FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

唯「最初にギター教えてくれたのは澪ちゃんだもん」

29fccc77.jpg


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:02:50.71 ID:XvKyIdKiO

唯「だから澪ちゃんの方が好きだもんねー」ぎゅう

澪「お、おいおい。あんまりくっつくなよ……」どきどき

唯「澪ちゃんだーい好き」すりすり

澪「わ、私も唯は好きだけど、そういうのは……」

梓「むー!」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:09:40.94 ID:XvKyIdKiO

律「ムギ、今日は少し遅れてくるって」

唯「じゃあそれまでお茶は待とうか」

澪「いや、こういう時こそ練しゅ」

梓「じゃあ今日は私がお茶淹れます!」どーん

澪「あれー?」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:13:37.92 ID:XvKyIdKiO

唯「いーよ、絶対ムギちゃんが淹れたお茶のがおいしいし」

梓「そんなのやってみないとわからないじゃないですか!」

唯「それに最初にお茶淹れてくれたのはムギちゃんだしね、二番煎じだよ」

梓「む、むー!」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:16:26.54 ID:XvKyIdKiO

律「なるほど、これがホントの二番煎じか!お茶だけに!」

唯「あはは、りっちゃんおもしろーい!」けらけら

律「唯を最初に軽音部に誘ったのは、私だったよな?」

唯「そうだよねー、りっちゃん本当にありがとね!」

律「いやいやー」てれてれ

梓「……む、むぅ……」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:21:16.83 ID:XvKyIdKiO

律「おっと、もう帰りの時間だ」

紬「今日は時が流れるのが早いわねぇ」

澪「まだ練習してないのにー」とほほ

唯「今日のばんごはんはなーにかなー?」わくわく

梓(……そうだ!)


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:24:37.06 ID:XvKyIdKiO

梓「唯先輩!今度私がごはんごちそうします!」

唯「えー?いいよ。憂のごはんがあるもん」

梓「なんなら憂と二人で食べにきて下さい!」

唯「そもそもあずにゃん料理なんてできたっけ?」

梓「うっ」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:30:02.37 ID:XvKyIdKiO

唯「バレンタインのチョコ、憂にだいぶ手伝ってもらったらしいじゃん」

梓「そ、それは……」

唯「だいたいあずにゃんが料理しても、憂のマネっこじゃーん」

梓「……」

唯「結局あずにゃんって、なにで一番なのかな?」

梓「……む」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:33:27.81 ID:XvKyIdKiO

唯「ん?」

梓「むー!むー!」じだんだ

澪「梓?」

梓「いいもん!いいもん!今に唯先輩を見返してやるもん!」とたとたとた

澪「……」

紬「……」

律「……何事?」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:37:50.54 ID:XvKyIdKiO

ガチャバタン!

梓ママ「お帰りなさい。あら、どうしたの?」

梓「……」

梓ママ「何かあったの?」

梓「……うして」じわー

梓ママ「?」

梓「どうして私を一年早く産んでくれなかったの!?おかーさん!」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:40:38.74 ID:XvKyIdKiO

梓ママ「え?」

梓「そーすりゃ!私が誘って!私がお茶淹れて!私がギター教えたのに!」ポロポロ

梓ママ「何が言いたいのかわからない」

梓「二番煎じなんていやだもん!絶対にやだもん!」だっ

梓ママ「……若いって大変ねぇ」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:43:50.20 ID:XvKyIdKiO

梓のお部屋!

梓「……っく、ひっく……」ぐじゅ

梓「……どうしたらいいんだろ?」

梓「勉強は無理だし、スタイルは……認めたくないけど論外だし」

梓「何をしたら、唯先輩の一番になれるんだろ?」

梓「……そうだ!」



梓「運動だ!」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:47:36.54 ID:XvKyIdKiO

梓「運動だったら一番になれるよ!」ふんす

梓「そしたら……」



唯「あずにゃん!あーずにゃーん!」

梓「ユイドリアン!ユイドリアーン!」

唯「あはははは」

梓「あはははは」





梓「……えへへ」にこー


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:49:11.54 ID:XvKyIdKiO

【翌朝 AM5:00】

ぴぴぴぴ ぴぴぴぴ

カチッ

梓「……よし」



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:51:43.61 ID:XvKyIdKiO

梓「一個、二個……」

梓「……うん、六個くらいあればいいよね」

梓「うー、やっぱりなんか気持ち悪いー」

梓「……えいっ!」がぶっ

梓「生卵ってキくはずだよね……うぇ」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:55:11.03 ID:XvKyIdKiO

梓「出発!」

梓「えっほ、えっほ」

梓「朝の空気って、冷たくておいしいな」

梓「……もっと早くに、ジョギング始めてりゃ、よかった」ぜえ

梓「♪ごなーふらーい……」ぜえぜえ


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:58:41.12 ID:XvKyIdKiO

【AM7:00】

梓ママ「……ふあぁーあ」のびー

梓ママ「……ん?」

梓「ていてい」ぺちぺち

梓ママ「……何してるの?」

梓「運動だよ!」ぺちぺち

梓ママ「……それ、今晩の豚カツ用なんだけど……」

梓「おかまいなく!」ぺちぺち


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:02:12.01 ID:XvKyIdKiO

三十分後!

梓ママ「行ってらっしゃーい」

梓「……行ってきまーす」よろ

梓「……眠いし足痛いし手も痛い……」

梓「おまけになんか頭も痛いよー」よろよろ

梓「……っくち」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:04:54.64 ID:XvKyIdKiO

憂「おはよー梓ちゃん」

梓「ふんっ」

憂「あ、梓ちゃん?」

梓「……憂もライバルなんだからね」

憂「意味わからないよぅ」うるうる

梓「……今に唯先輩を、見返してやるんだから」よろよろ


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:10:09.39 ID:XvKyIdKiO

授業中!

先生「えー、であるからしてー、つまり」

ぎゅるりるりるー

先生「……」

クラス一同「……」

純「……何今の?」

梓「……」カアァ


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:13:33.20 ID:XvKyIdKiO

梓(やばいよ、めちゃくちゃお腹痛いよ……)

梓(朝飲んだ生卵が痛んでたのかな?)

梓(トイレ行きたい……けど恥ずかし)

ぎゅるりるー

ガタッ

梓「先生!トイレ行ってきます!」



梓(うわああぁーん!)


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:18:29.99 ID:XvKyIdKiO

一方……

唯「♪おトイレおトイレ……ありゃ」

唯「珍しいね、この時間に使われてるなんて」

唯「授業中におトイレなんて、精神がたるんどるよ!まったく!」ぷんぷん

ギイィ……

唯「……あ」

梓「……あ」

唯「あずにゃん?」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:21:20.75 ID:XvKyIdKiO

梓「……ゆ、ゆいせんぱ……」

唯「どうしちゃったのさ、こんなにげっそりしちゃって」

梓「……ほっといてください、今に唯先輩のこと、みかえ……して……」

がくっ

唯「あずにゃん!?しっかりして、あずにゃああああん!」

……


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:26:51.10 ID:XvKyIdKiO

梓「……ん」ぱちっ

梓「あれ、ここは……」

唯「目、覚めた?」

梓「唯先輩!?どうして!……っていうか、ここは?」

唯「保健室だよ。あずにゃん、熱あったよ。風邪かな?」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:33:29.63 ID:XvKyIdKiO

梓「そっか、私、トイレで倒れて……」

唯「あずにゃんのお母さんには、もう連絡行ってるから大丈夫」にこっ

梓「……どうしてですか」

唯「んー?」

梓「どうして私なんかのために……授業までサボって」

唯「私“なんか”?」

梓「だって!私なんて何やっても唯先輩の一番になれなくて!今日もこんな失敗して!」


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:37:36.14 ID:XvKyIdKiO

梓「私なんて、いつも、唯先輩に偉そうにしてても!本当は何にも、なんにも……できなくて……」ポロ

唯「あずにゃん……」

梓「私なんか……わたしなんか……うっ、うっ……」ポロポロ

唯「……」

梓「……うっ……ひっく……」ポロポロ

ぎゅ

梓「……唯先輩」ぐす


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:41:06.63 ID:XvKyIdKiO

唯「おバカだなー、あずにゃんは」なでなで

梓「……そうですよね、バカですよね……」ぐじゅ

唯「ちがうよー。私はあずにゃんが間違ってるって言いたいんだよ」

梓「え?」

唯「あずにゃんもね、私にとっては大切な一番だよ」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:46:51.22 ID:XvKyIdKiO

梓「え、だって私……ギターもお茶も一番じゃないもん」

唯「そんなの関係ないよ」

唯「あずにゃんはね、私にとって一番かわいい子なんだ。抱きつくとあったかい子なんだ」

梓「……そんなのうれしくないです!」ぐすっ

唯「それじゃあ、ダメなのかな?」

唯「私はうれしいんだけどなー?」

梓「……」


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:50:34.67 ID:XvKyIdKiO

唯「昨日はね、これが言いたくて意地悪しちゃったんだ。でもあずにゃんたら、さっさと帰っちゃうから」

梓「……なんですか、それ」

唯「あずにゃん、ごめんね。ホントにホントにごめんね」

梓「もう、絶対に許してあげません!」ぷいっ

唯「えぇー!?許してつかぁさぁい!」めそ

梓「……くすっ」


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:56:43.10 ID:XvKyIdKiO

ガチャッ

律「おいーっす!梓無事かー!?」

澪「こら、保健室では静かにしろ!」ぺしっ

唯「あ~。みんな来てくれたんだ~」

律「あったり前よ!後輩のピンチだからな!」

紬「迎えがくるまで、お茶にしましょう」にこにこ


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:57:49.85 ID:XvKyIdKiO

澪「梓、体の調子はどう?」

梓「ええ、もう大丈夫です!」にこー

律「お、なんか嬉しそうだな?」

梓「♪」

唯「?」



めでたしめでたし


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 22:02:14.90 ID:7ew8aGaW0

良いねー乙

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 22:06:17.36 ID:iwAG1BCF0

おっつーん


| けいおん!!SS | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ブラストVIP最新記事 Powered By 我RSS

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blastvip.blog74.fc2.com/tb.php/518-12c70f79

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。