FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

律「…おまたせ」

201006102108323b6_convert_20101031075400.jpg


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 00:45:35.11 ID:A2TObpYN0

「わたしにしか出来ない相談がある」

そう言った彼女の話を聞くため、わたしは今音楽準備室に向かっている。


「なあに?何でも聞くわよ」

「ここじゃちょっと…」

「じゃあ放課後…あ、今日職員会議だわ」

「終わるまで部室で待ってていい?」

「いいわ、じゃあ放課後ね」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 00:48:05.44 ID:A2TObpYN0

進路?部活?…恋の話?

自業自得なのだが、最近軽音部の誰かから「頼り」にされることが少なくなってしまっている。
今日くらいは教師らしく、凛としていないと。

シャツの衿を正し、ドアを開けた。


「ごめんなさい、待たせたわね」

「ううん、全然」

彼女は手にしたドラムスティックを置いた。


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 00:51:43.59 ID:A2TObpYN0

「…好きな人がいるんだ」

…恋の話か。若いっていいな。
なんて思いながら、わたしは軽く笑顔を作り、話を続けた。


「そう。で、どんな人?」

「背が高くて、髪が綺麗な人」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 00:54:43.52 ID:A2TObpYN0

あの子かな、と思った。
言いにくい理由はそのせいかもしれない。

女子校だから同性愛も普通、とまでは思わないけど、
女ばかりの環境で、憧れや勘違い。

または本気で同性を好きになるのも、おかしいことではないと思う。

わたしも経験者だから言えることだ。


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 00:56:28.82 ID:A2TObpYN0

「それで、りっちゃんはどうしたいの?」

「…気持ちを伝えたい」

「何だ、わたしに話す以前に覚悟してるんじゃない」


「頑張りなさい」

短くてありふれた言葉。
わたしが言える精一杯の言葉だ。

わたしの予想が当たっていれば、周りには理解されない恋だと思う。
上手くいけばいいなと思うけど、もし受け入れてもらえなければ…

でも、彼女はいつになく真剣だった。
初めて見た表情が、妙に色っぽかった。

教師として、人生の先輩として。
そんな彼女を応援したい気持ちは嘘じゃなかった。


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 00:59:37.53 ID:A2TObpYN0

「…うん、わたし言うよ」

「しっかりね。じゃあ今日は遅いし送ってあげるわ」


「待って」

意中の相手の話は、車の中でゆっくり聞こう。
思いっきり冷やかして、からかってやるか。

そう思って席を立つと、彼女はわたしを呼び止めた。


「待って、話聞いて」



「さわちゃん、好き」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 01:04:02.01 ID:A2TObpYN0

動揺が隠せない。
振り向いたわたしの顔は、きっとひどいものだっただろうと思う。

先ほどまで見せていた余裕も完全になくし、
心に誓った「教師らしく」は脆く崩れてしまった。

予想がこんな風に外れたなんて。


「わたしなの…?」

「うん、さわちゃんだよ」

さっきまでは反らしていた目を、まっすぐこちらにやる。

今度はわたしが目を反らしてしまった。


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 01:07:29.12 ID:A2TObpYN0

「こっち見てよ」

「ねえ」

「…頑張れって言ったくせに」

「もういいよ」


一つ一つの言葉が刺さる。

何も言おうとしないわたし。
痺れを切らした彼女は、ドラムスティックを鞄にしまった。


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 01:10:51.05 ID:A2TObpYN0

「で、送ってくれんだろ?」

「…そうね、帰りましょう」

車に乗り込んだわたしたちは、一切の言葉を交わさなかった。
バックミラーにかけたお守りが、むなしくただ揺れる。

彼女はずっと窓の外を眺めていた。
助手席の彼女は、ずっと窓の外を眺めていた。
時折、鼻をすする音を立て、深くため息をつく。

…わたしが傷つけてしまった証拠だ。


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 01:13:11.07 ID:A2TObpYN0

互いに言葉を見つけられないまま、長い沈黙が途切れる時がきた。


「さあ…ついたわ」


彼女は無言でドアを開ける。
去り際、似合わないお辞儀をくれた。

その時やっと目を見れたのに、彼女はこちらを見ようとはしないままだった。


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 01:16:07.84 ID:A2TObpYN0

次の朝、いつもより少し早く目が覚めた。

まったく寝た気がしない。
考えがまとまらず、昨晩は寝返りを打つばかりだった。

わたしの失礼な行為。
自分の言葉、それに対する裏切り。

…謝らなければ。


彼女に電話を掛けようか悩み、何度も番号を呼び出した。
結局通話ボタンは押せず、携帯をベッドに投げつける。

その繰り返しだった。


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 01:17:02.36 ID:FKv6+ZHp0

ほう珍しいけどありえないことじゃない支援

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 01:18:25.72 ID:A2TObpYN0

朝食をとる気はしない。
数日前にやめようと誓ったタバコに火をつけた。
少し頭がクラっとする。

煙のにおいのついた手で、手早く化粧を施した。
ただ時間を確認するためにつけたテレビでは、占いのコーナーが始まっていた。
着飾ったアナウンサーの「いってらっしゃい」の声を聞く前に、テレビを消して家を出た。


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 01:21:47.00 ID:A2TObpYN0

こんなに気の重い出勤は初めてかもしれない。
学校へ向かう車内、昨日助手席に座っていた彼女の姿が目に浮かんだ。

学校に着いて、既に2杯目のコーヒーをカップに注いだ。
やり切れない思いをかき消そうと、マドラーをかき回す。

席に着こうとすると電話が鳴った。


「山中先生、お電話です」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 01:25:00.50 ID:A2TObpYN0

彼女だ、と咄嗟に思った。


「お電話かわりました、山中です」

「田井中です、おはようございます」

「おはようございます」

「今日は体調が優れないので欠席します」

「…家の方は知ってるの?」

「わたしが起きる前に全員家出ちゃったんで、後から自分で言います」

「そう…じゃあお大事に」

「…失礼します、山中先生」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 01:29:10.23 ID:A2TObpYN0

いつもとは違う敬語に距離を感じる。
山中先生…今まで彼女にそう呼ばれたことはあったっけ?

電話を切った後、何も考えられなかった。
我に返ったのは、ホームルームを知らせるチャイムの音に気付いた時だった。


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 01:31:10.54 ID:A2TObpYN0

次の日には、何もなかったかの様に彼女は登校した。

いつものように元気で、変わった様子はない。
ホームルームが終わると、音楽準備室に走っていくおなじみの姿があった。

ただ、以前のようにわたしにおどけて話し掛けることがなくなっていた。

進路のことや、部の活動のこと。
ただ事務的なやり取りだけを、彼女らしくない敬語で交わす。


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 01:34:06.23 ID:A2TObpYN0

わたしはあれから、あの場所に行っていない。
正確には、部活動には顔を出さなくなった。


他の生徒から、「元気ないね」と声を掛けられることが多くなった。

「そうかしら?」

わたしはその度、作り笑顔でそう答えた。


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 01:37:25.92 ID:A2TObpYN0

自分のクラスの生徒は、もう半数以上が進路が決定した。
彼女もその中の一人だった。
部の友人、四人での合格報告。

「おめでとう」と言った自分の目が、笑えていたかはわからない。

教室では、旅行雑誌を片手に談笑する子や、
休み時間まで勉強に費やす子もいた。

二分化した空気の温度差が目立つ。


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 01:37:44.33 ID:FKv6+ZHp0

なんかいてぇな胸が……さわちゃん頼むぜぇ

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 01:44:47.44 ID:A2TObpYN0

卒業が近づいてる。
誰もがそれを感じていた。
わたしと彼女も、このままの状態で終わってしまうのだろうか。

どうにかしなければ、という気持ちと、
どうしていいかわからない、という本音。


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 01:51:20.31 ID:A2TObpYN0

いつもと変わらぬホームルームを終え、職員室に戻る。
暖房の効いた教室、冷たい空気が覆う廊下。

この教室の中の情景に似てるな、なんて思った。

ため息が白く濁ったのもつかの間、わたしは聞き慣れた声に呼び止められた。


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 01:53:45.69 ID:A2TObpYN0

「先生」

呼び名は戻っていなかった。


「はい」

「何で最近、部室来ないんですか?」

「それは…」

「…このまま、終わっちゃうの?」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 01:57:25.41 ID:A2TObpYN0

「今日も話したいことがあります」

「…また放課後でいいかしら?」

「部室で待ってるから」


どんな顔をすればいいだろう。

どう…謝ればいいだろう。
そもそも、謝ることが正しいのか?

考えているうちに、あっという間に放課後は来てしまった。


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 01:59:13.26 ID:A2TObpYN0

「遅くなってごめんなさい」

「ううん、大丈夫」

お互い一言ずつ話して、次の言葉は見つからない。
あの時と同じように、水槽のポンプが鳴り響いていた。


「ごめんなさい」

謝ったのはわたしではなく、彼女だった。


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 02:02:44.94 ID:A2TObpYN0

「困らせて、ごめんなさい」

目一杯、涙を溜めてまた謝る。

涙が流れでない様にか、口を一直線に結んで天井を見上げた。


「…どうしてあなたが謝るの?」

謝るとすれば、それはわたしの方なんだ。

気持ちに応えることも、受け入れることもしなかった。
目を背けることしか出来なかったのだから。


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 02:05:40.70 ID:A2TObpYN0

「謝らなければならないのは、わたしの方よ」

「だってわたし、先生のこと困らせ…」

「あなたは悪くないんだから、泣かないで」


とても身勝手だとはわかっている。

でも、わたしを思ってくれた彼女が。

わたしから距離を取ろうとした彼女が。

わたしの前で涙を堪える彼女が。

どうしようもなく、ただ愛しかった。


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 02:08:10.16 ID:A2TObpYN0

「りっちゃん」

思わず彼女を抱き締めた。

いつもは元気で強がっているけど、本当は華奢で繊細な女子高生。

肩に回した腕がだいぶ余った。
空いた手のひらは、彼女の頭に置いた。


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 02:10:19.18 ID:A2TObpYN0

「自分勝手だと思うわよね」

「いいよ、それでもいい」

「本当に…ごめんなさい」

「…さわちゃん、大好きだよ」

涙声で小さく彼女は言った。


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 02:12:13.68 ID:A2TObpYN0
「久しぶりにそう呼んでくれたのね」

最初にそう呼ばれた時のことを思い出す。
あの時は、受け入れるのに少し時間が掛かったんだっけ。
今はこんなに、その呼び名が恋しいなんて。

さっきの言葉に答える代わりに、軽く腕を締めた。


「帰りましょう、送っていくわ」

「うん、ありがとう」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 02:15:25.38 ID:A2TObpYN0

二人で車に乗り込む。

彼女はまた窓の外を眺めていた。

あの時と同じ、沈黙だった。

ただ違ったのは、この空間が心地良いこと。


「そうだ、今日うちに来ない?ごちそうするわ」

「え、いいの?」

「りっちゃんが良ければね。これまでお詫びに」

「よっしゃー!」

「じゃあ買い物して帰りましょう」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 02:23:04.90 ID:jbDQB4mRO

いいねいいね

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 02:23:12.89 ID:A2TObpYN0

一人じゃとても持てない荷物。
あれもこれも、とたくさん買い込んだ。

玄関にはハイヒールとローファー。
暗い部屋に暖かいあかりが灯る。


「適当に座ってて、今用意するから」

人のために作る料理なんていつぶりだ。

二人分は軽く超えてしまい、きっと食べきれないだろう。


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 02:25:10.32 ID:A2TObpYN0

「いただきます!」

「はい、召し上がれ」

「さわちゃん、美味しいよ!」

「それはよかった。ご馳走するなんて久しぶりだったから少し心配だったの」

「…男に作ってたの?」

「嫉妬?誰だっていいじゃない…でね、食べながら聞いて」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 02:27:22.21 ID:A2TObpYN0

「わたしたちは年が離れてるし、女同士。
 
 でもね、それは関係ないと、わたしは思うの。
 
 ただ問題なのは…」

「…先生と生徒?」

「そうね、教え子に手を出すなんて大問題よ」

「まあ、常識的に考えればそうか…」

「でもそこをクリアすれば問題ないわ」

「…もうすぐ卒業だしな」

「そう、だから卒業するまでは可愛い教え子」

「…ちゃんと待っててくれる?」

「もちろんよ」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 02:29:37.92 ID:A2TObpYN0

「あー、早く卒業したい」

「皆と会えなくなるのよ?」

「…さわちゃんとも毎日は会えなくなるよなー

 やっぱり卒業したくないかも」

「ふふふ、どっちよ」

「そういうさわちゃんは?」

「卒業…しないでほしくもあるし、してほしくもある」

「ははは、どっちだよ」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 02:32:04.12 ID:A2TObpYN0

「しかし作戦成功しちゃった」

「作戦?」

「うん、作戦」

「…どういうこと?」

「さわちゃん、断りはしなかったからさ、粘ればいけるかと思ったんだ」

「はい…」

「だからさ、押してダメなら引いてみました!」

「へえ…」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 02:35:30.32 ID:A2TObpYN0

「あ、でも今日で本当に諦めようと思ったんだからな~?」

「そう…」

「部室来てくんないし、ホームルームの時ですらこっち見ないんだもん」

「…そうだったかしら」

「ま、わたしの作戦勝ちってこと♪」

「あなたって子は…」

「きゃー!ふはは、やめてくすぐったい!」

思いっきり脇腹をくすぐってやった。
悔しくもその作戦にハマってしまったんだから、せめてもの反撃だ。


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 02:37:49.75 ID:A2TObpYN0

「本当、頭の良い悪い子ね」

「あんまり誉めんなって~」

「誉めてないわよ、まったく」

「…今の話で嫌いになった?」

「愛しくて仕方ないわ、悔しいけど」

そう言って、柔らかい彼女の頬に唇を当てた。


「…続きは卒業してからね」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 02:40:40.07 ID:A2TObpYN0

卒業式当日、とても寒く晴れた日だった。

わたしは柄になく泣いてしまった。
心地良いような喪失感を抱いて、部室から聴こえる演奏を聴いていた。

クラスの生徒から貰った寄せ書きでは、一番最初に彼女の名前を探した。


『さわちゃん、今までありがと』


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 02:45:10.09 ID:A2TObpYN0

彼女の書く『今まで』に、何が詰まっているかわからない。

顧問だったこと、担任だったこと。
クリスマスパーティに乱入したり、合宿を追っかけたり。

二人しか知らないであろう、部室でのやり取り。

それらを思い出しながら、もうすぐ始まる『これから』のために彼女を待っていた。


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 02:48:10.26 ID:A2TObpYN0

「もっと感動するようなこと書いてよね~」

「だって本気で書いたらラブレターなっちゃうじゃん?」

「まあ…そうね」

「原稿用紙何枚あっても足りねーし!」

「でも今までって…何か終わるみたじゃない」

「違うよ、うちらには『これから』があるんだって」

「はいはい、これからもよろしくね」

「…でさ、さわちゃん」

「は~い?」



「…おまたせ」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 02:49:31.99 ID:A2TObpYN0

以上 終わり

こんな時間までお付き合い頂き、本当にありがとうございました

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 03:09:32.57 ID:BV/0VTEGO

律さわいいな
おつかれさんでした

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 03:12:31.30 ID:zEN1kpLJ0

なかなかこう、短いのもいいね

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 05:53:01.09 ID:ZGxLJKxbO

おぉ……こいつは素晴らしいな



| けいおん!!SS | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ブラストVIP最新記事 Powered By 我RSS

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blastvip.blog74.fc2.com/tb.php/307-35fdac20

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。