FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

梓「明日?まあ、一応暇だけど……」

k-13-2.jpg


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 00:23:52.40 ID:mjyQwhf60

純「お願いっ!うちの猫預かって!」

梓「……また?」

純「急に用事出来ちゃってさ、頼める人他にいなくて…
…」

梓「楽器屋にでも行こうかと思ってたんだけど……」

純「そこをなんとか!今度おごるからっ!」

梓「……」

純「ケーキでもドーナツでも!ね?」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 00:30:10.07 ID:mjyQwhf60

梓「はあ……いいよ、じゃあ」

純「ありがと~……恩にきるよ!やっぱり持つべきもの
は親友だよね!」

梓「ほんと調子いいんだから」

純「まあまあ、梓もうちの猫に会いたいでしょ?」

梓「いや、まあ……うん……可愛いから、ね」

純「ペットは飼い主に似るって言うからね~」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 00:37:31.85 ID:mjyQwhf60

梓「純のお母さんキレイだもんね」

純「いやいや、飼い主わたしだから」

梓「飼い主だって思われてないんじゃない?」

純「それはない!……はず」

梓「飼い主のことを召し使いみたいに思ってる猫、よく
いるらしいし」

純「なんですと?!……はあ……身の回りのお世話きち
んとしてあげてるのに……」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 00:41:54.96 ID:mjyQwhf60

梓「純って案外尽くすタイプなんだね」

純「飼い主だから当然っ あ、明後日の夕方には迎えに行くから」

梓「え、何、一泊?」

純「このとーりっ!一生のお願い!」

梓「はあ……わかったよ……」

純「えへへ サンキュー、梓」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 00:46:05.26 ID:mjyQwhf60

――――――――
―――――

純「それじゃあ、よろしくお願いします これ、ご飯ね」

梓「はいはい」

純「じゃあねーいい子にしてるんだよー」ナデナデ

純「明日また連絡するから、じゃね」

梓「はいはい」

梓「……」

梓「ふう……」

梓「さて、と……お家入ろっか」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 00:52:15.47 ID:mjyQwhf60

梓「ふんふーん」

猫「にゃー」

梓(二回目だから、前より気が楽だな……)ナデナデ

梓(もう毛玉吐かれても冷静に対処できるし……たぶん)

猫「」ゴロゴロ

梓「うふふ……可愛いなぁ」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 00:59:04.79 ID:mjyQwhf60

梓(でも、毛玉吐くのってなんか可哀想……つらそうだし……)

梓「」ナデナデ

猫「」ゴロゴロ

梓「……あーずにゃん2号ー」

猫「にゃーん」

梓「うふふ」ナデナデ

梓「……どうにかしてあげられないかな……?」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 01:05:13.75 ID:mjyQwhf60

猫「」ペロペロ

梓「あ……だめだよ、舐めちゃ」

猫「にゃー」

梓(猫って自分の身体をペロペロするから、毛玉吐いちゃうんだよね)

猫「」ペロペロ

梓「あ……また……」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 01:12:21.90 ID:mjyQwhf60

梓(仕方ない、のかな……?でも、このままだと吐いちゃうだろうし……)

梓「……」

梓「あ」

梓「そうだ……それなら……!」ガバッ

猫「にゃー」ゴロン

梓「わたしが……ペロペロしてやるです……!」ペロペロ


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 01:18:08.06 ID:mjyQwhf60

梓(わたしが2号の代わりに舐めてあげれば……)

梓(これでペロペロもできるし、毛玉も吐かない……)ペロペロ

梓「これこそが……」

梓「あずにゃんのあずにゃんによるあずにゃんのためのペロペロです!」ペロペロ

猫「にゃー、にゃー」

梓「気持ちいい……のかな?……わかんないや」ペロペロ

梓「まあ、これで毛玉の心配はないはず……」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 01:26:10.69 ID:mjyQwhf60

梓「」ペロペロ

梓「……ふう」

梓「全身舐めつくしたし……もうそろそろいいかな?」

猫「にゃーん」

梓「これで大丈夫だよね……?あずにゃん2号」ナデナデ

猫「にゃーん」

梓「うふふ……」

梓「あ、そうだ……猫じゃらしもってきて遊んであげよっと」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 01:33:21.14 ID:mjyQwhf60

――――――――
―――――

純「一日お世話になりましたー、ありがとね」

梓「夕方って言ってたのに、もう夜じゃん……」

純「ま、まあ、夕方も夜も同じでしょ!とにかく、助かったよ」

純「お前もいい子にしてたかー?よしよし」

梓「……」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 01:39:58.53 ID:mjyQwhf60

純「それじゃ、行くね 梓もこの子に会いたくなったらいつでも家においでよ」

梓「え?あ……ああ、うん、今度ね」

純「また明日、学校でねー」

梓「うん、ばいばい」

梓「ふう……」

梓(今回は毛玉も大丈夫だったし、上手に預かれたかな……)

梓「……ふふっ」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 01:46:20.80 ID:mjyQwhf60

――――――――
―――――

ガチャ

梓「こんにちはー……って、あれ」

梓「まだ誰も来てないのかな」

梓「……」

梓「練習してようかな……」

梓「」ジャカジャカ


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 01:51:06.79 ID:mjyQwhf60

ガチャ

梓「あ」

唯「一番のり~……って、あずにゃ……!」

梓「唯先輩、こんにちは」

唯「あずにゃん!」ガバッ

梓「わわっ」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 01:56:25.65 ID:mjyQwhf60

唯「あずにゃんあずにゃ~ん」ギュー

梓「ど、どうしたんですか唯先輩?」

唯「えへへ……」

ペロッ

梓「ひゃあっ?!」

唯「あずにゃ~ん」ペロペロ

梓「ちょ、ちょっと……唯先輩……」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 02:00:19.45 ID:mjyQwhf60

唯「」ペロペロ

梓「や、やめてください!ふざけすぎですよ!」

唯「あ~ずにゃんっ」ペロペロ

梓「ひうんっ!」ビクッ

唯「えへへ~」

梓「ゆ、唯先輩……いい加減に……」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 02:05:22.33 ID:mjyQwhf60

ガチャ

律「……でさー、そしたら澪のやつが……」

紬「うんうんっ」

澪「り、律!もうその話はいいだろ!」

梓「あ、せ、先輩方!助けてください!」

律「よーっす……って、唯?!なにして……!」

梓「は、早く唯先輩をなんとかしてください!お願いします!」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 02:11:04.04 ID:mjyQwhf60

澪「……」

紬「……」

唯「あずにゃ~ん」ペロペロ

梓「澪先輩もムギ先輩も!……って、先輩方?」

律「……梓」ガシッ

梓「え?え?律先輩?」

律「」ペロッ

梓「っ?!」ビクッ


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 02:15:27.39 ID:mjyQwhf60

澪「梓……」

紬「梓ちゃん……」

ペロッ

梓「にゃあっ?!」

澪「あ~ずさ~」ペロペロ

紬「うふふ」ペロペロ

梓「な……やっ……」ビクッ

梓「先輩方まで……ふざけない、で、ください……!」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 02:21:17.73 ID:mjyQwhf60

唯「」ペロペロ

梓「ほ、本気で怒りますよ……!」

律「」ペロペロ

梓「は、話を聞いてください!」

澪「」ペロペロ

梓「ひゃっ?!……も、もう!」

紬「」ペロペロ


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 02:26:13.41 ID:mjyQwhf60

梓(先輩方、まるで何かにとりつかれたみたいに……)

ペロペロ

梓「ひゃんっ!」ビクッ

梓「と、とにかく一旦逃げるです!」ドンッ

唯「?!」

ガチャ バタン

梓「はあっ……はあっ……」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 02:32:06.29 ID:mjyQwhf60

梓「な、なんとか準備室に逃げ込めたけど……」

唯『あ~ず~にゃ~ん』ドンドン

梓「うわああ……出られないよ……」

梓「どうして、こんなことに……」

梓「……」

梓「……いや、まさか」

梓「もしかして……」

梓「あずにゃん……2号……?」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 02:38:10.97 ID:mjyQwhf60

梓「わたしが2号をペロペロしちゃったから……?」

梓「2号……怒っちゃったのかな……?」

梓「……」

梓「猫が人にとりつくって良く聞くし、不思議な逸話もたくさんあるし……」

梓「信じられないけど……他に原因が見当たらないし……」

梓「ど、どうしよう!謝ったら許してくれるかな……?」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 02:45:26.48 ID:mjyQwhf60

梓「とにかく……2号に会ってみて……」

梓「そうだ、電話!」

ピッピッ

プルルルル

ガチャ

梓「もしもし、純?」

純『どした?』

梓「今すぐあずにゃん2号……じゃなくて、猫に会いたいんだけど!」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 02:51:02.75 ID:mjyQwhf60

純『今日?まあ、いいけど……部活終わったら家くる?』

梓「部活終わったらじゃなくて今すぐ!らいとなう!」

純『は?いや、部活中だし……』

梓「緊急事態なの!頼みます!一生のお願い!」

純『えー……』

梓「ほんとのほんとに困ってるの!ねえ、お願い!」

純『わ、わかったよ……』

梓「ありがとう!じゃあ玄関で待ってて!」ガチャ


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 02:57:35.97 ID:mjyQwhf60

梓「よし……あとは部室から脱出するだけ……」

澪『あ~ずさ~』ドンドン

梓「どうやって出ようかな……ん?」

梓「着ぐるみ……これ着れば、わたしだって気づかれないんじゃ……」

紬『あずさちゃ~ん』ドンドン

梓「先輩方はおかしくなってるし、もしかしたらいけるかも……!」

梓「……」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 03:02:02.07 ID:mjyQwhf60

ガチャ

律「あ~ずさ~!……?」

梓「……」

唯「あずにゃん?」

梓「」スタスタ

紬「あずさちゃ~ん?」バタバタ

澪「あずさ~」バタバタ


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 03:07:20.41 ID:mjyQwhf60

梓「」スタスタ

ガチャ バタン

梓「ふう……」ヌギヌギ

梓「……」

梓「びっくりするほど上手くいった……」

梓「さて、と……急がなきゃ……」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 03:11:39.87 ID:mjyQwhf60

梓「おーい」

純「あ、梓!」

梓「ごめんね、急に……さ、早く行こう!」ダッ

純「あ、ちょ、ちょっと!」

梓「純!走って!」

純「もー!意味わかんないよ!」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 03:14:22.27 ID:mjyQwhf60

――――――――
―――――

梓「はあっ……ついた……」

純「ぜー……ぜー……」

梓「純、早くカギあけて!」

純「ちょ、ちょっと……はあっ……待って……」

梓「貸して!」バッ

ガチャガチャ

梓「よし!……2号!あずにゃん2号!」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 03:19:11.82 ID:mjyQwhf60

梓「いたっ!」

梓「2号!ごめんなさい!」バッ

純「はあっ……あ、梓……何土下座してるの……?」

梓「わたしのせいであずにゃん2号が怒って!それで先輩方にとりついて!」

純「い、意味わかんない……まあいいや、今飲み物もってくるね……」

梓「ほんとにごめんなさい!変なことしちゃって!」バッ


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 03:23:40.06 ID:mjyQwhf60

猫「にゃー」ゴロン

梓「え……?」

猫「にゃー」

梓「あれ?もしかして……」

猫「」ペロペロ

梓「怒ってたんじゃなくて……ペロペロして欲しかったのかな……?」

猫「にゃーん」

梓「は、ははっ……そうだったんだ……」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 03:30:09.25 ID:mjyQwhf60

梓「も、もう……びっくりしちゃったよ……」

猫「……」

梓「はいはい」ペロッ

猫「」ゴロゴロ

梓「んっ……たまにペロペロしにきてあげるから、もうイタズラしないでよ?」

猫「にゃーん」

梓「えへへ、いい子いい子……」ペロペロ

純「お待たせー……って、な、何してんの?!」



END


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 03:46:27.43 ID:w3Q8k3T+0

乙です

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11 /10(水) 03:48:08.07 ID:JX2UcABeO

おつ




| けいおん!!SS | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ブラストVIP最新記事 Powered By 我RSS

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blastvip.blog74.fc2.com/tb.php/352-2f397efa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。