FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

唯「最近憂の様子がおかしい」

yuiui.jpg


1 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:12:45.67 ID:i10r++KNO

唯「んだよ~」

律「憂ちゃんが?」

唯「うん。夜遅くまで起きてるみたいだし、ご飯食べ終わるとすぐに部屋に戻っちゃうし」

澪「そんなにおかしいか?」

唯「前までは、特にしなきゃいけないことが無い限りいつも二人で居間に居たんだよ~」

紬「それなら、何かしなきゃいけないことが憂ちゃんにあるんじゃないかしら?」


3 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:13:52.93 ID:i10r++KNO

唯「う~ん。特にそんなことは無いと思うんだけどなぁ。期末テストも終わったし…」

律「唯と一緒に居るのが嫌になったとか」

唯「え、えっ!?」

澪「お、おい律!言って良いことと悪いことがあるだろ!」ゴンッ

律「ったぁ。じょ…冗談だよ。冗談…」


4 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:14:38.95 ID:i10r++KNO

唯「そ…、そうなのかなぁ。憂、私の事嫌いになっちゃったのかなぁ…うぅ」

紬「憂ちゃん、唯ちゃんのコト大好きだからそんなことは無いと思うけど…」

唯「でも私、お姉ちゃんとして憂にとりわけ何かしてる訳でも無いし…。ぐすっ」

唯「うっ、ふぇ、ご、ごめんね憂、嫌いにならないでぇ…!うぇぇぇん!」

澪(おい、律が変な事言うから唯が泣き出しちゃったじゃないか!どうにかしろ!)

律(いや、軽い冗談だったんだってば…。どうにかしろったって)


5 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:15:40.43 ID:i10r++KNO

律「お、落ち着け唯。きっとそんなんじゃないって!最近、憂ちゃんに他に変わったコトとかなかったか?」

唯「ぐすっ…。変わったコト…?そういえば最近、家にやたら憂宛てに荷物が届くかな…」

梓「!!」

紬「荷物?」

唯「うん…」

梓「唯先輩、その荷物、何処からですか?」


7 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:16:22.31 ID:i10r++KNO

唯「えっ」

紬(梓ちゃん、全然喋らないから、存在を忘れてた…)

唯「えーっと、確か、amazolって所から…」

梓「…なるほど」

紬「梓ちゃん、何か分かったの?」

梓「いえ、特に何も」


8 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:17:10.97 ID:i10r++KNO

律「ってなーんでーやねーん!!」

梓「うわっ、何ですかデコ先輩!」

律「今の流れだと何か重要なコトに気付いた感じだっただろうが!ていうかデコ先輩ってなんだ中野!」

梓「ぷっ」

律「このヤロウ…!!」


9 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:17:45.12 ID:i10r++KNO

梓「ちょっ、うわ、グリグリしないでください!い~たい~!!」

律「先輩を馬鹿にするなよ後輩!」

紬「あぁ…」ウットリ

澪「…ムギ、お前はなんでも良いんだな」

唯(憂…、ホントに私の事嫌いになっちゃったの…?)

梓(…憂のためにも言わないでおいた方が良いよね)


11 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:20:16.12 ID:i10r++KNO

平沢家

唯「ただいま~」

トタトタトタ…

憂「お帰りお姉ちゃん!ご飯出来るてるよ、それとも先にお風呂入っちゃう?」

唯「あ、憂…」

憂(あれ、お姉ちゃん元気無い?)

憂「お姉ちゃん、どうかしたの?具合悪い?」


13 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:20:50.81 ID:i10r++KNO

唯「う、ううん、何処も悪くないよ!」

憂「ホント?」

唯「本当!お腹空いちゃったから、早く憂の料理が食べたいな!」

憂「分かったよ!それじゃあすぐに準備するね!」

唯「うん!憂のお料理~♪」

憂(良かった、いつものお姉ちゃんだ!)


15 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:23:04.41 ID:i10r++KNO

唯(嫌いなお姉ちゃんに対して、噫もそんなそぶりを見せない憂)

唯「ホントに良い子だね…」

憂「?」

唯「ううん、頂きます!」

憂「召し上がれ♪」

唯「美味しい!」

憂「ふふ、良かったぁ」


16 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:23:42.44 ID:i10r++KNO

………

憂「ふぅ…」

唯「憂、片付け手伝うね」

憂「あっ、良いよ良いよ。お姉ちゃん、部活で疲れてるでしょ?」

唯「ううん、いつも憂にばっかりやらせる訳にはいかないよ!」

憂「お姉ちゃん…」ジーン


17 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:24:38.59 ID:i10r++KNO

唯「さっ、何すればいい?」

憂「でもすぐに終わっちゃうから大丈夫だよ。お姉ちゃん、休んでて?」

唯「あっ…。そ、そっか、うん、分かったよ…」

唯(私と一緒に居たくないんだね憂、ごめんね…)

憂(あ、なんか哀しそう。悪い事しちゃったかな)


19 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:25:17.52 ID:i10r++KNO

唯「憂、片付け終わった?」

憂「うん、終わったよ~」

唯「一緒にアイス食べよ~?」

憂「あ、ごめんね。私、今お腹いっぱいだから…」

唯「あ、そ、そうなんだ」

憂「アイス冷蔵庫に入ってるよ!それじゃ、私は部屋に戻るね」

タタタタ…


20 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:25:59.83 ID:i10r++KNO

唯「アイス…」モグモグ

唯「うぃ…」

唯「一人で食べても、美味しくないよぉ…」

唯「うっ、うう…」ポロポロ


21 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:26:44.02 ID:i10r++KNO

………

唯「ふぅ、お風呂入ったらちょっと気が晴れたかなぁ」

唯「よし、憂と仲直りするために頑張るぞ!」

ピンポーン

唯「…お客さん?もう8時なのに」

ピンポーン

唯「はい、今行きますよー」


23 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:28:19.43 ID:i10r++KNO

「こんばんはー」

唯「宅配便ですか?」

「はい、平沢憂さん宛てですね」

唯「!」



「あざっしたー」

唯「どーもです」

唯「また憂宛てにamazol!」

唯「ここ一ヶ月で、もう10回を越えてる…!!」


25 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:29:09.56 ID:i10r++KNO

唯「中身気になるなぁ。憂、一体何買ってるのかな」

唯「開けちゃ、いや、ダメだよね」

唯「でもでも、気になる…!」

唯「憂は真面目だから、参考書とかかも」

唯「有り得る」


26 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:30:10.51 ID:i10r++KNO

憂「お姉ちゃん、お風呂入った?次、わた…」

唯「あっ、憂!?」

憂「おおおおおおおおお姉ちゃん!!」ダダダダダダ

唯「わあっ!?」

憂「こっこれは、私の荷物だよ!!」

唯「う、うん。たった今届いたんだよ」

憂「なか、なかっ、中身見てないよね!?」

唯「み、見てないよ~」


27 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:30:40.60 ID:i10r++KNO

唯(見ようとしてたけど)

憂「そ…そっか。なら良いけど…。まさか、お姉ちゃん、開けようとしてた?」

唯「しっしてないしてない!」

憂「そ、うだよね。人の荷物勝手に開けたりなんかしないよね。疑ってごめんね」

唯「あはは…」

唯(うう、開けようとしてました、ごめんなさい)


30 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:31:36.15 ID:i10r++KNO

…………

憂の部屋

憂「あ、危なかったぁ」

憂「お姉ちゃん、絶対開けようとしてたよね」

憂「確かに最近、荷物多かったし、不思議に思うのも仕方ないか…」

憂「今度からコンビニ受け取りにしようかなぁ」

憂「それは、まぁ、おいといて」


31 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:32:24.06 ID:i10r++KNO

憂「えへへ、ドキドキしてきた」

憂「よし、開けよう」

憂「…わぁ」

憂「お姉ちゃんだぁ♪」

憂「これで遂に私とお姉ちゃん…じゃなかった、ユイとウイのFigmaが揃ったよぉ」

憂「いちゃいちゃさせられる、はぁはぁ」


33 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:33:19.72 ID:i10r++KNO

あっ、そんな、ダメだよお姉ちゃん!

私もう我慢出来ないよウイ!

んっ、そんなトコ舐めちゃダメ、汚いよぉ…

ふふ、ウイに汚い所なんて無いよ…?




唯「憂の部屋から何か聞こえる…」

唯「どうしたんだろ…」
唯「私の悪口かな…」


35 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:35:34.54 ID:i10r++KNO

翌日
放課後
音楽室

唯「ということで憂と仲直りしたいんです!」

律「どういうことですか唯さん」

唯「実はかくがくしかしがで…。憂、何だか私を避けてるみたいな感じがするの…」

澪「あのお姉ちゃん大好きの憂ちゃんが、唯を避けるとは思えないんだけど…」


37 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:36:10.47 ID:i10r++KNO

紬「いっそのこと、憂ちゃんに理由を尋ねてみてみるのはどう?」

唯「はっきり嫌いって言われたら立ち直れないよぉ…」

梓「う~ん、でもはっきり聞いてみるのも良いかも知れませんよ?」

唯「あ~ずにゃ~ん…」

梓(唯先輩…)


38 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:36:59.21 ID:i10r++KNO

…………

梓「それじゃ、皆さん、また明日です」

唯「じゃーね、あずにゃん!」

澪「また明日な」

紬「気をつけて帰ってね~」

律「んじゃな、梓」


梓「…さてと」


39 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:37:38.22 ID:i10r++KNO

プルルルルル、プルルルルル…

憂『はい、憂です。梓ちゃん?』

梓「あ、出た出た」

憂『どうしたの?』

梓「いや、実は憂にちょっとお願いがあってね」
憂『私にお願い?』

梓「うん。そう。大丈夫?」

憂『私に出来ることなら何でも大丈夫だよ♪』


41 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:39:43.26 ID:i10r++KNO

梓「ありがと。それじゃあさ、明日以降ローソルで何かお菓子を買う事があったら私に教えて欲しいんだ」

憂『えっ!?』

梓「ん…憂?」

憂『あっ、ご、ごめんね。で、でもどうして?』

梓「実はね、私、アニメとか結構見るんだ」

憂『っ、そ、そうなんだ。知らなかったなぁ。それがローソルと何か、関係あるの?』



※ローソル…コンビニ


42 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:41:53.30 ID:TDrH67QV0

ワロタ

43 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:42:38.07 ID:i10r++KNO

梓「実は今『けいおん!』ってアニメにハマっててね。」

憂『!』

梓「そのアニメとローソルがタイアップしてキャンペーンをやるみたいで」

憂『へぇ…』

梓「対象商品のお菓子を買うとクリアファイルが貰えるんだ。だから、もし憂がローソルに寄るコトがあったら宜しくね!」

憂『わ…分かったよ梓ちゃん。で、でもあんまり期待しないでね』


44 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:42:40.67 ID:poTUCuNi0

wwwwwwローソル

46 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:43:18.22 ID:i10r++KNO

梓「オッケー。それじゃあまた明日学校でね」

憂『うん、また明日…』
プツッ、ツーツー



梓「さて、次は唯先輩に電話か…。」


48 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:44:30.43 ID:i10r++KNO

…………

憂「まさか梓ちゃんがけいおん!を知ってるなんて…」

憂「きっと好きなキャラはお姉ちゃん…、じゃなくてユイだよね」

憂「もしかして、桜高にも結構見てる人居るのかな」

憂「ううっ、明日の帰りで大丈夫かなと思ってたけど」

憂「クリアファイル、無くなっちゃうかなぁ」

憂「しょうがない、ユイのために今日は夜に出掛けようかな」

憂「どうしても欲しいし…」


49 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:46:16.08 ID:i10r++KNO

……………

深夜の平沢家

憂「ふうっ、冷えるなぁ」

憂「お姉ちゃんを起こさないようにゆっくり階段を降りなきゃ」

憂「1時頃までには帰って来れると良いなぁ」

憂「明日寝坊しちゃわないように、早く行かなきゃ」

憂「いってきまーす」コソコソ


50 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:47:14.32 ID:i10r++KNO

唯(あずにゃんの言った通りだ…。)

唯(憂、こんな夜中に何処に行く気なんだろう)
唯(あずにゃん、憂の部屋を覗けば全て分かるって言ってたけど)

唯(流石に姉妹とは言え、人の部屋に勝手に入るのは気が引けるよぅ)

唯(でも憂とこのままなのも嫌だよ)

唯(私は、どうしても憂に避けられてる理由を見つけなきゃいけないんだ)

唯「ごめんね憂!」

唯「…こ、これは!?」


51 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:48:20.31 ID:i10r++KNO

……………

アリガトーゴザイマシター

梓(私もお人よしだなぁ)

梓(まぁ、大好きな人が笑っていてくれるなら良しとしようじゃないか、梓)


54 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします:2010/11/20(土) 02:49:27.83 ID:i10r++KNO

憂「はあっ、はあっ、時間は…12時5分…」

憂「走ってきたから、思った以上に早く着いた」

憂「流石にあるよね…」


イラッシャイマセー

憂「えっと、あった、けいおん!キャンペーン…!?」

憂(ユイのクリアファイルが一枚も無い!?)

憂「あ、あの、すいません!」


55 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:51:19.74 ID:i10r++KNO

「はい、何ですか?」

憂「けいおん!キャンペーンなんですけど、ユイのクリアファイルは!?」

「ああ、先程一人のお客様が大量のお菓子と一緒に、ユイのクリアファイルだけを持って行かれまして」

憂「な…なんで、嘘…」

「申し訳ございません」

憂「…この辺りって、ローソルはここしか無いです、よね?」


「そ、そうですね。後は他の店舗はここから一時間以上掛かるかと…」

憂「そう…ですよ、ね。すみませんでした…」

「あ、ありがとーございましたー」


56 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:53:17.72 ID:i10r++KNO

憂「油断してた…」

憂「そうだよね。お姉ちゃん、じゃない、ユイのクリアファイルだもん。これくらい予想出来たコトだよね」

憂「今から他の店舗、いや、でも帰るのが3時過ぎになっちゃうし、流石にまずいよね」

憂「かえろ…はぁ…」

憂「お姉ちゃんのためにセブルでアイス、買ってこうかな…」



※セブル…コンビニ


57 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:54:44.68 ID:i10r++KNO

平沢家

憂「ただいまー」コソコソ

憂「って、誰も返事する人は居ないけ…、ど?」

唯「お帰り、憂」

憂「おおおおおおお姉ちゃん!?」

唯「こんな遅くに何処に出掛けてたの?」

憂「えっ、あの、お醤油がっ、切れてたから、かか買いに」

憂(何でこんな時間に起きてるのぉ!?)


58 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:55:42.01 ID:i10r++KNO

唯「明日じゃダメだったの?」

憂「ど、どうしても今必要で」

唯「憂、お姉ちゃん、怒ってるんだよ?」

憂「っ!あ、ご、ごめん、なさい」

唯「もうっ」ギュッ

憂「おっお姉ちゃん?」ドキッ

唯「心配させないでよ、こんな夜中に黙って出て行くなんて」

憂「あ…うん…。ごめんなさい…」


59 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 02:57:08.94 ID:i10r++KNO

唯「ねぇ、憂、部屋、見ちゃった」

憂「…え?」

唯「憂の部屋に入っちゃった、ごめんね」

憂「ぅえぇえぇえええ!?なっ、ななななな何でぇ!?じゃあ、あの、見たの…?」

唯「うん」

憂「ど、どれ位見たの?」

唯「そ、そのっ、私に似たおもちゃとか、あ、あと、私に似た女の子と憂に似た女の子がそ、その、凄い事してる本とか…色々」



憂(…終わった。私の全てが今、終了した)



61 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 03:01:01.38 ID:i10r++KNO

憂「何で、勝手に、部屋に、入ったの?」


唯「…だって憂が最近私のコト、避けるんだもん」

憂「えっ?」


62 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 03:02:58.00 ID:i10r++KNO

憂「私がお姉ちゃんを避けてる?」

唯「うん」

憂「避けてないよ?」

唯「避けてるよ!」

唯「何だかコソコソしてるし、ご飯食べた後もすぐ部屋に戻ってあんまり一緒に居てくれなくなったし!!」

憂(あ、最近部屋に篭ってずっとけいおん!見てたからかな)


65 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 03:04:49.95 ID:i10r++KNO

唯「それで、憂が私を避けてる理由を知りたくて…」

唯「部屋に入ったら、何か分かるかな、って思っ、て」

唯「憂は私の事を嫌いになったんだと思ったんだよ!」

憂「え、そ、そんな訳無いよ!私がお姉ちゃんの事を嫌いになる訳ないじゃん!」

唯「…ホント?」

憂「本当だよ」

唯「ホントのホント?」

憂「本当の本当だよ!」


66 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 03:06:27.01 ID:i10r++KNO

唯「…良かったぁ。ずっと、ずっと不安だったんだよ…」グスッ

憂「お姉ちゃん!?」

憂(泣くほど辛い思いをさせちゃってたの?私の態度、そんな風に見えてたんだ。最低だな、私…)

唯「ねぇ、憂は今何処に行ってたの?」

憂「うっ、いや、だからお醤油をね」

唯「嘘はもう良いから!」

憂「…ローソルに行ってたんだよ」


67 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 03:07:28.20 ID:i10r++KNO

唯「ローソル?なんで?」

憂「今、けいおん!のキャンペーンやってるから」

唯「けいおん…?」

憂「私の部屋、見たんでしょ?」

唯「う、うん」

憂「そこにあったのは全部けいおん!っていうアニメの、ユイ、っていうキャラのグッズなんだ」

唯「唯?私?」

憂「ううん、違うよ。唯じゃなくてユイ。でも、お姉ちゃんにすっごい似てる」


68 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 03:08:40.53 ID:i10r++KNO

唯「…憂はさ、な、なんで、その、ユ…ユイってキャラのグッズをあんなに持ってるの?」

憂「お姉ちゃんに似てるからだよ!」

憂(ええい、もうどうにでもなれ!)

憂「お姉ちゃんが好きなの!」
憂「だからお姉ちゃんに似てるキャラのユイのグッズを集めてるんだよ!!」
憂「それで私のキャラに似たフィギュアとユイをイチャイチャさせたり…っ!!」


憂「気持ち、悪いよね。ごめんねお姉ちゃん。こんな妹で…」


69 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 03:11:20.16 ID:i10r++KNO

唯「ううん、気持ち悪くないよ憂」

憂「…お姉ちゃん?」

唯「私も憂の事、好きだから」

憂「!!」

憂「で、でもそれは私の好きとは」

唯「ううん、きっと憂の好きと同じだよ」

憂「…ホント?」

唯「本当だよ」

憂「ホントに、ホント?」

唯「本当に本当!」


憂「私…今、凄い嬉しいよぅ…」グスッ


70 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 03:12:53.34 ID:i10r++KNO

唯「憂は、そのけいおん!のキャラで十分なの?」

憂「…ふぇ?」

唯「ねぇ、あのえっちな漫画みたいにしてあげるよ」ドサッ

憂「ええっ!?んむっ!?んん…、ぷは、お姉ちゃん、そんないきなり、っあ…!」

(省略されました。続きを読むにはバンコクの正式名称を入力してください)


71 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 03:15:41.14 ID:i10r++KNO

おわりです
楽しんで読んで頂けたならこれ幸い
お試し●を苦労して入手した甲斐もあるってものです
久しぶりにSS書いたからおかしな所は多々あると思いますけど、見逃してね
ここまで読んでくれたお前等大好きだ

唯憂は至高

74 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 03:18:39.85 ID:RJB7z9630

唯憂よかった

おつ!!

78 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/11/20(土) 03:23:48.67 ID:MTxQsgOH0


あっさり終わるのもいいな

81 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/11/20(土) 03:43:11.98 ID:9aONJo9qO

クルンテープマハーナコーン ボーウォーンラッタナコーシン マヒンタラーユッタヤーマハーディロック ポップノッパラット
ラーチャターニーブリーロム ウドムラーチャニウェート マハーサターン アモーンピマーン アワターンサティット サッカタッティヤウィッサヌカムプラシット

バンコクの名前長すぎワロタ

86 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 09:07:10.91 ID:i10r++KNO

おまけ

梓「皆さん、今日は実は私、お菓子持ってきたんです」

律「マジか!どうしたんだ、突然」

梓「いえ、ムギ先輩ばかり持って来て貰うのは悪いので、たまには私が持って来ようかとおもいまして」

紬「梓ちゃん…!」ジーン

澪(私達も明日から持って来ないといけない流れだな…)

唯「ところであずにゃん、何のお菓子持ってきたの!?」

梓「まぁ、落ち着いてください」


87 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 09:10:21.78 ID:i10r++KNO

梓「わたあめとキャラメルコーンです」

澪「梓、このわたあめ、ピンク色してるけど何味なんだ?」

梓「いちごショートです。キャラメルコーンはカスタードプリンですよ!」

律「へぇ、初めて聞いた味だな」

紬「貰っていい、梓ちゃん?」

梓「はい、どうぞどうぞ」

唯「頂きまーす!」


88 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 09:14:37.26 ID:i10r++KNO

澪「うん、うまいな」

紬「美味しい♪」

唯「んま~い!」

律「中々イケるな」

梓「あぁ、喜んでもらえて良かったです」

唯「私、わたがしもキャラメルコーンも大好きだから幾らでも食べれそうだよ~♪」



梓「…唯先輩、それはホントですね?」


89 :以下、名無しにかわりまして VIPがお送りします :2010/11/20(土) 09:19:49.01 ID:i10r++KNO

唯「えっ、う、うん」

梓「それじゃあどうぞ、幾らでもありますよ」ドサドサドサ

唯「!?」

梓「いやぁ、これだけの量、学校に持ってくるのも大変でした」

唯「ちょ、あずにゃん…?」

梓「先程の発言の責任を取って 、しっかり全部食べてくださいね」

唯「ぇえぇえええ!?」

その後一週間、放課後に唯は合計50個近いキャラメルコーンとわたがしを食べ続けるコトになりました


今度こそおわり



92 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/11/20(土) 09:23:14.93 ID:vXpMJljmO

わろた、乙

95 :以下、名無しにかわりま してVIPがお送りします :2010/11/20(土) 11:18:30.07 ID:q+MrfgZeO


唯憂は至高




| けいおん!!SS | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ブラストVIP最新記事 Powered By 我RSS

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blastvip.blog74.fc2.com/tb.php/386-e9a81660

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。