FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

憂「お姉ちゃんとハロウィン」

e465aca3.jpg


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 18:04:53.72 ID:u1WDUFFX0

10月31日はハロウィンの日。

私はお姉ちゃんが着る仮装用の衣装作りをしています。
せっせと縫ってお姉ちゃんに似合うのを作りたいと思います。

毎日夜の空いた時間でしか作れないけど
一ヶ月前から取り掛かれば出来るかな?

一生懸命頑張りましょう。

お姉ちゃんの衣装はお化けの衣装でいいかな。
私は魔女にしようかな。

目一杯可愛く作ろう。そう思います。


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 18:09:38.12 ID:u1WDUFFX0

憂「もうちょっともうちょっと」

今日も夜なべをして作ります。
最近寒いですからちょっと手が冷えて動かしにくいんですよね。

お姉ちゃんからのプレゼントであるマフラーを巻いてやってます。

こうするとお姉ちゃんに護られて
お姉ちゃんを感じることが出来るのです。
そうです、あったかあったかになるんです。

もう首から全身に伝わり心も体もぽかぽかです。
とても良いことです。
ありがとうお姉ちゃん。私、頑張るよ。


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 18:17:53.38 ID:u1WDUFFX0

しーんと静まった部屋に居ると寂しさを覚えてしまいます。

そして耳を澄ませば隣の部屋からお姉ちゃんの寝息が聞こえてきそうです。
ちょっと可愛らしい寝息。もっとずっと聴いていたい気分です。

でも私にちょっと寄り道をしている時間はありません。
早く完成させないと。そう考えるばかりです。

後少しで完成ですからね!

お姉ちゃんの喜ぶ顔が浮かびます。
衣装を着たお姉ちゃんの姿も浮かびます。
それはそれはとても可愛らしいことでしょう。

喜んだお姉ちゃんはそのまま私に抱きつき、頬擦りをし
いっぱい頭を撫でてくれます。

そう考えているとちょっと位寒くたってへっちゃらですし
寂しさも吹き飛びます。ただただやる気が満ちて意気込むだけです。


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 18:26:09.69 ID:u1WDUFFX0

そんなこんなでハロウィン前日には
お姉ちゃんの分と私の分が完成しました。

我ながら上手く出来たと思います。
ちょっと付け焼き刃なところもありますが――精一杯頑張りました。

このお化けのひらひらした服を着たお姉ちゃんは
とても可愛いにちがいありません。
作っている時も衣装を着たお姉ちゃんを想像して作っていました。

その姿はやっぱり可愛さを全身に纏っています。
ああ可愛い可愛い。どうしてそんなに可愛いの。

頭の中に居るその可愛いお姉ちゃんが一向に消えません。
いえ、消えてしまっては困るんですが。
でもでも他に手がつかなくなるのでやっぱり困るかな?

それにいつまで経っても興奮が治まることは無いので寝ることも出来ないでしょう。


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 18:33:13.42 ID:u1WDUFFX0

私は部屋を出て、お姉ちゃんの部屋に行きました。
中を覗くとベッドに寝ているお姉ちゃんが見えます。

またギー太を抱いて寝ていました。
寝返りとかでギー太が折れないのか心配です。

乱れていたカバーをキレイに掛けなおし
暫くお姉ちゃんを見詰めました。

とても心地よさそうな表情で寝ています。
口からは涎が少し垂れていました。
そっとティッシュで拭いてあげます。

そして頭を優しく優しく撫でてあげます。
今日も可愛い寝顔が見れた。そう思います。

憂「お姉ちゃんおやすみなさい」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 18:41:32.86 ID:u1WDUFFX0

――次の日

ジリリリと云うけたたましい音に起こされ私は目が覚めました。
睡眠不足からか少し体が重く、のっそりと上体を起こします。

そして小さいあくびを一つ。

横に目をやれば、昨日完成したばかりの衣装が掛けてあります。
今夜はこの衣装が大活躍ですね。
そう思うと感極まり胸が熱いですよ。本当に。

今夜が待ち遠しいです。
早くお姉ちゃんを起こして、学校行って、授業終わらせて
お姉ちゃんと一緒にお揃いの仮装をしたいのです。

そうと決まれば早くお姉ちゃんを起こしましょう。

お姉ちゃんの部屋へ直行し、声をかけながら体を揺さぶって起こします。

おねーちゃーん。朝だよ起きてぇ――という感じですね。


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 18:48:23.29 ID:u1WDUFFX0

寝ぼけ眼のお姉ちゃんが可愛く、大きなあくびのお姉ちゃんが可愛く
目を擦るお姉ちゃんが可愛く、また涎が垂れてるお姉ちゃんが可愛く
抱きしめたいです。いえ、実際に目の前に居るとそう感じるのです。

視覚の情報がダイレクトに来る私にはこんなお姉ちゃんが堪りません。

憂「お姉ちゃんおはよう」

唯「おはようぅぅ」

憂「お姉ちゃん、衣装できたからね。今夜着ようね」

唯「わぁ本当?ありがとう、ういーー大好き!」

――私も大好きだよお姉ちゃん。
お姉ちゃんにぎゅっと抱きつかれて私はそう言いました。

朝からあたたかい温もりが味わえて最高です。


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 18:52:47.04 ID:S1gq4nuZ0

ほのぼの支援

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 18:56:23.90 ID:u1WDUFFX0

一緒に朝食を食べ終え、一緒に登校します。
もうそろそろマフラーが必要でしょうか。
新しいマフラーはお姉ちゃんがプレゼントしてくれたけど
一つのマフラーを一緒に首に巻きたい気分です。

でも、それぞれのマフラーを
それぞれの首に二重に巻いてみるのも良いかもしれませんね。

今度やってみましょう。
首周りがモコモコしそうで少し笑えてきました。

唯「どうしたのかな?」

憂「何でもないよ~」

唯「むぅ……」

お姉ちゃんはちょっと不思議そうな顔をしますが笑って返します。
お姉ちゃんはそっかー、と言いながら私にも笑い返してきました。

そしてそのまま二人してにこにこ笑顔のまま学校へ着きました。


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 19:04:32.96 ID:u1WDUFFX0

お姉ちゃんとの暫しの別れを惜しみつつも
自分の教室へ向かいました。

教室には梓ちゃんと純ちゃんがすでに来ていて
私も鞄を自分の机に置いてそこへ近づきます。

暫くお喋りをしていると予鈴が鳴りました。
授業のスタートです。

そのままお昼の時間まで時間は進みます。
あ、授業はしっかり聴いてましたよ。

梓「憂に純、お昼ご飯食べよ」

純「もっちろんっ!お腹すいたーー」

憂「うん、食べよう食べよう」

梓「それでさ憂。今日くるの?」

憂「うん、衣装完成したし、今夜行くよ~」

純「なになに、何かするの?」

憂「ハロウィンだよー」

梓「そっ、ハロウィン。唯先輩がやりたいんだってさー」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 19:09:56.29 ID:u1WDUFFX0

そうです。お姉ちゃんから言い出しました。
子どもみたいにはしゃいで可愛いです。
だから頑張って衣装を作りました。

純「ハロウィンねー。あれでしょ、とりっくおあとりーととか言うの」

梓「そそ、お菓子欲しいんだってさ。部室で食べてるのに」

憂「お姉ちゃん、ああいうお祭りごと大好きなんだ」

純「そうだったね。それでお菓子貰いに回るってのね」

梓「お菓子買わなきゃ」

憂「ごめんね梓ちゃん」

梓「いいよ、唯先輩のためだし、自分用にも買おうかな」

純「私も欲しいぃ!」

梓「純には明日あげるよ」

純「ラッキー」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 19:15:57.38 ID:u1WDUFFX0

そんな会話をしてちょっと笑い合ってお昼を終えます。
そうして午後の授業も終わりお姉ちゃんと一緒に家へ帰りました。
準備のため部活はありません。

家へ着けば早速お着替えです。
ああ早く仮装したお姉ちゃんを見てみたい。
そう思うと胸が高鳴るばかりですね。

唯「ういー。衣装どこぉ?」

憂「こっちだよ。私の部屋」

唯「わかったー」

お姉ちゃんを自室へ招き入れて出来上がった衣装を見せました。

唯「わー、服はこれ?カワイイー!」

憂「気に入ってくれてよかったぁ」

お姉ちゃんは衣装を持ってクルクルと回っています。
そうとう気に入ったのでしょう。
大変嬉しく思います。


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 19:21:53.07 ID:u1WDUFFX0

そして案の定強く抱きしめられ、頬擦りをされ
いっぱい頭を撫でてくれました。

――気持ち良い。

お姉ちゃんの手からお姉ちゃんの心が伝わってきて
陶酔してしまいそうです。ぶるぶると身震いがします。

憂「さあ着替えよう」

憂「お姉ちゃんが着たところ見てみたいなぁ」

唯「そうだね。私も憂が着たところ見てみたいなぁ」

そのまま私のお部屋で着替えました。


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 19:27:24.88 ID:u1WDUFFX0

ちょっと髪を乱して着替えるお姉ちゃんが可愛いです。
襟からホッと言いながら首を出す顔が可愛いくて見とれてしまいます。

ういー着替えないの?と言われ慌てて私も着替えました。

横目でチラッとお姉ちゃんを見ると
やっぱりというかサイズもピッタリで――私のと同じ大きさですが――
とても似合っていて
姿見にニコニコ笑顔のお姉ちゃんがとても可愛く映っていました。

お姉ちゃんは姿見の前で色々ポーズをとっています。
その一挙一動全てが可愛いと言っても過言ではありません。

とても愛でたくなるのです。
お姉ちゃんほど可愛い人は居ないと自負できます。
私が一番お姉ちゃんの近くで一番見てきたからわかるんです。


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 19:31:57.44 ID:u1WDUFFX0

唯「うーいー?どうどう?私似合ってる?」

憂「うん!とーっても似合ってて可愛いよ!」

唯「ホント?憂も似合ってて可愛いよ!」

憂「わぁ嬉しい。ありがとうお姉ちゃん!」

唯「えへへ。トリック・オア・トリート!」

憂「ええ?……今は……無いかな?」

唯「ふふふ……くれなきゃ、いたずらするぞー」

憂「きゃあ」

唯「そーれ、イタズラだー。コチョコチョ」

憂「あはははぁあぁ。お姉ちゃんくすぐったいいぃい」

唯「ダーメっ。もっとイタズラしちゃうよー」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 19:37:07.53 ID:u1WDUFFX0

憂「はぁはぁ……」

唯「やりすぎちゃったかな」

憂「ううん……。お姉ちゃん」

唯「なあに?」

憂「トリック・オア・トリート」

唯「へ?」

憂「私だって貰う側なんだよ~」

唯「……えへへ。持ってないや」

憂「……なら、イタズラだよー」

唯「わぁーー!」

憂「待ってお姉ちゃん。コチョコチョするからぁー」

唯「わぁぁくすぐったいい!」

憂「もっともっとコチョコチョ~」

唯「あははははぁぁああぁ」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 19:42:37.26 ID:u1WDUFFX0

唯「ふぇー」

憂「ふ~疲れちゃった」

唯「やりすぎだよ、ういー」

憂「えへへ。ごめんね」

憂「笑ってるお姉ちゃん可愛い!」

唯「そうかなー」

憂「うん!」

唯「ああ、遊んでたら結構遅くなっちゃった」

憂「本当だ。急いで準備しないと!」

唯「だねー、カボチャ買ってあるっけ」

憂「もちろん。お姉ちゃんはロウソク持ってきてー」

唯「ほいさ!」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 19:47:11.96 ID:u1WDUFFX0

はい、ランタンを作ります。
別名お化けカボチャとか云うみたいですね。

中身をくりぬき、刻み目を入れ
お姉ちゃんが持ってきたロウソクを中に立てます。
そうすると目の部分や口等から光が漏れるのです。

暗いところだと結構なキレイさを放ちます。
でも、少し怖さがある印象です。

唯「わーカワイイ」

憂「んー可愛いかなぁ」

唯「カワイイよぉ。ここの目なんか最高」

お姉ちゃんはそんなランタンに目一杯顔を近づけ
次の瞬間には頬擦りをしていました。

私は中に火があるから危ないよ、と言いました。

唯「あはは、このランタンなんかあったかくて」

唯「いいランタンですねー。いい子いい子」

憂「そろそろ準備もオッケーだし」

憂「外も暗くなってきたしいこっか」

唯「うん!行こう!!」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 19:51:24.28 ID:u1WDUFFX0

唯「さあ最初はちっりゃん家だよ!」

憂「うん!律さんの家へ!!ゴーだよ!」

――テクテクテクテク

唯「さぁ見えてまいりました。りっちゃん家」

憂「私初めて。大きな家」

唯「リビングとか広かったよ」

憂「へ~」

唯「さぁてピンポンしますか」

――ピンポーン ピンポーン

唯「わくわく」

憂「どきどき」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 19:57:15.03 ID:u1WDUFFX0

「はーい」

ガチャ――

律「うわっ……って……唯達かよ。はー本格的な格好だな」

唯「トリック・オア・トリート!」

憂「トリック・オア・トリート!」

律「へいへい。ほらよ」

――ポン

唯「やったぁ!」

憂「わぁーい!」

唯「おかし~おかし~おいしそう!!!」

憂「後で食べようねー」

唯「うん!」

唯「りっちゃんありがとう!じゃあまた!!」

――バタン

律「ホントにあれだけのためにきやがった。わざわざ仮装してまでねぇ」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 20:02:12.42 ID:u1WDUFFX0

――テクテクテクテク

唯「さあお次は澪ちゃん家だよ」

憂「澪さん家も初めてぇ」

唯「私もだよ!」

憂「え?」

唯「え?」

憂「お家の場所わかるの?」

唯「幼馴染で近所みたいだからその辺回ってれば見つかるんじゃないかなぁ」

憂「凄いしらみつぶしだね!」

唯「善は急げって言うしね」

憂「それ使い方が違うよぉ」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 20:06:17.09 ID:u1WDUFFX0

――テクテクテクテク

唯「ふぇ~疲れちゃった」

憂「お家無いね」

唯「近所じゃないのかなぁ」

憂「律さん家に戻って場所聞いた方がいいんじゃ――」

唯「お!あったあーーー!!」

憂「ホント?やったぁ!」

唯「ほら、秋山って書いてある。多分ここだよ」

憂「それじゃあ早速行こう!」

唯「おーー!」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 20:12:44.00 ID:u1WDUFFX0

――ピンポーン

唯「ふふふ」

憂「わくわく」

「澪ちゃん外に出てくれる?手が離せないの」

「わかったよママー」

ガチャ――

澪「はい、どなたですか――」

唯「トリック・オア・トリート!」

憂「トリック・オア・トリート!」

澪「…………」

澪「ひいいいいぃぃぃぃい!!!」

澪「おば、お、おおおおおばけえええええぇぇぇえ!!!!」

澪「ま、ママーーー!!!!」

唯「まって澪ちゃん!!!」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 20:15:14.50 ID:4W5/F7N20

澪wwww

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 20:17:50.97 ID:u1WDUFFX0

――ガシッ!!

澪「!!!!」

澪「ぎゃあああぁぁぁぁおばけがてつかんでるぅぅぅううう!!」

澪「……ガクッ」

憂「ああっ」

唯「ありゃ……気絶しちゃった」

唯「そんなにこわいかな」

憂「うーん。可愛く作れたと思うけどねぇ」

唯「もー澪ちゃんおかしくれないとイタズラしちゃうよー」

唯「みーおーちゃんてばー。おーきーてー」

憂「起きないね」

唯「むむ……しょうがない。イタズラをしておきましょう」

唯「この偶然持ってたペンで。おでこにカキカキ~ってね」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 20:23:26.97 ID:u1WDUFFX0

澪「う、ううん~」

唯「あ、澪ちゃん起きた」

澪「ひいい!!ま、まだ居る……!」

唯「澪ちゃん私だよ唯だよー」

澪「見えない聞こえない見えない聞こえない」

唯「もーほら顔を良く見て」

澪「…………あっ。唯、か」

唯「さっきからそう言ってるじゃん」

澪「ごめんごめん、てっきりお化けが来たかと」

唯「へへへ。憂が作ってくれたからね。精巧に出来てるんだよ」

澪「あ、あぁ。近くで見るとさらに怖いな」

唯「それよりトリック・オア・トリートだよ!!」

澪「わ、分かったよ。ちょっとまってて」

トテトテ――


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 20:27:07.89 ID:u1WDUFFX0

――トテトテ

澪「はい、お菓子だ。これでいいかな」

唯「わーーい!おかしだぁ。ありがとう澪ちゃん!」

憂「お菓子だーありがとうございます。澪さん」

澪「あ、いや、いいんだ。喜んでもらえれば」

唯「では!また後で!!」

憂「失礼します」

――バタン

澪「……あーこわかった……」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 20:31:48.20 ID:u1WDUFFX0

――テクテクテクテク

唯「お次はムギちゃん家だー」

憂「紬さんの家……すごそう」

唯「しかし問題が一つ」

憂「ま、まさか」

唯「そのまさか……家がまったくわかりません!!!」

憂「け、ケイタイで場所聞いたり」

唯「ハロウィンは突撃あるのみ!わざわざ場所を聞くわけにはいかない!」

憂「そんなもんなの?」

唯「うん!……多分!」

唯「しょうがない……ムギちゃん家は諦めるかぁ」

憂「残念だね」

唯「ムギちゃん……また後で!!」


紬(唯ちゃん遅いなぁ~お菓子沢山用意したのになぁ……って家の場所教えたっけ?)


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 20:36:37.88 ID:u1WDUFFX0

――テクテクテクテク

唯「最後はあずにゃん家かな」

憂「梓ちゃんの家なら何回か行ったことあるね」

唯「うん、大きな家だね。CDとかコンポとか凄いのがいっぱい」

憂「ご両親が音楽関係の人だったかな」

唯「だからあずにゃんはあんなにもギターが上手いんだね!」

憂「お姉ちゃんも上手だよ!」

唯「えへへーありがとう、ういー!」

唯「そう言ってる間にあずにゃん家に着きました!」

憂「それじゃあ早速」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 20:42:17.07 ID:u1WDUFFX0

――ピンポーン

「はいはい」

ガチャ――

梓「誰でしょうか」

唯「トリック・オア・トリート!」

憂「トリック・オア・トリート!」

梓「ひぃっ……って唯先輩達ですか」

梓「予想外に凝った仮装ですね」

唯「トリック・オア・トリートだよあずにゃーん」

唯「それともあずにゃんはイタズラの方がお好きなのかなー?」

梓「ち、違いますよ!!すぐ持ってきますから大人しくしててください!」

タッタッタ――


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 20:46:24.32 ID:u1WDUFFX0

――タッタッタ

梓「はい、お菓子ですよ」

唯「わーい、これまたおいしそうなおかしだねー」

憂「本当。ありがとう梓ちゃん」

梓「あ、いや唯先輩嬉しそうだし……いっかな」

唯「あずにゃんありがとうー大好きー」

梓「わっ、あ、いや、そんないいですって……えへへ」

唯「それじゃあ、また後でね!!バイバイ!」

憂「じゃあねー」

――バタン

梓「……もう、もっと居てもいいのに……」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 20:50:33.70 ID:u1WDUFFX0

――テクテクテクテク

唯「こんなに沢山もらったよ!」

憂「よかったねー」

唯「さあこれでパーティーが出来るぞー!」

憂「わぁーい」

和「あら、唯に憂じゃない」

唯「あ、和ちゃーん」

和「はいはい、今から貴方達の家に行くところだったの」

和「ちょうどいいわ、はいお菓子」

唯「おーありがたい!でもよく私達ってわかったね」

和「こんな所でそんな格好してるの唯達くらいよ」

唯「そっか~えへへありがとう」

憂「!?」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 20:55:57.92 ID:u1WDUFFX0

そのまま和ちゃんと一緒にお家へ向かいました。
ランタンの光がちょっと怪しい雰囲気をだしています。
もうすっかり暗くなっているのでちょっと怖いですね。

唯「さあただいま我が家」

憂「ただいまぁー」

和「おじゃまするわ」

憂「リビングでくつろいでてね、すぐ準備するから」

和「私も手伝うから」

憂「ありがとう!」

唯「はぁー歩きつかれたー」

お姉ちゃんはそう言うとソファーに寝転びます。
ちょっぴり服がめくれ、お腹が見えてるのが可愛いと思います。

貰ったお菓子をお皿等に空け、こたつの上に並べます。
後は自分で作ったお菓子も並べれば準備オッケーです。

これでお菓子パーティーが出来ますね。


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 21:01:18.79 ID:u1WDUFFX0

憂「おねーちゃん、オレンジジュースここに置いておくね」

唯「わかったぁーありがとう、ういー」

憂「ふふふ……。和ちゃんもはい、ジュース」

和「ありがとう憂」

和「……他のみんなは遅いわね」

憂「んーもう来ると思いますけど――」

――ピンポーン

憂「あ、来た!」

「おーい、ゆーいー来たぞー」

「こらっ。夜遅いから静かにしろ」

「そうですよ!非常識な」

「まあまあまあまあ」

来ました。
みなさんを二階へ招き入れます。


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 21:07:32.87 ID:u1WDUFFX0

唯「みんなーようこそ!」

律「よっしゃーお菓子食べるぞー」

澪「こら唯!おでこに落書きしてくな!」

唯「あはは澪ちゃんまだ少し跡が残ってるー」

律「みおちゅわんは可愛いおでこしていますねぇ」

澪「う、うるさい!」

紬「はい唯ちゃんお菓子いっぱい持ってきたよ」

唯「わーありがとう!ムギちゃん大好きー」

紬「ふふふ、家教えてなかったから来れなかったわね」

唯「うん、ごめんねー」

紬「いいのよ、代わりに今日はいっぱい楽しみましょう」

唯「うん!」

梓「私のお菓子美味しいからいっぱい食べてくださいね」

唯「もちろんだよーあずにゃーん!」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 21:13:37.03 ID:u1WDUFFX0

みんなはお話しに花を咲かせます。
みんなお姉ちゃんを囲んで笑い合っています。
お姉ちゃんは人気者です。とても嬉しく思います。

そんなお姉ちゃんを遠くからでも見ているだけでいいと思ってたんですが
どことなく寂しさを覚えてしまいます。

お姉ちゃんは私を見ていてくれるんでしょうか。
私はいつもお姉ちゃんを見ています。

けどお姉ちゃんはけいおん部のことで頭がいっぱいじゃないのか――
そう思っていました。

実際部活のことを沢山お話します。
後輩の梓ちゃんのこともいっぱい喋ります。

私達のことを話す時間は減りました。
やっぱり寂しいのでしょうかね。私は。

そんなお姉ちゃん達をぼーっと見ているとお姉ちゃんに呼ばれました。


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 21:18:56.60 ID:u1WDUFFX0

唯「うい、こっちこっち」

憂「なあに?」

唯「ほらムギちゃんこの服、憂が作ってくれたんだよぉ」

紬「わぁすっごく綺麗に出来てるわね。流石憂ちゃんってところかしら」

憂「いえ、そんな」

唯「ういは何でも出来るもんねー」

唯「本当。出来た妹で、私の大切な妹だよー。よしよし」

そう言うと私の頭を優しく撫でてくれました。

律「部活じゃあ憂ちゃんの話ばっかだもんなー」

梓「耳にたこが出来ますよ」

紬「憂ちゃん愛されてるわねー」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 21:24:02.52 ID:u1WDUFFX0

そっかぁ部活でお姉ちゃんは私のことを……。
私は見えるところでしか判断してなかったですね。
お姉ちゃんは見えないところでも私をちゃんと見てたのかな。

何か前もこんなこと思ってた気がします。
その時もお姉ちゃんはちゃんと見ててくれる
そう無理矢理納得してきました。

でも今日ちゃんとしっかりこの耳で聞くことが出来ました。
なのでついつい嬉しくてお姉ちゃんに抱きついてしまいました。

とてもあたたかいです。

唯「わっ」

憂「お姉ちゃん……」

律「おー仲の良いことで」

紬「素敵なことじゃない」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 21:29:06.42 ID:u1WDUFFX0

あの後、いっぱいみさなんとお話をし笑い合いました。
お菓子も食べつくし、もうそろそろ帰らないと補導される時間です。

そんなみなさんをお姉ちゃんと一緒に玄関で見送ります。

唯「じゃあまた明日ねー」

憂「みなさんお疲れ様でした。おやすみなさい」

梓「憂また明日ね。唯先輩もおやすみなさい」

律「じゃーなー」

澪「二人ともおやすみ」

和「じゃあね、おやすみなさい」

紬「またね、唯ちゃん、憂ちゃん」


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 21:34:29.40 ID:u1WDUFFX0

扉が閉まると途端に静けさが増しました。
何とも寂しい瞬間です。

なんとなくお姉ちゃんの腕に手を絡めます。

唯「ん……片付けてそろそろ寝よっか」

憂「うん」

唯「あっ、先にお風呂入るといいよ。片付けは私がやるから」

憂「えーっと……じゃあそうしようかな」

唯「片付け任してね!」

憂「うん!」


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 21:41:12.91 ID:u1WDUFFX0

――カポーン

肩まで湯船に浸かり体の疲れを癒します。

今日は楽しかったです。色々と歩き回って疲れもしたけど。
いつも以上にお姉ちゃんと笑い合えたから良かったと思います。

そのままふわふわ時間を歌いながらゆっくり体を休めました。

暫くしてからお風呂場を出てリビングへ行くと
そこはすっかりキレイになっていました。

お姉ちゃんはソファーにうつ伏せに寝転がっています。

憂「お姉ちゃん?寝ちゃったの?ここで寝ちゃダメだよ」

体を揺さぶって起こします。

唯「んん……ねむいぃ」

憂「疲れたんだね。もう寝ようね」

唯「うん」


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 21:48:43.12 ID:u1WDUFFX0

憂「お風呂はどうする?」

唯「明日の朝入るよぉ」

憂「そう、寝るなら一緒に寝ていい?」

唯「ふぇ?私お風呂入ってないから匂うかも……」

憂「いいの。私お姉ちゃんと一緒に寝たいから」

唯「えへへわかった。寝ようね」

そう言うとお姉ちゃんは立ち上がり私の手を引っ張って三階へ行きました。
上がって直ぐの扉を開けるとお姉ちゃんのお部屋。

朝から何も変わっていません。

お姉ちゃんはベッドにぴょんとダイビングしました。
そして少し跳ねるお姉ちゃん。
トランポリンにでも乗ったみたいで可愛いです。

そんなお姉ちゃんは寝転がった状態で私の方に手を差し伸べました。

唯「憂、おいで」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 21:55:38.09 ID:u1WDUFFX0

お姉ちゃんの手を握り、ベッドに潜り込みます。
ベッドはまだちょっと冷たかったけど
お姉ちゃんの方からあたたかさが伝わってきました。

唯「憂は良い匂い」

憂「そんなに匂い嗅いじゃ恥ずかしいよ」

すんすんと匂いを嗅ぐお姉ちゃんは可愛いけど
嗅がれる側は大変恥ずかしい思いです。

唯「良い匂い過ぎて眠気が凄いよぉ。いっぱい寝れそう」

お姉ちゃんは私の体に手を回しピッタリとくっついています。
足も私の足と絡め、離してくれそうもありません。
でもこんな状態が大変好きです。

ちょっと胸がドキドキして寝れそうもないかもしれないですけど。

今日みたいな良いことがあった日は
お姉ちゃんと一緒に寝るのが一番です。
嬉しさが二倍となって凝縮され、思い出として残る気がするから。

そうしている間にお姉ちゃんの寝息が聞こえてきました。
私も目を瞑りましょう。それだけでも体は休まります。

今日はいつ寝れるかな?お姉ちゃんの寝息を聞きながらそう思いました。


                                  おしまい


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 21:58:18.61 ID:Mozf0/tTO

良かった
最高に良かった
おつです

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 22:00:13.11 ID:nwnc8lTiP

おつ、ほのぼのしててよかった

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10 /31(日) 22:23:48.09 ID:ht6RTGBgO

良いなシンプルで




| けいおん!!SS | 03:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ブラストVIP最新記事 Powered By 我RSS

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blastvip.blog74.fc2.com/tb.php/314-2835fef7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。