FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

紬「個人面談!」

20100922044658_original.jpg


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:41:13.19 ID:6U37IMNL0

梓「なんです?それ」

律「なんか嫌な予感がするんだが・・・」

紬「もうすぐ卒業だし、最後にみんなと個人面談するのが夢だったの~」

唯「ムギちゃんとふたりっきりでお話するだけだよね?」

紬「うん、基本的にはそうね」

澪「ふむ・・・」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:41:55.03 ID:6U37IMNL0

律「それで、どうするんだー?順番とか」

紬「そうね、じゃあ今からやっちゃおっか」

梓「練習は・・・」

澪「ムギの夢なら仕方ないな」

梓「澪先輩まで!」

紬「じゃあ、まず初めは唯ちゃんね」

唯「わーい」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:43:07.85 ID:6U37IMNL0

紬「そうね、誰も居無さそうな視聴覚室でも借りましょうか」

律「なんでそんな人気の無いところに・・・」

紬「個 人 面 談 だもの~」

律(!!)ビクッ

唯「ムギちゃんとおしゃべり楽しみだー」

澪「いってらっしゃい」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:44:11.76 ID:6U37IMNL0

視聴覚室。

紬「それでは唯ちゃん、そこに座って」

唯「はいっ!」

紬「うーん、唯ちゃんは・・・優秀ね」ナデナデ

唯「ほぇ?///」

紬「成績優秀って事よ」

唯「それほどでも~///」

紬「優秀な唯ちゃんだからこそあえて聞くわ。誰が一番好きなの?」

唯「えっ」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:45:39.14 ID:6U37IMNL0

紬「唯梓、唯澪、唯律、唯憂、唯純、唯和、唯姫、唯さわ、唯紬なんでも有りだものね」

唯「何の話を・・・」

紬「どんなカップリングでも柔軟に対応出来る、そんなのは唯ちゃんだけよ」

唯「えーと・・・」

紬「だから唯ちゃんには特に話す事はないけど、誰が一番好きかくらいは聞いておかないとね」

唯「好きかと言われても・・・みんな好きだよ!」

紬「じゃあみんなと付き合えるの?」

唯「えっ・・・と・・・」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:48:48.17 ID:6U37IMNL0

紬「友達としての好きとかじゃなくて、恋人として、ね」

唯「そんな人はいないよー、みんな仲の良い友達だもん」

紬「でも唯ちゃんの今までの行動が相手を勘違いさせてるかもしれないわ」

唯「どういうこと?」

紬「梓ちゃんによく抱きついたりするでしょ?」

唯「それは・・・その・・・かわいいから・・・」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:49:40.23 ID:6U37IMNL0

紬「でも梓ちゃんはどう思ってるかしら」

唯「・・・」

紬「急に今日から唯ちゃんが抱きつかなくなったら、『私・・・嫌われたんだ・・・・』って思っちゃうくらい、もう唯ちゃんの事好きかもしれない」

唯「それは・・・」

紬「そう言われたらどうする?」

唯「それは・・・ありかも・・・」

紬「責任取れる?」

唯「うん!私責任取る!」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:50:33.46 ID:6U37IMNL0

紬「じゃあこれで梓ちゃんともっと仲良くできるわよね?」

唯「うん、私あずにゃんの事好きかも・・・」

紬「よしよし、いいこいいこ」ナデナデ

唯「てへへ~///」

紬「はい、じゃあ唯ちゃんの個人面談は終わりよ」

唯「ありがとうねムギちゃん、私頑張るよ」

紬「はい、じゃあ部室戻りましょ」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:52:02.56 ID:6U37IMNL0

部室。

唯「ただいまー」

紬「ただいまー」

律「おーおかえりー」

澪「そんなに長くなかったな」

紬「唯ちゃんは優等生だから~」

唯「てへへ///」

梓「???」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:53:28.28 ID:6U37IMNL0

唯「あっずにゃ~ん!」ダキッ

梓「ちょ・・・ちょっと唯先輩!」

唯「心配かけさせてごめんね、もう離さないからね!」

梓「な、何言ってるんですか!私は離して欲しいです!」

紬「さてと、次は・・・澪ちゃんかな」

澪「へっ!?あ、うん」

律「いってら~」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:54:46.81 ID:6U37IMNL0

視聴覚室。

紬「よいしょっと、ちょっと長くなるかもしれないからお茶いれるわね」

澪「あ、うん」

紬「おまたせ」

澪「ありがとう」

紬「澪ちゃんは・・・優秀と言えば優秀なんだけど、自分から行く事が少ないわね」

澪「へっ」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:55:56.23 ID:6U37IMNL0

紬「唯ちゃん、りっちゃん、梓ちゃんまでもがリードしてくる事が多いわよね」

澪「え・・・何の話だ」

紬「カップリングの話よ」

澪「何・・・それ・・・」

紬「最近だと純ちゃんも澪ちゃんを引っ張っていくのも見受けられるわ」

澪「・・・」

紬「だから澪ちゃん、次の目標は!」

澪「は、はい!」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:57:04.07 ID:6U37IMNL0

紬「澪ちゃんが攻めに回るのよ!全てのSSで澪○って自分の名前が先頭になるくらい攻めなさい」

澪「な・・・何を・・・」

紬「まだわかってないのね」

澪「う、うん」

紬「しょうがないわ・・・ここまではしたくなかったんだけど」グイッ

澪「ちょっと・・・ムギ・・・近い」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:57:50.37 ID:6U37IMNL0

紬「これ以上私からしたら紬澪になっちゃうの、澪ちゃん、来て」

澪「えっ・・・どうすればいいんだ・・・」

紬「私を押し倒すの」

澪「・・・」

紬「澪ちゃんの為を思ってやってるのよ・・・私が体を張って・・・これ以上恥をかかせないで・・・」グスッ

澪「えーと・・・ムギ・・・?」

紬「うう・・・」グスッ

澪「ム・・・ムギッ!泣くな!」ガシッ

紬(かかったわ)


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /20(水) 23:59:09.86 ID:6U37IMNL0

紬「きゃぁ・・・///」バタッ

澪「あ・・・ムギごめん!大丈夫か・・・」

紬「澪・・・ちゃん・・・///」

澪「ムギ・・・なんか色っぽいな・・・」

紬「えっ・・・///」

澪「ムギ、ごめん・・・!」ダキッ

紬「あぁ・・・///」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:00:26.31 ID:li02jcsD0

事後。

澪「ムギ・・・その・・・ありがとう///」

紬「いいのよ、これくらい、自身ついた?」

澪「うん!もう大丈夫だ」

紬「その調子よ!これからも頑張ってね」

澪「もちろんだ!・・・それで・・・そのムギ?」

紬「どうしたの?」

澪「また、今度お願いしてもいいか?」

紬「聞いちゃダメ、自分の力で手に入るのよ」

澪「わ、わかった・・・///」

紬「うふふ、待ってるわ」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:01:35.24 ID:li02jcsD0

部室。

唯「あっずにゃ~ん!」ペロペロ

梓「ちょっと唯先輩!ほんとに怒りますよ!」

唯「でも私が抱きついてこなくなったら寂しいでしょ?」

梓「寂しい・・・と言うより嬉しいかもです」

唯「もうっ、恥ずかしがり屋さんなんだから~」ペロペロ

梓「にゃ~!舐めるのはダメです!」

律「早く・・・帰ってこないかな・・・」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:02:37.52 ID:6U37IMNL0

澪「ただいまー」

紬「おまたせ~」

律「長かったなー」

唯「なんか澪ちゃんもムギちゃんも顔真っ赤で暑そう」

梓「私も・・・暑いんですけど」

紬「ちょっと運動したから~」

澪「そ、そうなんだ、運動したから///」

律梓「「個人面談って何・・・?」」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:03:30.09 ID:li02jcsD0

紬「さて、次は・・・」

律「・・・」ドキドキ

梓「・・・」ドキドキ

紬「ソフトボール部の練習終わったみたいだから、ちょっと姫子ちゃんのところ行ってくるわね」

律「えっ・・・!軽音部だけじゃないのか・・・」

唯「あずにゃんもうちょっとこうしてられるね」ペロペロ

梓「にゃああああ!ムギ先輩私を面談してええええ!」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:04:58.88 ID:li02jcsD0

グラウンド。

紬「姫子ちゃん、お疲れ様、よかったらタオルどうぞ」

姫子「あ、ムギ、ありがとう。どうかした?」

紬「ちょっと姫子ちゃんとお話したいな~と思って」

姫子「うん、今日はバイトないからいいよ」

紬「ありがとう~」

姫子「すぐ着替えてくるね」

紬「うん、待ってるわ」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:05:41.34 ID:li02jcsD0

姫子「おまたせ~どこで話すの?」

紬「視聴覚室よ」

姫子「どこだっけ・・・それ・・・」

紬「さ、いきましょ」

姫子「うん」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:06:34.82 ID:li02jcsD0

視聴覚室。

紬「お茶いれるわね、その辺に座って」

姫子「うん」

紬「はい、どうぞ」

姫子「ありがと。・・・で話って?」

紬「うん」グイッ

姫子「ちょっ・・・ムギ近い近い」

紬「ダメ・・・?」

姫子「いや、部活後だし、汗臭いから・・・」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:07:53.96 ID:li02jcsD0

紬「そう、そこなのよ!」

姫子「えっ」

紬「見た目に反して礼儀正しい、しかも気の使い方も上手、これがなぜ今頃になって・・・」

姫子「・・・?」

紬「遅すぎたのよ、姫子ちゃんは一期からもっと絡んでくれてもよかった」

姫子「いや・・・クラスも違ったし・・・」

紬「見た目もかわいいのに、性格がいいなんてみんなが放って置くわけがないじゃない」

姫子「・・・ありがとう」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:09:08.85 ID:li02jcsD0

紬「だからね、姫子ちゃん」グイッ

姫子「は、はい」

紬「唯ちゃんとの絡みだけじゃなく、みんなと絡んでほしいの」

姫子「へっ?」

紬「唯姫はもう大分ごちそうさまなの、他が見たいの」

姫子「あ・・・う・・・うん・・・そうなのかな」

紬「じゃあちょっと練習しよっか」ダキッ

姫子「え・・・なんの・・・///」



姫子(あ・・・いい香りが・・・)


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:10:09.43 ID:li02jcsD0

事後。

姫子「ムギ・・・ごめん、汗臭かっただろ・・・」

紬「そんなことないわ、香水にして持ち歩きたいくらい」

姫子「ムギ・・・そこまで気を使ってくれなくても・・・///」

紬「これから頑張っていこうね」ナデナデ

姫子「うん、私頑張るよ」

紬「じゃあまたね」

姫子「うん、また・・・いい?」

紬「待ってる」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:11:13.17 ID:li02jcsD0

部室。

紬「ただいまー」

澪「おかえり、立花さんどうだった?」

紬「ええ、いい子だったわ」

唯「えームギちゃんずるい!私も姫子ちゃんと話したかったー!」

梓「浮気ですか」

唯「え、何あずにゃん妬いてんの?///」

梓「い、いえ///」

律「こっちがだいぶ進展してきたな」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:12:04.53 ID:li02jcsD0

紬「そろそろ下校時間ね~りっちゃん、梓ちゃんはまた明日ね」

律「そうだなー帰るかー」

澪「うん」

梓「唯先輩帰りますよ」

唯「はーい」

紬「あ、私は職員室に鍵返しにいくからみんな先に帰ってて」

律「え?それくらいなら待ってるよ」

紬「ううん、次はさわ子先生だから」

律「あ・・・そう・・・」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:13:34.33 ID:li02jcsD0

職員室。

紬「失礼します」

さわ子「あら、ムギちゃん、お疲れ様」

紬「さわ子先生、ちょっと時間あります?」

さわ子「ん?どうかしたのかしら?」

紬「もうすぐ・・・卒業なんで・・・みんなとお話しておきたくて・・・」

さわ子「それ今じゃなきゃダメなの?もう下校時間だし明日でも」

紬「あ、そうですよね・・・ごめんなさい」シュン

さわ子「あ、あの、わかったわ、先生の家近いからちょっと寄って行きなさい」

紬「え、いいんですか」

さわ子「ムギちゃんにここまで頼まれる事も珍しいしね、今回だけよ」

紬「先生・・・」ニヤッ


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:14:30.05 ID:li02jcsD0

さわ子宅。

紬「おじゃましま~す」

さわ子「ちょっと汚いけど、気にしないでね」

紬「いえいえ、そんな!あ、よかったら夕食でも作りましょうか?」

さわ子「ムギちゃんの料理・・・食べてみたいわね」

紬「ちょっと台所借りますね」

さわ子「あんまり食材ないかもしれないけど」

紬「余り物で作っちゃいますから!」



さわ子(あれ・・・ムギちゃん何しに来たんだっけ)


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:16:26.56 ID:li02jcsD0

紬「できました~」

さわ子「わ~すごい・・・これはすごい・・・」

紬「召し上がって下さい」

さわ子「ムギちゃんも食べてよね」

紬「はい、ご一緒に頂きます」

さわ子「これほんとにおいしいわ・・・毎日うちに来てほしいくらい」

紬「先生さえよければ・・・毎日来ますよ・・・?」ウルッ

さわ子(なんと言う上目使い・・・!かわいすぎて理性が飛びそう・・・)

紬「せんせ・・・?」

さわ子「う、ううん、何でもないわ」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:17:25.15 ID:li02jcsD0

さわ子「あーおいしかったーありがとうムギちゃん」

紬「おそまつさまでした~」

さわ子「ムギちゃんが料理まで出来るなんて思ってもみなかったわ」

紬「褒めても何も出ませんよ」

さわ子「そう言えばムギちゃん、何かお話があr・・・」

紬「あ、先生、お風呂にします?それともデザートにします?それとも・・・///」

さわ子(もうあかんわ)


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:18:34.66 ID:li02jcsD0

事後。

紬(・・・)ゴソゴソ

さわ子「行くの・・・?」

紬「・・・うん」

さわ子「明日、うちから学校通えば?」

紬「・・・そしたら、このままの関係じゃいられなくなるから」ガチャ

さわ子「・・・そう」グスッ



さわ子(何このドラマにありそうな浮気チックな感じ)


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:19:33.85 ID:li02jcsD0

通学路。

憂「へえーじゃあ今日は律さんと梓ちゃんが個人面談なんだー」

唯「たぶんねー何話すのかなー」

憂「おねえちゃんは昨日何話したの?」

唯「んーと、唯ちゃんは優秀だねって言われた!」

憂「さすがお姉ちゃん!」

唯「後はあずにゃんの責任を取れって言われたかな」

憂「おねえ・・・ちゃん・・・?」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:20:39.34 ID:li02jcsD0

教室。

紬「おはよう~」

唯「ムギちゃんおはよー!」

律「おっす」

澪「おはよう、ムギ」

和「おはよう」

紬「あ、和ちゃん、今日のお昼休みちょっと時間あるかしら?」

和「生徒会行くけど、私一人だから来る?」

紬「うん、おじゃまさせてもらうわ」

澪(次は和かよ・・・)

律(面談やるって宣告されてからここまで順番回ってこないと怖い・・・)


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:21:36.18 ID:li02jcsD0

さわ子「みんなおはよう~」

和「起立!礼!着席」

さわ子(ムギちゃん・・・)ジッー

紬(・・・)プイッ

さわ子「琴吹さん、朝礼の後ちょっといいかしら」

紬「・・・はい」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:22:42.22 ID:li02jcsD0

さわ子「ムギちゃん・・・あの・・・私・・・」

紬「学校でこんな事話しちゃダメです、ご自分の立場考えてください」

さわ子「それでも私、あなたの事が・・・」

紬「惚れちゃダメ、火傷しちゃいますから」

さわ子「想ってるだけならいいの・・・?」

紬「さわ子先生、このボールを壁に投げてみて」

さわ子「?」ポイッ

紬「跳ね返ってくるでしょ?」

さわ子「うん、当たり前だけど」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:23:46.03 ID:li02jcsD0

紬「想いもボールと同じ。私と言う壁に当たっていつかきっと跳ね返る」

さわ子「・・・ムギちゃん・・・」

紬「だから今は惚れないで、想いはそのままで」

さわ子「わかった。けど、またうちに来てくれる・・・?」

紬「待ってて」ナデナデ

さわ子「・・・待ってる」

ジッー

律「なぁ・・・ほんと個人面談ってなんなんだ・・・」

澪(ムギ・・・///)


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:25:15.57 ID:CezyQvyLO

なんという名言wwwwwww

ムギかっけえwwwww

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:26:05.22 ID:li02jcsD0

2年教室。

憂「梓ちゃんはムギ先輩の面談受けたの?」

梓「んーん、まだだよ」

憂「そっかー」

梓「あ!唯先輩から何か聞いてない!?」

憂「え?どうして?」

梓「個人面談後からのスキンシップが過激になってきて・・・」

憂「そ、そうなんだ・・・私何も聞いてないよ・・・」

純「軽音部って面白いね・・・」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:27:17.34 ID:li02jcsD0

お昼休み。

和「ムギ、先行ってるわね」

紬「うん、すぐ行くわね」

律「なームギ、私の面談はいつだ?」

紬「うーん、次の日が休みの時がいいかな~」

律「なんでだよ・・・」

紬「うふふ、またね」

律「・・・うん」

紬「あ、りっちゃん、一つお願いが・・・」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:28:11.49 ID:li02jcsD0

生徒会室。

紬「失礼しまーす」

和「いらっしゃい。で、話って何?」

紬「和ちゃんは唯ちゃん、憂ちゃんとの絡みが多いわよね」

和「まあ、幼馴染だしね」

紬「知的な絡みも多いから、澪ちゃんや、さわ子先生ともたまに絡むわよね」

和「・・・何の話?」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:29:08.88 ID:li02jcsD0

紬「頭のいい和ちゃんだからもう解ってるかと思うけど・・・」

和「・・・大体わかったわ、それで何が言いたいの?」

紬「姫子ちゃんどう?」

和「どう?って言われても・・・」

紬「あの子の事どんな印象持ってる?」

和「ちょっとイケイケな普通の子かしら」

紬「それだけ?」

和「うん、そうね。あまり喋ったこともないし」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:30:21.51 ID:li02jcsD0

紬「姫子ちゃんね、実は校内模試いつも10位以内なの」

和「え・・・うそ・・・」

紬「礼儀もすごく正しいし、和ちゃんが持ってる印象とはかけ離れてるかもしれない」

和「そうなんだ、人は見かけに寄らずね」

紬「そういう事」

和「・・・で?私にどうしろと」

紬「見たいの」

和「立花さんと・・・?」

紬「うん」



72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:31:20.16 ID:li02jcsD0

3年教室。

律「おーい、姫子ー」

姫子「ん?どうしたの?」

律「和が生徒会室に呼んでたよ」

姫子「生徒会室に・・・?そう、ありがとう」

律(なんなんだろ?ムギに頼まれたけど)



律(そういえばもう一個頼まれてるな・・・)


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:32:13.15 ID:li02jcsD0

生徒会室。

和「ちょっと待って、いきなりで接点もないし」

紬「姫子ちゃんね、いつも和ちゃんの事見てるから」

和「えっ・・・」

紬「待ってると思うよ?」

コンコン

姫子「失礼しまーす」

和「立花さん・・・」

姫子「えっ」

紬「じゃあ私はこれで」

姫子「うん?」

紬「姫子ちゃん、練習通りよ」ボソッ

姫子「!!」

紬「じゃあね」バタッ


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:33:47.36 ID:li02jcsD0

3年教室。

憂「すみません、ムギ先輩いますか?」

律(ムギの言う通り・・・ほんとに憂ちゃん来たよ・・・)

唯「うーいー!!」

憂「お姉ちゃんー!!」

律「憂ちゃん、ムギから伝言で、放課後視聴覚室で待ってるってさ」

憂「面談・・・?」

唯「憂もいい子だからきっと褒められるよー」ナデナデ

憂「えへへ」

律「気になって仕方ねえ・・・」


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:34:41.51 ID:li02jcsD0

生徒会室。

和「立花さん・・・その・・・」

姫子(・・・ムギに頑張るって言ったんだ)

和「あの・・・」

姫子「和・・・目を閉じて」

和(えっ・・・いきなり・・・)

姫子「・・・」チュッ

和(え・・・///)


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:35:42.62 ID:li02jcsD0

3年教室。

キーンコーンカーンコーン

憂「じゃあおねえちゃん教室戻るね!」

唯「またねーういー!」

紬「ふぅ」トコトコ

澪「ムギ何してたの?」

紬「あれ見てみて」


和「・・・姫子、また帰りに」

姫子「うん、今日は部活もバイトも無いから」


律「あいつらあんなに仲良かった・・・?」

紬「うふふ」


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:36:41.88 ID:li02jcsD0

和「姫子・・・その・・・」

姫子「ん?和、あとでね」

和「うん///」


唯「うわぁぁぁなんか照れるよぉぉぉ・・・和ちゃん・・・」

律「昨日一日梓とのペロペロ見せられた私にはまだマシだ」

紬「あそこまで仲良くなってるなんて・・・」

澪「ムギの個人面談すごいな・・・」

律「私の面談はいつなんだ・・・」


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:37:37.62 ID:li02jcsD0

放課後。

姫子「のーどかっ!かえろっ」

和「うん、ちょっと待ってね、生徒会室に忘れ物したから着いてきて」

姫子「へっ?生徒会室なんか緊張するし、ここで待ってるよ」

和「姫子がいないと忘れ物回収出来ないじゃない」

姫子「え・・・///」



紬「じゃあ私視聴覚室行くわね」

唯「憂をよろしく!」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:38:33.86 ID:li02jcsD0

視聴覚室。

紬「あら、もう来てたんだ~」

憂「こんにちは、紬さん」

紬「憂ちゃん・・・」ダキッ

憂「え・・・あの・・・紬さん・・・///」

紬「憂ちゃんはこんなにいい子なのにみんなに勘違いされて・・・」

憂(い・・・いい香り・・・溶けそう)


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:39:42.93 ID:li02jcsD0

紬「憂選手ってなんなのよ・・・こんな子に残酷な事させる人なんて全員30越えの魔法使いだわ」

憂「つ・・・紬さん・・・?」

紬「あ、ごめんなさい・・・つい・・・」

憂「いえ・・・あの・・・実は聞きたい事がありまして」

紬「何かしら?」

憂「おねえちゃんとの面談の時に何を話したんですか?」

紬「うんとね、梓ちゃんとの仲を縮める助言をしただけよ」

憂「私のおねえちゃんを梓ちゃんに渡そうとしたんですね・・・」


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:41:47.42 ID:li02jcsD0

紬「憂ちゃん、いくらなんでも血の繋がった家族、笑えないわ」

憂「わかってます、でも私はおねえちゃんが欲しいんです」

紬「そう、で?どうするの?」

憂「梓ちゃんがいなくなれば・・・」

紬「あらあら憂選手がアップを始めちゃった・・・」

憂「・・・」

紬「でもね、憂ちゃん、私が何故唯梓を作ろうとしたかわかる?」

憂「わかりたくもありません」

紬「じゃあわからせてあげる」ダキッ


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:42:45.85 ID:li02jcsD0

憂「か・・・体は奪えても心はおねえちゃんのものですから・・・///」

紬「そう、そんなおねえちゃんは梓ちゃんの心を欲しがってるわ」

憂「んっ・・・はぁ・・・///」

紬「憂ちゃん、今切ない?」

憂「あ・・・あたりまえじゃないですか・・・ぁぁ・・・///」

紬「そう、私も同じ。憂ちゃんが唯ちゃんの話をする度に切なくなる・・・」

憂「え・・・え・・・あぁん・・・///」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:43:36.05 ID:li02jcsD0

紬「貴方の事が好きなの」

憂「つ・・・紬さん・・・///」

紬「だから・・・」

憂「あぁん・・・んっ・・・///」

紬「憂ちゃんが欲しいの・・・」

憂「んっ・・・///」


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:44:51.29 ID:li02jcsD0

事後。

紬「・・・ごめんなさい、強引過ぎたわ」

憂「いえ・・・」

紬「私の事嫌いになった?」ダキッ

憂「き・・・嫌いになってたら・・・この手を振り解いてます・・・///」

紬「それって・・・期待していいの?」

憂「ご自由に・・・///」

紬「今日は個人面談憂ちゃんだけだからまだ時間あるのよ、だからもう一度」

憂「つ、紬さん・・・///」


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:45:52.99 ID:li02jcsD0

部室。

律「今日はムギ部活こねーのかな」

澪「放課後全部憂ちゃんの面談に費やしてんのか・・・」

梓「結局面談って何してるんですか?」

唯「私の時はお話だけだったよー」

梓「どんな話です?」

唯「唯ちゃんはみんなと仲良くて偉いねって」

律「はぁ・・・澪は?」

澪「えっ?わ、わたしもそんな感じだ!!」

梓「澪先輩は嘘付くの下手ですよね・・・」


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:46:54.82 ID:li02jcsD0

律「吐いてもらおうか・・・」

澪「別に吐くほどの事はないよ・・・」

律「じゃあ何故言えないんだ?」

澪「言ったら・・・」

律「言ったら・・・?」

澪「楽しみがなくなる・・・と思うぞ」

律「なんだと・・・」


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:48:31.45 ID:li02jcsD0

唯「あずにゃんはね、多分私の事言われるんじゃないかな」

梓「へ?それどういう事です」

唯「んー内緒」

梓「教えてくださいよー!」

唯「もうすぐわかるよ♪」ダキッ

梓「うぅ・・・」


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:49:21.25 ID:li02jcsD0

紬「ただいまぁー」

憂「失礼しますー」

唯「あ、ういー!!」

律「おい!ムギ!そろそろ私も気になって眠れねえ!面談してくれ!」

紬「そうね・・・」

梓「私もです!」

紬「うーん・・・どうしようかしら」


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:50:22.28 ID:li02jcsD0

いちご「失礼します」コンコン

律「いちご?どうしたんだ?」

梓「誰ですか?」

唯「いちごちゃん、私達のクラスメイトだよ」

梓「そうなんですか」

いちご「律、今日部長会議」

律「あー!!忘れてた!!」

澪「りーつー・・・」


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 00:57:42.68 ID:mQzoAIbZO

ムギ無双すぎだろ
面白いからいいけど

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:00:48.57 ID:li02jcsD0

いちご「これ書類だから」

律「届けてくれたのか・・・ありがとな」

いちご「うん」

澪「迷惑かけたな、ありがとう」

いちご「うん」

紬「いちごちゃん、ちょっと時間ある?」

いちご「ん?」

律「え・・・次はいちご・・・?」

梓「私の面談は・・・」


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:02:23.11 ID:li02jcsD0

いちご「大丈夫だけど」

紬「ちょっとここではなんだから付いて来てくれるかな」

いちご「いいけど」

憂「紬さん・・・!」

紬「憂ちゃん、心配しないで」ナデナデ

憂「ほんとですか」

紬「ええ、いちごちゃんは私のものじゃないから」ボソッ

憂「信じます」

唯「ムギちゃん・・・?うい・・・?」


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:05:50.46 ID:li02jcsD0

視聴覚室。

いちご「こんなところに連れて来て何の用?」

紬「いちごちゃん・・・」

いちご「なに」

紬「いちごちゃんは最近りっちゃんとの組み合わせをよく見るわ」

いちご「何の話」

紬「そのまま突っ走ってほしいの」

いちご「だから何の話」


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:08:40.88 ID:li02jcsD0

紬「姫子ちゃんと同じ、もっと早くに出会いたかった」

いちご「そう」

紬「あのね、実はりっちゃんがいちごちゃんの事好きなの」

いちご「知ってる」

紬「えっ」

いちご「嘘」

紬「・・・」シュン



113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:11:35.91 ID:li02jcsD0

いちご「そんなわけない」

紬「自分に言い聞かせたいだけじゃないの?」

いちご「そうかもしれない」

紬「自分に素直になっていいのよ?」

いちご「そうかな」

紬「そうだわ」

いちご「そう」

紬「うん」


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:15:17.16 ID:li02jcsD0

いちご「じゃあ素直になるわ」

紬「うん!」

いちご「ムギ・・・」ダキッ

紬「えっ・・・」

いちご「好き」

紬「いちご・・・ちゃん・・・」

いちご「素直になった」

紬「う・・・うん」


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:16:09.20 ID:li02jcsD0

いちご「嫌い?」

紬「いや、突然過ぎて」

いちご「そう」

紬「でもね、いちごちゃん・・・私は・・・」

いちご「唯の妹」

紬「うん・・・」

いちご「負けない」

紬「え・・・///」


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:18:30.68 ID:li02jcsD0

いちご「振り向かせるから」

紬「あ・・・あの・・・」

いちご「だから」

紬「だから・・・?」

いちご「待ってて」

紬「・・・うん///」

いちご「今はこれだけ」チュッ

紬「んっ・・・」


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:21:00.30 ID:li02jcsD0

下駄箱。

紬(大変な事になっちゃったのかも・・・)

憂「紬さーん」

紬「あ、憂ちゃん、待っててくれたの?」

憂「はい!一緒に帰りましょ」

いちご「・・・」テクテク

紬(あっ・・・)

いちご「またね」

紬「うん///」

憂「紬さん・・・?」


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:24:14.52 ID:5BHiywOp0

大分前から大変な事になってるだろw

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:31:22.56 ID:li02jcsD0

翌日。

律「だぁー!今日こそは面談受けるぞ!」

紬「おはよう~」

唯「ムギちゃんおは~」

澪「なあムギ、後の面談なんだけど・・・」

紬「ええ、今日はお昼休みに梓ちゃんと」

律「私は!?」

紬「放課後かしら」

律「よっしゃぁぁぁぁ!」


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:37:38.21 ID:li02jcsD0

憂「おはよっ」

梓「憂、おはよう」

純「おはよー」

憂「梓ちゃん、紬さんがお昼休みに視聴覚室で待ってるってー」

梓「やっと私の順番が回ってきた・・・」

純「何の順番よ?」

憂「紬さんの個人面談だよ」

純「なにそれ・・・」


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:42:48.60 ID:li02jcsD0

お昼休み

和「今日は姫子の分もお弁当持ってきたの」

姫子「ほんとにっ!?」

和「まあいつも作ってるから、二人分くらい別に時間変わらないわ」

姫子「ありがとー!のどかだいすきっ!」ダキッ

和「ちょっと・・・教室では恥ずかしいわよ」

姫子「じゃあ生徒会室行く・・・?///」

和「生徒会室を何だと思ってるのよ・・・///」



紬「それじゃあ私視聴覚室行くね」

唯「いってらっしゃ~い」


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:46:54.81 ID:li02jcsD0

視聴覚室。

梓「こんにちは!」

紬「梓ちゃんいらっしゃい」

梓「やっと私の順番なんですね!」

紬「そうね」

梓「・・・で、面談って何ですか?」

紬「梓ちゃん・・・唯ちゃんで満足?」


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:47:35.53 ID:li02jcsD0

梓「へっ!?ま、満足ってなんですか」

紬「唯ちゃんは梓ちゃんにぞっこんだわ、けど梓ちゃんも優秀で、ほぼ全員とのカップリングが可能で、唯一のツンデレっぷりを発揮する事が多いわね」

梓「は、はぁ・・・」

紬「さらには、廃人ゲーマー、にちゃんねらー、汚れ、黒幕、ありとあらゆるキャラを演じる事も出来る」

梓「はい・・・」

紬「さらに件の最萌グランプリの優勝、あなたがいないとこの世界は成り立たなくなるくらいの存在になっているわ」

梓「喜んでいいのやら・・・」


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:48:48.69 ID:li02jcsD0

紬「そんな梓ちゃんの幸せの終着点は唯ちゃんで満足なのかなーって」

梓「えーっと・・・」

紬「唯ちゃんも梓ちゃんもキャラが似ているの」

梓「はぁ・・・」

紬「動かしやすい、キャラ崩壊させても違和感を感じさせない、攻めも受けも可能」

梓「・・・」

紬「そんな二人がくっついてしまったら他の人たちは余ってしまう」

梓「そんなの関係ねーです!」


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:49:46.98 ID:li02jcsD0

紬「梓ちゃん・・・?」

梓「誰が何と言おうと私と唯先輩のカップルは最強であり、公認なんです!」

紬「うん」

梓「他人がどうかなんか知ったこっちゃないです!私は唯先輩のモノですし、唯先輩は私のモノです」

紬「うん」

梓「ほんとはキャラ崩壊恐れず私も『ゆいにゃんゆいにゃん』言いながら抱きついてペロペロしてそのまま押し倒して・・・」

紬「あずさちゃん・・・?」

梓「だから今の流れを切るわけには行かないんです!このまま行けば週末バスタイムとして二人でお風呂でにゃんにゃんできる予定なんです!」


143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:50:46.31 ID:li02jcsD0

紬「わかったわ」カチッ

梓「なんですか今のカチッは?」

紬「これ?ボイスレコーダーよ」

梓「なんでそんなものがぁぁぁ!!録音してたんですか・・・」

紬「これで唯ちゃんにちゃんと素直に想いを伝えれるわね」

梓「・・・はい」

紬「じゃあ私にどう思ってるのか言って」

梓「わ・・・私は・・・」


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:52:18.11 ID:li02jcsD0

梓「唯先輩の事が好きですっ!」

「・・・好きですっ!」 

「・・・・・・好きですっ!」

梓「あれ・・・なんか遠くで私の告白が聞こえましたが」

紬「あ、これボイスレコーダーじゃなくて館内放送マイクだったわ」

梓「え・・・////////」

紬「結果オーライね!」

梓「にゃあああああああああああああああああああああ///////」


146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:53:18.04 ID:li02jcsD0

3年教室。

紬「ただいまー」

澪「ムギ・・・」

律「すごかったわ・・・」

和「ムギの仕業なのね・・・」

姫子「和に言って欲しいなぁ・・・」

紬「てへっ・・・唯ちゃんは?」

唯「・・・///」グスッ

律「うれし泣きしてるよ」


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 01:54:45.94 ID:li02jcsD0

2年教室。

梓「・・・」コソコソ

「梓ちゃんおめでとう!」パチパチ

「よく言えたね!頑張ったね!」パチパチ

「がんばれー!あずさー!」パチパチ

梓「え・・・みんな・・・///」

純「みんな応援してたんだよ」

憂「うん!よかったね梓ちゃん!」

梓「う・・・どう反応していいかわからない・・・///」


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 02:02:43.80 ID:li02jcsD0

放課後。

律「よーし、ムギ、視聴覚室に連れてってくれ!」

紬「えーっと、りっちゃんの面談は帰宅後予定よ」

律「えっ!」

紬「今日の放課後は一人面談予定がいるの」

律「そうなのか・・・」シュン

紬「明日学校休みだからりっちゃんはゆっくり・・・ね!」

律「え、私何されるんだ」


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 02:03:28.45 ID:li02jcsD0

部室。

梓「こんにちは・・・///」

澪「梓おつかれさまー」

律「おーっす」

梓「あれ・・・?唯先輩は?」

澪「ああ、なんか被服室に居てるぞ」

律「梓も行って来れば?」

梓「い、いえ、私はここに居ます」


154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 02:04:10.58 ID:li02jcsD0

視聴覚室。

紬「お待たせ」

「あの・・・なんで私なんか・・・」

紬「あなたがいるから・・・成り立ってるのよ」

「何がですか・・・?」

紬「梓ちゃんや、憂ちゃんがいつもお世話になっているわね」

「はぁ・・・」


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 02:08:05.25 ID:li02jcsD0

紬「一応名前は伏せておこうかしら?Jちゃん」

J「いや伏せてもわかりますし、普通に純でいいです」

紬「Jちゃんは好きな子とかいないの?」

J「好きな・・・子・・・?ですか」

紬「憧れの先輩ですとか」

J「うーん」

紬「悩んでいるようね、じゃあ一つ助言を」

J「なんですか」


159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 02:09:08.15 ID:li02jcsD0

紬「私達三年が卒業したらJちゃんのポジションはりっちゃんよ」

J「はぁ・・・」

紬「みんなの事を気遣う、まとめるけど結局は他人に任せちゃう、空気を読む、違う?」

J「自分じゃわかんないです・・・」

紬「今晩空いてるかしら?」

J「明日休みなので大丈夫ですけど」

紬「一緒にりっちゃんの家に行きましょう」

J「そしたら・・・この気持ちがわかりますか?

紬「うん、きっとわかるはず!」

J「はい、また連絡します!

紬(ふぅ・・・時間が余っちゃったわね・・・)


162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 02:09:53.62 ID:li02jcsD0

教室。

紬「あれ?エリちゃん」

エリ「あ、ムギちゃん」

紬「丁度良かった、ちょっとお話しない?」

エリ「みんなから聞いてるよー!ムギちゃんの個人面談実施中なんだって?」

紬「そうなのよ~」

エリ「なんか好きな人を当ててくれるとか噂で聞いて、ドキドキして待ってたの」

紬「そういうのじゃないんだけどね」


163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 02:12:11.59 ID:li02jcsD0

エリ「んで、なになに?」

紬「エリちゃんは卒業したらどうするの?」

エリ「バレー続けたいから大学進学かなー」

紬「どこの大学?」

エリ「ちょっと厳しいかもしれないけど国立の大学に・・・」

紬「判定はどうだったの?」

エリ「C判定・・・4割くらいだから安心できないわね」


164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 02:12:58.92 ID:li02jcsD0

紬「何か行きたい理由とかあるの?」

エリ「うん、やっぱり私立って学費高いから、バイトとかしたりしなくちゃ行けないなーって」

紬「うんうん」

エリ「それにバレー部のみんなもそこに一緒に行こうって言っててね」

紬「うんうん」

エリ「気兼ね無くバレーするんだったらそこの大学かな!って。近いし」

紬「うん、それだけの理由があれば大丈夫!」

エリ「?」


171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 02:38:28.72 ID:li02jcsD0

紬「目標も無く頑張るなんて無謀だし、作業にしかならないわ」

エリ「うん」

紬「それにバレー部のみんなで目指してるんでしょ?」

エリ「うん」

紬「一人じゃないじゃない、頑張れるよ!」

エリ「そうかな・・・」

紬「うん!自分のやる気をみんなが後押ししてくれる、だから最後まで諦めないで!」

エリ「うん・・・!」


172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 02:42:17.01 ID:li02jcsD0

紬「で、みんなが困ってたら後押しするのは・・・」

エリ「私だね!」

紬「そう!」

エリ「ありがとうムギちゃん、みんなとバレー続けたいから、私絶対頑張るよ!」

紬「その意気よ!エリちゃん!」

エリ「よーし!さっそく帰って勉強するぞー!」

紬「頑張ってね!」


173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 02:42:59.80 ID:li02jcsD0

部室。

唯「おいすー」コソコソ

梓「ゆ、唯先輩・・・///」

澪「唯、中に入ってこいよ」

律「被服室で何してたんだ・・・?」

紬「唯ちゃん・・・すごい格好・・・」

唯「芸術部のみんなが・・・お祝いにって・・・」


193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 09:51:46.00 ID:li02jcsD0

紬「梓ちゃんこっちおいで」

梓「ふぇっ!?は、はい///」カチャ

唯「・・・///」

梓「」

唯「恥ずかしいよぉ・・・」

律「うわー」

澪「すげー」

梓「ウェディングドレス・・・ですか」


194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 09:52:40.58 ID:li02jcsD0

梓「ムギ先輩!」

紬「は、はい!」

梓「タキシードはどこですか!?」

紬「!?」

律「まじか!?」

唯「ひ・・・被服室に実は・・・あずにゃんのも・・・///」

梓「唯っ!いくよ!」ギュッ

唯「あ、あずにゃん!」


195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 09:54:31.03 ID:li02jcsD0

紬「まさかここまでとは・・・」

澪「ムギの面談の指導はすごいな・・・」

律「さて、次は私の面談だな!」

紬「そうね、お待たせ」

澪「じゃあ途中まで一緒に帰ろうか」

紬「うん!」

律「私の家でいいのかな?」

紬「うん!」


197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 09:55:29.08 ID:li02jcsD0

帰り道。

澪「じゃあな」

律「おう!」

紬「また来週ね~」

律「じゃあ上がってくれ」

紬「うん、あ、ちょっと電話するから待ってて」

律「おう、じゃあ先上がってるぜ」


198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 09:56:18.61 ID:li02jcsD0

J「はい、わかりました」

紬「そういう感じで行けば確実にりっちゃんを落とせるから」

J「いや・・・落とすとか・・・」

紬「虎穴にいらずんば虎子を得ず!よ!」

J「意味違ってる気がしますが・・・」

紬「じゃあ後は任せたわJちゃん」

J「最後くらい純って言ってくださいよ・・・」


199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 09:57:15.71 ID:li02jcsD0

S「ところでムギ先輩」

紬「なに?」

S「なんで最後の最後に伏字変えたんです?」

紬「佐々木のSじゃない」

S「いえ、鈴木です」

紬「結果オーライね!」

S「ところでムギ先輩はこれからどちらへ?」

紬「うーん、信代ちゃんとこかなー」

S「クラスメートですね」

紬「うん、んじゃ頑張ってね」

S「はい!」


200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 09:58:18.18 ID:li02jcsD0

律の部屋。

コンコン

律「はーいどうぞー」

S「失礼します・・・」

律「あれ・・・?鈴木・・・さん?」

S「律先輩、私が面談します」

律「なんだってー!ムギぃぃぃぃぃぃぃ!」




おわり


202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 10:04:02.13 ID:64mM9ttaO

>>1

ムギ無双は俺得でした

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 17:19:24.94 ID:I+UzcIpgO

>>1
乙!
素晴らしいぞ

221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 19:57:12.91 ID:li02jcsD0

律「それで・・・鈴木さんはなんでうちに・・・?」

S「あの・・・律先輩の事をもっと知りたくて」

律(!!私的にはムギの事を知りたかったんだが・・・)

S「すみません、あまり接点ないのに急に押しかけたりして・・・やっぱり帰りますね」

律「いやいや!べ、別にそういうわけじゃ・・・」

S「いえ、すみませんでした・・・では帰ります」

律「待てよ!家どこ?近いの?」

S「・・・」

律「泊まっていきなよ・・・せっかくだし私も鈴木さんの事知りたくなったよ」

S「ほんとですか?」ウルッ

律(うお・・・これは・・・)


222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 19:59:43.25 ID:li02jcsD0

S「あの・・・私鈴木純って言います。純って呼んでください」

律「伏せなくてもいいの?」

S「伏せられてる理由がよくわからないんですが・・・」

律「え・・・っと・・・Jちゃん」

S「だからなんで伏せるんだよバカ」

律「ははっいいリアクションしてくれるんだな」

S「すみません!いくらバカでも先輩に向かってバカって私なんて失礼な・・・」

律「おい」


223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 20:02:28.05 ID:li02jcsD0

純「えーっと・・・何か知りたい事ありますか?」

律「そうだな・・・なんで私の事を知りたくなったの?」

純「それは・・・ムギ先輩の個人面談で・・・」

律(ほんと個人面談ってなんなんだよ・・・)

純「律先輩のポジションに似てるって言われまして」

律「うーん、わからんでもない」

純「それでご教授頂こうかと!」

律「ご教授?」

純「はい!律先輩に色々とご指導頂こうかと」

律「ほほう」


224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 20:03:57.07 ID:5BHiywOp0

続き期待

226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 20:04:33.63 ID:li02jcsD0

律「純ちゃん、その前に一ついいかな」

純「は、はい」

律「私自分の部屋に居る時は大抵下着で過ごしてるんだ、ちょっと息苦しいから服脱いでもいい?」

純「あ、はい、律先輩の家ですしご自由に・・・!」

律「すまんね」

純「いえ・・・とんでもないです・・・」


227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 20:08:21.05 ID:li02jcsD0

律「純ちゃん」

純「はい」

律「そっち向かれてたら話できねーじゃん!」

純「あ、はい・・・そうですね!では失礼します!///」クルッ

律「プッ・・・」

純「脱いでないじゃないですか・・・」

律「人がいるのに脱ぐわけねーし。期待した?」

純「だ、だまされた・・・」

律「あっはっはっはっは」

純「律先輩」

律「あ、はい」

純「私寝る時は下着になるんです、なので人の家で失礼ですが脱いでもいいですか」

律(引っかかるかよ・・・)

律「うん、いいよ。じゃあ後ろ向いてるな」クルッ


228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 20:11:37.58 ID:li02jcsD0

純「すみません、人の家なのにおかまいなしに・・・」ガサゴソ

律「気にすんなよー!脱がないと寝れないんだろ?」

純「はい、そうなんです」ガサゴソ

律(騙そうとしてるの見え見えだぜ)プッ

純「お待たせしました!」

律「おう!そっち向いていいのかな?」

純「いいですよ、お話出来ませんし」

律(プッ・・・かわいい後輩だ)クルッ

純「///」

律「えっ」


229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 20:14:28.97 ID:li02jcsD0

純「あ・・・あんまり見ないで下さい・・・///」

律「ちょ・・・ちょっと純・・・ちゃん・・・?」

純「はい?」

律「えーと・・・その」

純「ぷっ・・・あははっ!引っかかった引っかかった!」

律「いや引っかかってねーし!騙したのか!」

純「ほんとに脱ぐとは思わなかったですよね?今どんな気持ちですか?」ププッ

律「て、てめー!」

純「きゃー!///」バタッ

律(やべ、この体制は・・・)

純「えっ」


232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 20:16:53.50 ID:li02jcsD0

律「あ・・・その・・・なんだ」

純「律先輩・・・///」

律「ご、ごめん、そんなつもりでこんな事になったわけじゃ」

純「いいですよ」

律「えっ?」

純「律先輩ならいいですよ」

律「純ちゃん・・・」

純「ぷっ・・・」

律「またか!もうひっかからねえ!」ガバッ

純「えっ、あっ、あの!」

律「全力で釣られてやる!」

純「あぁっ///」


233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 20:19:26.27 ID:li02jcsD0

律「意外と胸大きいんだな」

純「いや・・・そんなにマジマジ見ないで下さい///」

律「下着取っていい?」

純「えっ・・・その・・・///」

律「だめ?」

純「・・・いい・・・ですよ///」

律「なーんちゃって」

純「!!」

律「はっはっは、釣った獲物に食われたな!」

純「・・・律先輩」


235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 20:21:53.30 ID:li02jcsD0

純「・・・」グスッ

律「えっ・・・純ちゃん・・・?」

純「いえ・・・私が騙したから悪いんです・・・ちょっと期待しちゃっただけで」

律「えーっと・・・」

純「ごめんなさい!服着ますね!」

律「えっ」

純「ほんとすみません・・・」

律「純ちゃん・・・ごめん!」ダキッ

純「えっ」

律「責任取るよ・・・」

純「律先輩・・・ぷっ」

律「」


238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 20:26:22.49 ID:li02jcsD0

プルルルル

純「あ、すみませんムギ先輩から電話が」

律「はいはい、あーなんか興ざめしちゃったなー」

純『もしもし』

紬『Jちゃん』

純『もう伏せられてないので純でいいですが』

紬『いつ始まるの?』

純『何がですか?』

紬『しょうもないやりとりでレス伸ばさないでほしいの』

純『えっ』

紬『やるならやる、やらないならとっとと帰る。読者の気持ちも考えて』

純『私たちの気持ちは・・・?』

紬『知らないわ、そんなまどろっこしいやりとり見てるのもめんどくさいの』

純『どこから見てるんですか・・・』


239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 20:28:57.45 ID:li02jcsD0

紬『今すぐ脱ぎなさい』

純『え・・・もう脱いでるんですが・・・』

紬『そのピンクの下着も取るのよ』

純『え・・・何で色まで・・・ほんとにどこにいるんですか』

紬『これ以上私たちをガッカリさせないでね、じゃあね』

純『え・・・ちょっとムギ先輩!ムギせんぱ』プツッ

律「ムギなんて?」

純「・・・」スルッ

律「えっなんでブラ取るの」


246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 20:46:07.57 ID:li02jcsD0

純「ムギ先輩が全部脱げって・・・」

律「あいつどこから見てるんだ・・・」

純「律先輩!」

律「あ、はい」

純「私じゃ嫌ですか?」

律「えっ・・・その・・・///」

純「目を反らさないで下さい!」

律「じゅ、純ちゃんがその・・・本気なら・・・」

純「ぷっ」

律「だー!!まだ続くのかよ!!」


247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 20:49:53.72 ID:li02jcsD0

律「もういいや」グイッ

純「あ・・・律先輩///」

律「純ちゃんの柔らかいなー」

純「うっ・・・///」

律「気持ちいい?」

純「は、はい・・・///」

律「そうかそうか」プッ

純「ここまでしておいてそれですか!」

律「わかったわかった、私も脱ぐから」

純「えっ」

律「なんちゃって期待した?」

純「」


248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 20:52:43.56 ID:li02jcsD0

律「ってもう0時かよ」

純「なんかこんな駆け引きだけで全然お話出来ませんでしたね」

律「そうだなー」ヌギヌギ

純「なんで脱いでるんですか」

律「いや、寝る時は下着で寝るし」

純「そ、そうですか、すみません」

律「よし寝るかー布団ないからベッドで一緒でもいい?」

純「あ、はい///」

律「今何か期待した?」

純「律先輩には何も求めてません」

律「てめー!」


249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 20:56:43.12 ID:li02jcsD0

純「じゃあおやすみなさい」

律「おやすみのチューは?」

純「えっ」

律「もー・・・何度も引っかかるなよ・・・」

純「」

律「よし寝るかな」

純「・・・」チュッ

律「!!」

純「おやすみなさい」

律「う、うん、おやすみ・・・」



紬「じゃあ私次行きますね」

恵「はーい。秋山さんの写真わざわざありがとね!」

紬「いえいえ」ニコッ


250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 20:58:11.92 ID:06Dq57B7O

りっちゃんへたれかわいい

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 21:12:11.88 ID:li02jcsD0

平沢家。

紬「面談終わったわ~」

唯「ムギちゃんお疲れ様!」

憂「もう皆とお話したんですか?」

紬「ええ、もう話すネタもないわ」

唯「そっかぁ」

紬「みんなの想いが知れてよかったよかった」

唯「じゃあ私あずにゃんの家行くからゆっくりしていってね!」

憂「いってらっしゃい~気をつけてね」

紬「ばいば~い」


おわり



257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 21:28:12.48 ID:CezyQvyLO




260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /21(木) 21:36:08.30 ID:06Dq57B7O
いちょつ





| けいおん!!SS | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ブラストVIP最新記事 Powered By 我RSS

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blastvip.blog74.fc2.com/tb.php/264-9f8c2842

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。