわ子「あっ、ご飯炊くの忘れてたわ」


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 02:28:53.87 ID:+LTuIs8FO

律「よーし、今日は外食だー!」

唯「おー!」

和「いいのかしら?」

さわ子「いいのよ、めんどーだし」

和「はぁ」

紬「ご飯はおかず」ハァハァ

こうして、一騒動は終幕した。

澪(私も狐に化かされて、律と××したい!)

澪(あと、ホルスタインって///)サワサワ

憂(お姉ちゃん……)

ちなみに、紬は山に捨てられた。

純「おーい、猫!」

純「もう何日も帰らないとか……」

純「……」グゥ

純「お腹空いた」


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 02:51:02.85 ID:+LTuIs8FO

~~~

ある日、和尚のさわ子は小さな容器を大切そうに持っていました。

その様子を小僧の唯と律は目撃しました。

律「なぁ、あれなんだと思う?」

唯「なんだろ」

律「答えはな、水飴だ」

唯「水飴!」

律「あぁ、さわちゃんは水飴を一人占めする気だぜ」

唯「えー、ずるくない!?」


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 02:55:17.35 ID:+LTuIs8FO

律「だよな。よし、問い詰めよう」

律「おい、さわちゃん!」

さわ子「何?」

律「私達に隠し事ないか?」

さわ子「はぁ?あるワケないでしょ」

律「やっかましい!こちとら、ネタはあがってるんだよ」バンッ

さわ子「えっ、えぇ?」

唯「さわちゃんさ。あの容器だよ」

さわ子「容器……あぁ、あれね。あれがどうしたの?」


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 02:59:43.84 ID:+LTuIs8FO

律「あれを一人占めする気だろ?」

さわ子「はぁ?」

律「大丈夫。和には黙っててやるよ」

さわ子「?」

律「だからよ、その中身を私達にも分けてくれないか?」

さわ子「分けてって、ダメよ。後で必要なんだから」

律「それを今、私達が必要としている!」

さわ子「ワケ分かんないわね。あっ、これから秋山屋さんの所に行かなきゃ」

律「逃げんのか!?」


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 03:05:45.77 ID:+LTuIs8FO

さわ子「逃げないわよ。じゃあ、私行くからね」

唯「さわちゃん!」

さわ子「それと、容器の中身は勝手に出さないでね。後で処理が面倒だから」スタスタ

律「行っちまいやがった……でも、処理が面倒って事は」

唯「水飴だね。あれ、ベタベタしてるもん」

律「そーゆー事だ。容器はさわちゃんの部屋だ」

唯「取りに行こう!」ダッ


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 03:10:09.14 ID:+LTuIs8FO

二人はさわ子の言い付けを破りました。

律「へっへーん。水飴、ご開帳~」カパッ

唯「うわっ、なんか臭うよ」

律「あれだろ。きっと高級品なんだろ」

唯「あぁ、果物の王様も臭いもんね」

律「それと同じ理屈だ。よーし、出すぞ」

ドロ~リ

律「見てみ、この透明さ」

唯「間違いなく水飴だね」

律「よし、分けるぞー」


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 03:13:19.00 ID:+LTuIs8FO

律は水飴なるものを均等に分けました。

律「んじゃ、いっただきまーす」パクッ

唯「はむはむ」

律「なんか、微妙だなおい」

唯「うん。良く食べる水飴より、甘くない」

律「きっと、庶民の私達に高級品は理解できないという事か……」

唯「とりあえず、食べちゃおう」

二人は水飴なるものを完全に食べ尽くしました。


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 03:20:28.08 ID:+LTuIs8FO

一方、和は買い物に出かけて、ようやく寺に戻って来ました。

和(はぁ、井戸端会議も疲れるわ)

ガラッ

和(あら、唯と律がいないわね)

和(和尚様は確か、澪の所に行くって……)

和「唯ー、律ー、何処にいるの?」

唯「ここだよ、和ちゃん」

和(あそこは、和尚様の部屋ね)


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 03:25:20.95 ID:+LTuIs8FO

和「何やってるの……って、マジで何やってるの?」

唯「水飴食べてたの」

律「和の分はないけどな」ニシシ

和「別にいいけど……てゆーか、水飴食べて虫歯にならないでよ」

律「歯のケアはばっちり!」

和「ふん。でも、なんか臭うわね」クンクン

唯「高級品の水飴だからだよ」

和「えっ、高級品の水飴って臭いもんなの?」

律「果物の王様が臭いのと、同じ原理だよ」

和(何それ)


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 03:32:58.14 ID:+LTuIs8FO

和「ねぇ、それって本当に水飴なの?」

律「だから、そうだって」

和「なんか変な感覚とかはない?」

唯「そういや、舌がバリバリする」

律「唯もか。私も舌がもバリバリするぞ。いや、パリパリか?それに、舌と歯がたまに引っ付く」

和(バリバリする。引っ付く)

和「あんた達、もしかして……」

さわ子「たっだいまー」


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 03:36:46.41 ID:+LTuIs8FO

律「やべっ、さわちゃんだ」

唯「ど、どうしよう!」

律「和!ここは、いつものアレで」

和「えぇ!?」

唯「お願い、和ちゃん」ウルウル

和「あーもう、仕方ない!」ペロ、クルクル

ポクポクポク、チ~ン♪


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 03:41:23.72 ID:+LTuIs8FO

和「これだ!」ダッ

律「お、おい!それって、さわちゃんの大事な壺」

唯「ど、どうするの?」

和「こうする。ふん!」ガシャーン

律「あー、さわちゃんの大事な壺を割りやがった!」

唯「和ちゃん!!」

和「いいから。あんたらは、泣く準備でもしてなさい!」

律「なんで?」

さわ子「ちょっと、何よ今の音!!」

和「いいから、ふんっ!!」ガツン


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 03:45:27.91 ID:+LTuIs8FO

唯・律「あんぎゃー!!」

律「み、澪のより痛い!」

唯「うぅー」

和「いい、泣いてなさいよ!」

さわ子「一体、何事……って、これは?」

さわ子が見たのは、自分の大切な壺が無残に割れ、唯と律が号泣し、和が容器の中身を舐めている光景でした。

和(正確には、舐めるフリね)


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 03:50:27.49 ID:+LTuIs8FO

律「うわーん」バタバタ

唯「うぇーん!!」

さわ子「これは一体……」

和「申し訳ありません。和尚様」

和「和尚様が大事にしてる壺を私達の不注意で割ってしまいました」

さわ子「えっ?」

和「なので、私は和尚様の謝罪の意味を込め、死のうと容器の中身を舐めてますが、死ねません」グスッ

さわ子「えっと……」

和(容器の中身で死ねりゃ、苦労しないわね)


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 04:05:55.62 ID:+LTuIs8FO

唯「さわちゃん、ごめんなさい!」

律「私達、死んで詫びるから!」

和(少し、大袈裟過ぎるかしら)

さわ子「バカね。あんた達」ニコッ

さわ子「あんな壺、あんた達の命と比べたら屁でもないわ」

和(おや?)

さわ子「いい、壺はまた買えばいいの。でも、あんた達の命は買えないのよ。いくらお金を出しても買えないの」

さわ子「だから、軽々しく死ぬとか言っちゃダメよ」


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 04:12:26.37 ID:+LTuIs8FO

さわ子「いい?」ナデナデ

律「私達を……許してくれるのか?」

さわ子「許すも何も、今の私は和尚です。そして、小僧である三人は、私にとっては大切な娘も同然です」

唯「さ、さわちゃ~ん」ポロポロ

さわ子「ほら、みんなおいで」バッ

唯・律「さわちゃん!」ダキッ

唯・律「うわーん」

和(なんか、予想外な展開ね)ポリポリ


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 04:17:37.39 ID:+LTuIs8FO

さわ子「和ちゃん。あなたもどう?」

和「えっと///」ポリポリ

和「キャラに合わないというか……」

さわ子「今日くらい、いいんじゃない?」

和「……では、お言葉に甘えます」ダキッ

和(こういうのも、ありよね)

和はしばしの間、さわ子に甘えた。

普段、甘えるようなキャラでない和にとって、それはとても新鮮な気分だった。


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 04:23:20.90 ID:+LTuIs8FO

さわ子「ところで、何を舐めてたの?」

和「和尚様が持っていた容器の中身です」

さわ子「あぁ、りっちゃんが欲しがってたやつね」

律「てへへ」

さわ子「でも、あれで死ねるもんなの?」

和(まずい)

律「ま、まぁ……いいじゃんか!」

唯「そ、そうだよ!」

さわ子「ふーん。あぁ、そうそう。りっちゃんの為に、あれ買って来たわよ」

律「あれ?」


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 04:32:55.38 ID:+LTuIs8FO

さわ子「もう、りっちゃん欲しがってたじゃない」

律「あぁ、あれね」アセアセ

さわ子「今日、澪ちゃんの所に行ったから、ついでに買っておいたわよ」


さわ子「とんちゃん印の水糊・工作用」


唯・律「へっ?」

さわ子「その容器にあったやつよりも、臭いは数倍キツいけどね。これが欲しかったんでしょ。でも、臭いでラリっちゃダメよ」

律「み、みず……のり?」

唯「み、水飴じゃないの?」

和(あちゃー)


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 04:39:18.05 ID:+LTuIs8FO

さわ子「水飴って?」

唯「だ、だって……りっちゃんが」

律「あれ、水飴じゃ……ないの?」

さわ子「はぁ?そんなの、一言も言ってないわよ」

律「えっと……つまり?」

和「早い話が、律のはやとちりね。ただ、あの臭いで糊なのは把握してたけど、和尚様が帰って来て、言ってる暇が」

律「ゆ、ゆい~」スタスタ

唯「り、りっちゃ~ん」スタスタ

さわ子「おい、何処に行く気だ」


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 04:52:37.82 ID:+LTuIs8FO

律「ちょ、ちょっと」ガクブル

唯「ト、トイレ」ガクブル

ガシッ

さわ子「テメェらに使わすトイレは……ウチにはねぇんだよ!!」

唯・律「ひぇー!!」

その後、二人はさわ子同伴で病院に行った。

糊を落とすのに時間が掛かった。

医者はなんとか、糊を落とすのに成功し、口内やら食道やらを洗浄した。

そして、やっぱり二人にさわ子の雷は落ちた。
壺の件より、さわ子の服に糊が付いたのが許せなかったそうで、修行の意味も込め、外国に飛ばされた。


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 05:09:08.33 ID:+LTuIs8FO

梓母「梓、早く寝なさい」

梓「はーい。一緒に寝ようね、あずにゃん2号」ナデナデ

2号「にゃーん」

梓「くぅー、可愛いです!やっぱり猫ちゃん最高です!」ダキッ

2号「にゃ、にゃーあ」

梓「将軍は、偉大なのです!」

梓「わっはっはー」



紬(梓×2号……需要がないわね)


125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 05:34:48.92 ID:+LTuIs8FO

~~~

ある日、和と唯と律の三人は町に来ていた。

律「もう修行はやだ」

和「何やったのよ」

律「あん?トロッコに乗った。そんで吐きそうになった」

和「はぁ?」

唯「あと、釣り橋から落ちてワニに食べられる人を見た」

律「あの先生、非常識だらけだったなー」

唯「でも、あの人にとっては常識らしいよ」

和「あんた達、それ修行なの?」


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 05:47:11.40 ID:+LTuIs8FO

律「そうじゃね?まぁ、澪の土産話には丁度いいだろう」

唯「だねー」

和「ふむ」

本日、三人は律の幼馴染み、秋山屋の娘・澪に招待されました。

なんでも、律が構ってくれなくて寂しいそうです。

それもそのはず、律は唯と共に修行に出ていたからなのです。


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 05:49:32.03 ID:+LTuIs8FO

しかし、ここである問題が発生しました。

秋山屋の手前に木製の橋がありますが、橋に立て札が立てられていました。

唯「この橋、渡るべからず……だって」

和「あら、この橋は渡れないって事ね」

唯「じゃあ、回り道する?」

律「めんどいなー、隣りの橋まで一キロは離れてるぞ」

和「面倒な土地ね」

律「トロッコがあればなー」

和「あるワケないでしょ」


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 05:53:19.62 ID:+LTuIs8FO

秋山屋は、材木問屋である。

その秋山屋では

梓「私が将軍なのです!わっはっはー」

澪「はいはい。騒ぐなら帰れ」

梓「酷くないですか?私は将軍ですよ。今日は材木を買いに来たんですよ」

澪「気のせいだよ。将軍様は疲れてるんだ」

梓「酷いよねー、あずにゃん2号」

2号「にゃー」

梓「あずにゃん2号が酷いと言ってます。切腹しろです!」

澪「たい焼き食べるか?」

梓「食べるです、さっさと寄越すです!!」バッ

澪(はー、律と××したい)


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 05:56:42.36 ID:+LTuIs8FO

和達はと言うと、

律「なぁ和、何とかして渡る方法ないのか?トロッコないし」

和「隣りの橋まで行くしかないわね。いい加減、トロッコから離れなさい」

律「えー、それじゃあ時間掛かるよ。ここは、和のとんちで」

唯「和ちゃん、お願い」

和「もう……まぁ、澪を待たせるのも悪いわね」

和「仕方ない」ペロ、クルクル

ポクポクポク、チーン♪

和「そうね。橋を渡るべからず……橋の『端』を通らなければいい」

和「つまり、橋の『中央』を渡ればいいわ」


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 05:59:31.98 ID:+LTuIs8FO

律「よーし、じゃあお先にー」ダッ

唯「あっ、りっちゃん!」

律「へっへーん……うぉっ!」ズボッ

ザブーン!

唯「あっ、りっちゃんが落ちた!」

和「これはまた……」

憂「あーあ、まだ橋の工事の途中なのにー」

そこに現れたのは、唯の妹の憂。
大工である。

唯「あっ、憂」

憂「お姉ちゃん、和さん。こんにちわ」

和「あら、工事中だったの?」

憂「はい。立て札を立てたのですが……」

律「おいコラ!工事中なんて聞いてないぞ」


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 06:02:04.12 ID:+LTuIs8FO

唯「りっちゃんの声がする」

和「浅い川だったのね」

憂「律さんが落ちたのですか……バカですね」

唯・和「……」

律「コラァー!聞こえてるぞ」

憂「うるさいんだよ、デコ!」

律「……」


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 06:07:40.57 ID:+LTuIs8FO

憂「全く……立て札も読めないとは」

律「いや、だって和が……」

憂「それに、お姉ちゃんの貞操まで奪おうとして!」

律「それも和が……」

憂「人のせいにしちゃいけません。めっ!!」グッ

律「うわーん、ごめんなさーい!」
憂「お姉ちゃんに糊を食べさせた事、私は許しませんからね!」

律「うわーん!!」

和「……」

唯「の、和ちゃん……」


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 06:08:51.88 ID:+LTuIs8FO

和「唯、人間は常に博打をしながら生きてるものって、以前、言ったわよね」

唯「う、うん」

和「今回、律は博打を打って大失敗した。ただ、それだけよ。もちろん、それ以上も以下もないわ」

唯(つっこむべきかなぁ?)

和「じゃあ、隣りの橋まで歩きましょう」

唯「えっ、りっちゃんは?」

和「あのまま、川を真っ直ぐ歩いた方が近いでしょ」

唯「う、うん」

憂「めっ!」グッ

律「うわーん!!不幸だー!!!!」


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 06:11:46.71 ID:+LTuIs8FO

和「唯、今回は『急がば回れ』の教訓よ。覚えておきなさい」

唯(どっからそんな言葉が出たんだろう)

和「返事は?」

唯「は、はい!」

和「そう。じゃあ、行きましょ」

唯(逆らったら、負けだね)

その後、秋山屋に唯と和が到着するまで、律は憂の説教を受けたらしい。

純「もう……猫が……何処行ったの」

梓「私が将軍なのです!わっはっはー」

純(いかにもアホそうな将軍だなー)

純(あれが将軍だと、この国に未来はないよね)


136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 06:17:42.71 ID:+LTuIs8FO

純「ウチの猫が、あんなアホ将軍に拾われているワケないか……所詮、アホ将軍だし」

梓「たい焼き、うめぇーです」

澪(律と××したいよぉ)

澪「律ぅー、お前は私のモノだぁー」

純(あの女の人もヤバそうだね)

純「はぁー」

純「……」グゥ

純「お腹空いた」

純「帰ろ」

梓「あずにゃん2号、行くです!」
2号(マジで帰りたいわ。将軍がアホやから、なんもでけへん)

その後、純が猫を見つけ出す事は出来なかった。


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 06:21:12.93 ID:+LTuIs8FO

律「和!」

唯「和ちゃん!」

憂「和さーん!」

和「はーい」

和「何事も慌てないことが重要ね」

和「あと、私の事を『わ』とか『なごみ』って言わないでね」

和「じゃあ私、一休みするわね」

~一休さん編・終~


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 06:21:23.83 ID:+nzL5/uG0

泣いた

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 06:39:35.26 ID:+LTuIs8FO

唯「……これで、私が創作した『おとぎ話!』の発表を終わります」ペコッ

パチパチパチパチ

和(よく出来てたけど、おとぎ話なのかしら?)

律(ツッコミ満載な作品だな、おい。私の扱い酷くね?)

澪(は、恥ずかしい///)

紬(いいですわー。百合最高やわー)

教師「では、平沢さんの作品について、質問はありますか?」

いちご「……」スッ

唯「はい、いちごちゃん!」

いちご「……律は激しいのがお好きなの?あんなに迫られたら……興奮するわね」

律「ぶー!!」

紬「あらあら」

澪(律ぅー)


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 06:41:56.97 ID:+LTuIs8FO

風子「秋山さんの独占欲の強さには……」

唯「大丈夫!みんな、計算済みだから!これが正常ですから!」

律・澪「おい!」ガタッ

エリ「はい!真鍋さんの下の名前が『のどか』だと初めて気付きました!」

和「今頃なの!?」ガタッ

信代「普段、名字で呼ぶし」

アカネ「名簿見た時は、わ?」

しずか「なごみちゃん?」

和「おお、もう……」ガクッ

姫子「お、落ち込まないで、真鍋さん!」

バンッ!


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 06:44:21.98 ID:+LTuIs8FO

教師「あら、山中先生」

さわ子「平沢さん。私の扱い、なんか酷くない?」

唯「そうかなー」
さわ子「酷いわよ!何よ、行方不明とか正座とか!」

さわ子「私を舐めてるワケ?」

教師「山中先生、落ち着いて!」

さわ子「平沢さん!即刻、訂正しなさい。さもないと……」

憂「だったら、なんですか?」

さわ子「!?」

憂「さわ子先生、お姉ちゃんを苛めるんですか?」ゴォォー

さわ子「いや、これはね。ちゃんとした教育の一環で……」

憂「ふーん。そうですか」ニコッ


143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 06:47:11.95 ID:+LTuIs8FO

憂「屋上行きませんか?久しぶりにキレちゃいましたよ」ニコッ

さわ子「」ガシッ

さわ子(私の人生、詰んだわ。さよならお父さん、お母さん)ズルズル

バンッ!

風子「ひ、平沢さんの妹さんを怒らせたら怖い……」ガクブル

いちご「……それが結論ね」

教師「し、質問はこれくらいにしましょう」

教師「平沢さん。あなたの話、とても良かったわ。途中でキャラ崩壊してたけど」

唯「はい!ありがとうございます」


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 07:00:09.95 ID:+LTuIs8FO

教師「ちょっと、エッチな部分もあったけど、まさかあれは……経験済みなの?」

唯「りっちゃんに押し倒された部分だけは実体験で、あとはムギちゃんに教えて貰いました!」

律「おいー!!」バンッ

紬「まあ///」

エリ「そうなんだ!」

律「あっ、いや……」ガシッ

澪「律」

律「ひぃっ!」

澪「どういう意味か説明しろ」ゴォォー

律(や、やばい!)

澪「あと、私がホルスタインだと!?」


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 07:05:03.47 ID:+LTuIs8FO

律「そ、それはだな……」

澪「あぁ!?」ギロッ

律「ゆ、唯に頼まれ……」アセアセ

唯「りっちゃんに押し倒されました!」

律「ゆいー!!」

澪「ふざけんなよ、バカ律!私ですら、お前に押し倒された事ないのに!」

紬「まあまあ」ボタボタ

和「わ……なごみ……ふふっ」

ピンポンパンポーン♪

教師「あら、授業中に放送なんて……」

憂『三年二組の田井中さん。至急、屋上まで来てください』

憂『キレちゃったからよー!さっさと来いやぁー!!』

ブチッ


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 07:09:30.06 ID:+LTuIs8FO

一同「……」

律「おお、もう……」ガクッ

澪「行こうか、律。閻魔様がお待ち兼ねだ」グイッ

律「一番悪いのは唯じゃんか!バカだろ!バカとしか言えねぇー」ズルズル

澪「往生際が悪い!」ゴチン

律「あんぎゃー!!」ズルズル

バンッ!

この後、さわ子と律の処刑の模様は、放送を通じて学校中に流された。

それにより、トラウマになった人がいるとか、いないとか

唯「みんなでお話、作ろうよ!」

~唯「おとぎ話!」・完~


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 07:11:18.01 ID:QULVopMkO

おつかれさん!

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 11:16:07.94 ID:wKR0OBV50

和む

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 14:48:50.96 ID:5BHiywOp0
面白かった




| けいおん!!SS | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ブラストVIP最新記事 Powered By 我RSS

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blastvip.blog74.fc2.com/tb.php/263-7e8bd94c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。