FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

唯「ねえ、憂。いつもありがとうね」

cae02684.jpg


 
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:28:46.29 ID:tAp5k5GQ0
夜。

唯は静かに言った。

憂「え? いきなりどうしたの」

唯「何となく、言いたくなったんだ」

唯「毎日毎日、私のためにご飯作ってくれてさ」

唯「お弁当も、日常の世話も、全部やってくれる」

唯「本当に―――ありがとう」

憂「……お姉ちゃんらしくないよ。そんなこと言うなんて」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:29:38.20 ID:tAp5k5GQ0
憂「何かあったの?」

唯「ううん」

唯「何も無いよ」

翌日。学校。

律「おいーっす、唯! おはよー」

唯「あ、りっちゃんおはよー」

紬「あ、律ちゃんおはよう~」

律「おう、ムギ」

澪「なんだ、律。今日は遅かったな」

律「ああ、ちょっと聡と喧嘩してな」

澪「聡となんかあったのか?」
3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:30:12.63 ID:tAp5k5GQ0
律「あいつの進路のことだよ」

澪「ああ、中三だもんな」

律「ああ」

紬「大変ね~」

唯「だ、大丈夫なの?」

律「ん? 何がだ?」

唯「聡君と仲直りできるの?」

律「さあ? いつかできるんじゃないかな?」

唯「い、いつかじゃだめだよ! 今のうちにやっといたほうがいいよ!」

律「あ、ああ。そうだな……って、唯、なんかいつもと違うな? どうした?」

唯「私はこれが普通だよー」

律「そ、そうか」

ガラッ

和「あら、みんなもう来てたの」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:30:52.57 ID:7JSemzDEP
U&I最高
5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:31:06.78 ID:tAp5k5GQ0
律「おう! 和おはよー!」

和「ええ、おはよう」

紬「おはよ~和ちゃん」

澪「おはよう。和」

唯「…………」

和「唯?」

唯「……へっ、あ、和ちゃん!」

和「どうしたの? 元気ないみたいに見えるわよ」

律「なーんか、朝からキャラ違ったな。何かあったんじゃないのか?」

唯「ううん。ちょっと考え事してただけだよ」

和「………そう」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:32:09.04 ID:tAp5k5GQ0
昼休み

律「お、和の弁当うまそうだな。玉子焼きもーらいっ」ヒョイパク

澪「おい、律。手で食うなんてはしたないぞ」

律「いいじゃんいいじゃん」

紬「律ちゃん、私のも食べてみる~?」

律「お、いいのか!?」

紬「ええ」

律「じゃあ、お言葉に甘えて」ヒョイヒョイパクパク

唯「………………………………」ムグムグムグムグ


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:32:58.78 ID:tAp5k5GQ0
和「…………?」

和「唯、調子悪いの?」

唯「え、そんなことないよ」

和「隠さないでね」

唯「隠してなんか無いよ」

和「…………、そう」

放課後

梓「唯先輩、今日こそは練習しましょう!」

唯「そうしよっか」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:33:53.68 ID:tAp5k5GQ0
梓「ふぇ?」

唯「どうしたの? あずにゃん」

梓「い、いや、例のごとく後でいいよとか言いそうだったんで」

唯「勘違いしすぎだよ」

梓「あ、そうですよね……すいません」

律「なー? 唯変だよな」

澪「言われて見れば……でも、別に困らないからいいんじゃないか」

律「まあ、そうなんだけどさ」

紬「え、じゃあお茶は?」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:35:11.77 ID:tAp5k5GQ0
唯「今日くらいはいいよー」

唯「それより、練習を始めようよ」

唯「ね、あずにゃん」

梓「え、はい…」

梓(なんか変だな……)

律「しゃーない。はじめるぞ!」

唯「よし、準備OKだよ、りっちゃん!」

律「よし! 1,2,1,2,3,4!」

ジャーンジャジャジャ
12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:36:06.56 ID:tAp5k5GQ0
時間半後

律「あー、疲れた!」

紬「いつもにましてハードだったわね」

澪「まあ、こういう日もいいかもな」

唯「やりがいがあるねぇ、あずにゃん」

梓「はいです!」

律「もう6時だし、帰るとするか!」

紬「ええ、いいわね」

梓「そうしましょうか」

律「よし、部活しゅーりょー!」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:37:04.47 ID:tAp5k5GQ0
唯宅

唯「ただいまー唯」

憂「あ、お帰りおねえちゃん」トテチテタテトテ

唯「晩御飯できてる?」

憂「ごめん。私もさっき帰ったばっかなんだ」

唯「ううん。いいよ、たまには私が作るから」

憂「え、ええ!?」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:38:08.07 ID:tAp5k5GQ0
唯「何驚いてるの?」

憂「お、お姉ちゃん、出来る?」

唯「女の子は、それくらい出来なきゃね」

憂「うーん、じゃあ、任せるよ」

唯「ありがとう」

憂(大丈夫かな……、心配だなあ)
15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:40:10.78 ID:tAp5k5GQ0
数十分後

唯「ういー、出来たよ、豚肉の洋風うま煮」

憂「え! これ作ったの?」

唯「うん。練習したんだ」

憂「ふーん」パクッ

憂「お、美味しい!」ムグムグ
16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:40:31.26 ID:7S9KEy2M0
憂ちゃん可愛い
17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:41:50.76 ID:tAp5k5GQ0
唯「当たり前でしょ!」フンス!

唯「あ、そうだ。お風呂入れてくるね」

憂「お姉ちゃん食べないの?」

唯「お腹へって無いんだ」

憂「……そっか」

憂(どこか、調子悪いのかな)

憂「お姉ちゃん、大丈夫?」

唯「? 大丈夫、だよ」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:42:52.01 ID:tAp5k5GQ0
唯、自室

唯の指が弦を弾いた。

柔らかなメロディが、虚空に消えた。

唯「ギー太……」

唯はギターに頬擦りする。

気が重い。

唯「おやすみ」

唯はギターにささやいた。

唯はそっとギターを、ケースの中に入れた。

唯「早く言わないとな………」
20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:43:40.04 ID:tAp5k5GQ0
翌日

唯「おはよー」ガラッ

和「あら、唯。早いわね」

唯「そう?」

和「ええ」

唯「そっか……」

和「……、唯、なんかあったの?」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:44:43.23 ID:tAp5k5GQ0
唯「昨日も言ったよね、ないって」

和「嘘おっしゃい。律たちにはわからなくても、私にはわかるわよ」

唯「…………何が?」

和「唯に何かあったってことが」

唯「しつこいなぁ。ないよ」

和「…………、本当のことを言って」

唯「和ちゃんこそおかしいよ。いつもより、疑り深い」

和「私は元来、こういう性格なのよ」
22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:46:05.74 ID:tAp5k5GQ0
唯「それこそ嘘だね」

和「…………放課後、会えるかしら」

唯「部活終わったあとなら」

和「生徒会室で待ってるわ。来て」

唯「……わかったよ、和ちゃん」

律「ういーっす」ガララッ

澪「おはよ、唯、和」

唯「うん、おはよー」

和「おはよう」
23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:47:23.68 ID:tAp5k5GQ0
放課後、生徒会室。

唯「こんばんわー」ガラガラ

和「唯」

唯「呼ばれたとおり、来たよ」

和「生徒会役員は早めに上がらせたわ」

唯「ふーん」

和「ここでなら、隠し事をせずに何でもいえるわよ」

和「私と唯しかいないもの」
24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:48:19.29 ID:tAp5k5GQ0
唯「またそれ?」

和「ええ」

唯「強情だなあ」

唯「だから、私には何も無いよ」

和「正直に言ってよ」

唯「だーかーらー   和「私たち、親友でしょ」

唯「…………、そう言えば、何かを言うほど、私の口は軽くないよ」

和「でも、親友でしょう」

唯「幼馴染ってだけだよ」フン
25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:50:05.88 ID:tAp5k5GQ0
和「そうかしら」

唯「そうだよ。思い過ごしだね」

和「…………まあ、いいわ」

和はカバンから、二、三枚の写真を取出した。

和「これを見て頂戴」

唯「何こ、―――何で、この写真を」

和「唯のお父さんとお母さん。それと唯が写ってるわね」

和「ちなみに、一昨日デジカメで撮影した奴よ」

唯「…………、ストーカーみたいな真似を…………」
26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:51:21.25 ID:tAp5k5GQ0
和「ちなみに、これが音声」

和が手にするレコーダーから、音声が流れた。

唯父『じゃあ、憂はこちらがひきとるから』

唯母『わかったわ』

唯『や、やだよ! 憂と離れ離れになるなんて』

唯父『仕方ないだろう。合意の上だ』

唯母『我慢なさい。お姉ちゃんでしょう』

唯『卑怯だよ……、お父さんたちは、』


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:52:16.96 ID:tAp5k5GQ0
唯『私の口から、お父さんたちの離婚のこといわせるなんて』

唯『自分たちから言えばいいのに』

唯『卑怯者!』

唯父『親より、姉の口から言われたほうが、楽だろう』

唯『何だそのとってつけたような理由は!』

唯『言いたくないだけだろう! 汚れ役をしたくないだけだろ!?』

唯『―――――この、卑怯者!!』

そこまでで、和は停止のボタンを押した。

和「はい、終わり」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:53:13.28 ID:tAp5k5GQ0
唯「何で、何で何で何で!」

和「ストーキングは謝るわ」

唯「何で、こんなことを……………っ」

和「一昨日からね、挙動不審になったのは」

和「不審に思ってついていったら、この会話を聞いたのよ」

唯「…………憂には言った?」

和「言ってないわよ」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:54:45.85 ID:tAp5k5GQ0
唯「…………そう」

和「言ったほうが良かった?」

唯「まさか。…………誰にも言わないでよ」

和「わかったわ」

唯「あと、絶交だね。見損なったよ、和ちゃん」

和「待ちなさい、唯」

唯「…………まだ何かあるの? 和ちゃん」

和「憂にはいつ言うの?」

唯「直前」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:55:53.64 ID:tAp5k5GQ0
和「それまでは、いつもの唯を演じてるつもり?」

唯は歯噛みする。

唯「何か?」

和「いつ、転校するの?」

和「この、高三の時期に」

和「それとも、憂ちゃんが転校するのか、あるいは住居が変わるだけか」

唯「和ちゃん、人にはね、踏み入れられたくないところがあるんだよ」
34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:57:42.45 ID:tAp5k5GQ0
和「………そう」

唯「…………もう、話しかけてこないでね」

和「……………………」

唯「最悪。ほんとーーーーーーに、見損なったよ」

唯「ストーカーまがいのことするなんて」

和「…………ごm」

和が何か言うより早く、唯は静かに、生徒会室を出て行ってしまった。
35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 20:58:32.98 ID:tAp5k5GQ0
翌日。

唯「おっはよー!」

和「……………………」

律「おう唯! おはよう」

澪「何か元気だな」

紬「何かいいコトあったの?」

唯「何も無いよ~」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:00:07.39 ID:tAp5k5GQ0

和「……………………」

唯「あ、今日宿題忘れちゃったんだ! 見せて澪ちゃん!」

澪「ったく。しょうがないな」

放課後、軽音楽部室。

唯「あずにゃん! 今日も練習頑張ろうね!」

梓「は、はい!」

律「なーんか、唯変わったなー」

澪「高三なんだし、いろいろあるんだろ」
37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:00:57.25 ID:tAp5k5GQ0
律「うーん、そんなもんか」

澪「そんなもんだろ」

律「何かさびしいって言うかー」

紬「…………紅茶用意したのに……」

律「ムギなんて、もうここ最近落ち込みっぱなしだし」

唯「早く! 始めようよ!」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:02:44.77 ID:tAp5k5GQ0
唯(今しかないんだから)

律「よし、じゃあやるか!」

唯「おー!」

紬「…………」ハァ

律「ほら、澪も早く!」

澪「ああ!」

澪(なんだか、すこし落ち着かないな)


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:03:53.79 ID:tAp5k5GQ0
平沢家

憂「あ、お姉ちゃんお帰り」

唯「ただいま。憂」

憂「ご飯できてるよ」

唯「ありがとう」

憂「ううん。お礼なんか要らないよ。お姉ちゃんのためにしたくてやってるんだもん」

唯「ほんと~?」

憂「ほんとだよー」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:05:11.92 ID:tAp5k5GQ0
唯「………憂はいい子だね」

憂「えへへ、そうかな」

唯「いいお嫁さんになれるよ」

憂「ありがとう。そういってもらえるとうれしいよ」

唯「うん」

憂「でも、私お嫁さんなんかより、お姉ちゃんの……」ゴニョゴニョ

唯「え? 何?」

憂「う、ううん! なんでもない!」
41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:06:10.70 ID:tAp5k5GQ0
唯自室

唯「…………早く、言わないとなぁ」

唯「もう時間もないし」

唯「ずっと黙ってるのも、かわいそうだし」

唯「心の準備ってのも大切だろうし」

唯「……………………はあ」

唯「お姉ちゃんになんか、生まれてきたくなかったなぁ」ハーア
42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:06:16.59 ID:mm/vajrL0
支援
43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:06:55.21 ID:MV9+i5eZ0
支援


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:06:57.64 ID:tAp5k5GQ0
憂「お姉ちゃん、入るよ」コンコン

唯「なーにー? 憂」

憂「お風呂沸いちゃったから、入ってね」

唯「うん」

憂「…………お姉ちゃん、泣いてるの?」

唯「え? 涙でてる?」

憂「ううん。でも、目赤いよ」
45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:09:41.45 ID:tAp5k5GQ0
唯「うーん、寝不足かな」コシコシ

憂「あ、目、掻いちゃ駄目だよ!」

唯「ごめんごめん」

憂「もう、健康には気をつけてね」

唯「わかってるよ」

唯(本当に、いいこだなあ)

唯(こんなにいい女の子なんだから、幸せになってほしいな)

唯は目を擦った。
46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:10:19.33 ID:tAp5k5GQ0
翌日、学校

紬「おはよ~、和ちゃん」

和「おはよう、紬」

紬「唯ちゃんたちは?」

和「まだ来てないみたい」

紬「ふーん」

和「…………そうだ、聞いてほしいことがあるんだけどね」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:10:54.35 ID:tAp5k5GQ0
紬「え? 私に?」

和「うん」

紬「何?」

和「あ、誰にも言わないでね」

紬「うんうん!」

和「実はね、唯、転校しちゃうかもしれないの」

紬「転校!!?」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:12:11.15 ID:tAp5k5GQ0
和「しーっ!」

紬「あ、ごめん…………」

紬(だから、あんなに張り切ってたのかしら……)

和「理由は、…………離婚、なんだけどね」

紬「…………」

和「で、そこでお願いがあるんだけど」

紬「なぁに?」

和「うん、それはね―――」

和は紬の耳元に、口を近づけた。


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:12:54.01 ID:tAp5k5GQ0
同日、放課後

唯「ねえ、あずにゃん」

梓「何ですか?」

唯「憂にどこか、変わったところはなかった?」

梓「え、ないと思いますけど」

唯「そっかー」

唯(和ちゃんは憂に言ってないんだね、多分)

唯(言ってくれたほうが、楽かもしれないなぁ)
51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:14:44.65 ID:tAp5k5GQ0
梓「どうかしたんですか?」

唯「ううん、なんでもないよ」

梓「…………」じーっ

唯「ないない! 何もないよ!」

梓「はあ…………」

唯(今日こそ、言おう。離婚のこと、憂に)

唯(…………憂、お姉ちゃん何も出来なくて、ごめんね)
52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:15:55.10 ID:tAp5k5GQ0
平沢家

唯は、憂を自室に呼び出した。

唯「憂に言わなくちゃいけないことになります」

憂(な、何だろ!? 告白!?)

唯「私も受け入れるまで、時間がかかりました」

憂(恋に? 私への恋に!?)キャー///

唯「お父さんとお母さんが、離婚します」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:17:10.92 ID:tAp5k5GQ0
憂(………………………………へ?)

唯「私たちは、別々に暮らすことになります」

憂「な、何言ってるの?」

唯「言うことはそれだけです」

憂「ちょ、ちょっと待ってよ!」

唯「ん?」

憂「な、何で、どうして?」
54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:18:31.87 ID:tAp5k5GQ0
唯「どうして? 考え方を変えてみて、どうするかに」

唯「どうして離婚したかではなく、離婚したからどうするか、に」

憂「何? 誰かの台詞?」

唯「私の大好きな本の一節。テルミーって本だよ、あれは名作」

憂「そ、それを言いたいだけ、だよね? 離婚とか、嘘だよね?」

唯「………………………………」

憂「嘘だよね!?!」
55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:19:56.87 ID:tAp5k5GQ0
唯「……………………ううん」

唯「本当だよ」

唯は憂から目をそらした。

唯「あと数日で、私たちは別れることになるので」

唯「あ、二人とも別の学校に行くことになるから。桜高とは二人ともお別れ」

唯「頑張って」

唯「私も、頑張るからさ」

唯は力なく笑った。
56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:20:39.77 ID:tAp5k5GQ0
憂「……………………勝手すぎる」

唯「私もそう思うよ」

憂「…………………………………………」

憂「…………いやだ」

憂「ふざけるな! いやだ! お姉ちゃんと離れるなんて!」

唯「私もだよ」

唯「とても辛い」

憂「なら、一緒にいようよ! ずっと、ずっと! お姉ちゃん! ねえ!」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:21:47.87 ID:tAp5k5GQ0
唯「…………ごめんね」

唯「私にはどうにもできないんだ」

唯「二人で暮らすにも、お金が必要だし」

憂「いやだ!! 私はお姉ちゃんといっしょにいる!! 一緒にいたい!!!」

憂「お姉ちゃん!! 一緒にいよ!?」

唯「わがままは見苦しいよ。高校生でしょう?」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:24:05.60 ID:tAp5k5GQ0
憂「私は! お姉ちゃんがいなくちゃ! 生きてけないの!」

唯「……………………」

憂「お姉ちゃん! 逃げようよ!! 私はあんな親、親とも思ってないからさぁ!!!」

唯「親と思ってなくても、お金は必要なんだよ」

唯「私たちだけじゃあ、食っていけない」

唯「世の中は、そんなに優しくない」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:25:09.80 ID:tAp5k5GQ0
憂「じゃ、じゃあさ!」

憂「二人で一緒に暮らそう!! ね!! いざとなったら、体売ればいいよ!!」

憂は笑う。

唯「私はやだよ」

唯「絶対、いや」

唯「第一、そんなことでいつまでも暮らしていけないの。だから――――」
61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:28:03.17 ID:tAp5k5GQ0
憂「………………………………なんで?」

唯「なんでって……」

憂「やだやだやだやだやだやだ! ぜぇーーーーーーったい、嫌だああ!!!」

憂「お姉ちゃんとはなれるなんて! 死んでも嫌だあああああああああああ!!!!!!!!」

憂「体売ればいいんだよ! お金たくさんもらえるよ! 援助交際して暮らせば!!」

唯「駄目だよ、人間として」

憂「私たち処女でしょ!? 高く売れるよ!!!」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:29:13.31 ID:tAp5k5GQ0
憂「お姉ちゃん可愛いから、何十万は貰えるよ!」

憂「だから、二人で生きよ!」

唯「憂…………」

唯「わかってよ…………」

唯「それに、憂の初めては、憧れの人にささげるべきだよ」

唯「憂には、いいお嫁さんになってほしいんだよ」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:30:10.15 ID:tAp5k5GQ0
憂「ああああ!! とにかく逃げようよ! 二人で暮らそ? ね!?」

憂「離婚したからお姉ちゃんと逃げる! 愛の逃避行!」

憂「ほらお姉ちゃん、準備して! 逃げようよ! これからもけいおん、やりたいでしょ!」

唯「ううん。あきらめたんだ」

憂「あは、何言ってるの!?  私のことよりもギターに熱中してたじゃん!」

憂「大切でしょ!? 梓ちゃんとか、律先輩とか! 別れたくないでしょ!?」

憂「そうでしょ!? お姉ちゃん!」

憂「ねえ!!」
64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:31:06.01 ID:tAp5k5GQ0
唯「…………もう、覚悟は出来てるんだ」

唯「だから…………」

憂「ふざけるなああああああ!!!!! 私はお姉ちゃんと一緒にいるんだあああああああああああ!!!!!」

憂「お姉ちゃんのお嫁さんになるの! 昔からの夢なの! お姉ちゃん!」

憂「私はお姉ちゃんのためだけに生まれたの!」

唯「憂……………………」

唯「そんなこと、言ってないで…………」
65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:32:25.20 ID:tAp5k5GQ0
憂「――――お姉ちゃん、私のこと嫌いなんだね!! わかったよ!!!」

唯「!」

憂「もういい! もうわかった! 私だけでも逃げる! お姉ちゃんと一緒に居れないなら! 次点で梓ちゃん!」

唯「憂、気を確かに」

憂「うるさい! 黙れ! 私を捨てたくせにいいいいいいいいいい!!!!」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:33:52.56 ID:tAp5k5GQ0
唯「捨ててなんか、ない…………」

憂「裏切り者! お姉ちゃんは私を捨てたんだあああああああああああああ!!!!」

憂「お姉ちゃんなんか、ああぁあああぁああぁぁああああっっ!!!!」

憂は部屋から出て行った。そのまま、家からも出ていった。

唯「憂……………」

一人残された唯の呟きは、誰にも聞こえなかった。


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:34:40.48 ID:tAp5k5GQ0
                  *

憂(お姉ちゃん、おかしいよ!?)

憂(もういい! 梓ちゃんのところで暮らす!)

憂(梓ちゃんの、ところで…………)

憂は気が付くと、中野家の前に来ていた。

憂「梓ちゃん…………」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:35:54.11 ID:tAp5k5GQ0
憂(梓ちゃんで、いいのかな)

憂(私、お姉ちゃん好きなのに)

憂(それに、いきなり行っても、迷惑だろうな)

憂(無一文だし、服もないし)

憂(どうしよう…………)

ふと、もう一つの行き場所が浮かんだ。

                    *
71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:36:59.34 ID:tAp5k5GQ0
和「憂……………、なんでここに」

和の家の玄関の前には、憂がいた。

憂「よく考えたら、梓ちゃんのことあまり好きじゃなかったんです」

よくわからない理由で、憂は和宅に入り込んだ。

憂「和ちゃん、泊めてくれない?」

和「今日は両親がいないからいいけど……どうしたの?」

憂「お姉ちゃんが、離婚するとか言うんですよ」

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:38:03.13 ID:tAp5k5GQ0
和「あら、聞いたの」

憂「…………本当なんですか」

和「ええ」

憂「…………そっか」

憂「さっきはどうかしてたみたいです」

憂「気がついたら、家を飛び出してました」

憂「お姉ちゃんに、謝らないとなぁ」


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:39:56.80 ID:tAp5k5GQ0
和「…………そう」

和「落ち着いた?」

憂「はい。……いきなりあがりこんで、ごめんなさい」

和「いいわよ、暇だったし」

憂「はい。それにしても、転校かぁ」

和「寂しくなるわ」

憂「はい」



76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:40:48.31 ID:tAp5k5GQ0
和「唯、軽音楽部の皆には、言ってないみたいだしね」

憂「和ちゃんにだけ言ったんですか?」

和「まあ、そういう解釈で」

和は気まずそうに頬を掻いた。

憂「意外だなぁ、まず、律先輩とかに言いそうなのに」

和「…………、梓ちゃんに、知られちゃうからでしょうね」

憂「梓ちゃんに?」



77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:41:55.27 ID:tAp5k5GQ0
和「ええ。梓ちゃんに知られたら、憂の耳にも届くでしょ」

憂「…………多分」

和「ええ。唯、憂には自分の口で告げたかったのよ、きっと」

憂「…………そうかも、しれませんね」

和「ええ」

憂「……お姉ちゃん、そこまで考えて……」
78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:43:53.44 ID:tAp5k5GQ0
和「おなかすいてるでしょ」

憂「いえ」

その時、憂の腹がぐうううと音を立てた。

和「ふふ、無理しなくていいのよ」

和「お茶漬け、食べる?」

憂「…………はい、ありがとうございます」

和「じゃあ、ちょっと待っててね」
79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:44:33.98 ID:tAp5k5GQ0
数分後

和「出来たわ。はい」

憂「いただきます」

和「はい、召し上がれ」

ズズズ……

憂「美味しいですね」

和「そう?」

憂「はい」
80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:45:53.15 ID:tAp5k5GQ0
和「一つ、聞くわよ」

憂「何ですか」

和「ねえ、いつ転校するの?」

憂「…………、五日後、らしいです」

和「転校したい?」

憂「まさか、そんなことありません!」

和「よかった」

憂「…………」
81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:46:54.83 ID:tAp5k5GQ0
実はね、と和は続ける。

和「紬にだけ、言ったのよ」

和「唯には言うなって言われてたんだけどね」

憂「転校のこと、ですか?」

和「ええ」

憂「…………っ」


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:47:36.37 ID:tAp5k5GQ0
和「大丈夫よ、あの子、口堅いし」

憂「…………はあ」

和「紬に頼んでみたの」

憂「何を、ですか」

和「紬の家に、泊めてやってくれないかって」

憂「私たちをですか」

和「ええ。そうしたら、ずっと転校しないですむでしょう」
83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:48:25.01 ID:tAp5k5GQ0
憂「…………名案ですね」

和「そう? そしたらね、OKされたわ」

和「お部屋、貸してくれるそうよ」

憂「……………………」

和「どう? いまなら、断れるわ」

憂「……………………」

和「断る?」

憂「断ると、思いますか?」
84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:49:25.43 ID:tAp5k5GQ0
和「いいえ」

和「思いたくないわね」

憂「…………本当に、いいんでしょうか」

和「紬、いい子だから。大丈夫よ」

憂「…………かも、しれませんね」

和「ええ」

憂「ありがとう、ございます」

和「どういたしまして」

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:51:05.16 ID:tAp5k5GQ0
憂「帰ったら、お姉ちゃんにあやまろうっと」

和「そんなひどいこといったの?」

憂「…………はい」

和「私も一緒に行ってあげましょうか」

憂「いいの?」

和「ええ、その時、紬のこと言えばいいしね」


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:51:34.76 ID:mm/vajrL0
紬ちゃんまじ天使
88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:51:54.32 ID:tAp5k5GQ0
憂「…………ありがとう」

和「そんなのに、お礼言われるまでもないわね」

だって、と和は語を継ぐ。

和「私たち、親友でしょう」

憂は、和のその台詞に、はっとしたように目を見開いた。

憂「……はい、親友です、ね」

憂はお茶漬けを食べ終えた。


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:53:07.33 ID:tAp5k5GQ0
平沢家

唯「…………憂、和ちゃんまで…………」

和「久しぶりね」

唯「何しに来たの?」

和「怖い顔しなくても」

唯「私を笑いに来たの?」

憂「お姉ちゃん! そんなこと言っちゃ駄目だよ!」

和「いいのよ、別に」

和「それより、一ついい情報があるんだけどね――――」


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:54:09.69 ID:tAp5k5GQ0
数日後

憂「お姉ちゃん、起きてよ!」

唯「ういー、もう少し」

憂「何言ってるの? 人様の家だよ!? 早く起きないと、白い目で見られるよ!」

憂(ああ、いつものお姉ちゃんだ)

憂(……和むなあ)
91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:54:56.28 ID:tAp5k5GQ0
紬「唯ちゃーん。朝ごはん出来たわよ~」

唯「え、ムギちゃん!?」

憂「私たち、琴吹家にすんでるんだから当たり前でしょ!」

唯「そ、そうだった!」

憂「もう、朝ごはん食べに行くよ!」

唯「ういー、まってよー」

タッタッター トテチトタテトテ

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:56:11.75 ID:tAp5k5GQ0
紬「唯ちゃん、おはよ~」

唯「ムギちゃんお早うー」

憂「あ、あらためて、お、お世話になります、ムギ先輩」

紬「かしこまらなくていいのよ~」

唯「そうだよ憂! ムギちゃんは優しいんだから!」

紬「唯ちゃんったら///」
94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:57:37.25 ID:tAp5k5GQ0
唯「朝ごはんは何ー?」

紬「フレンチトーストよ」

紬「足りなかったら言ってね」

唯「ううん、充分だよ!」

唯「いただきまーす!」
95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 21:58:34.18 ID:tAp5k5GQ0
学校

唯「おはよ~」

律「お、ムギと一緒か! 珍しいな。おはよー」

澪「本当だ、ムギと登校してる唯なんて始めてみた気がする」

唯「へへー」

紬「みんな、おはよう~」

律「うーっす! ムギー」


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 22:01:08.53 ID:tAp5k5GQ0
唯「ねえ、和ちゃん」

和「ん?」

唯「ありがとうね」

和「なんのことかわからないわね」

唯「またまた~、尽力してくれたの和ちゃんでしょ」

和「話しかけるなって言ったの誰だっけ?」

唯「忘れてよ~、それに、この前は和ちゃんから、話しかけてきたでしょー」

和「それこそ忘れたわ」
99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 22:02:35.65 ID:tAp5k5GQ0
唯「あ、言わなきゃいけないことがあったんだ」

和「? 何?」

唯「おはよ、和ちゃん」

和「……え」

唯「だーかーら、おはよう、和ちゃん」

和「……おはよう、唯」


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 22:04:30.45 ID:tAp5k5GQ0
唯「私たち、親友だね! この前言ったことなんか、水に流せるくらいに!」

和「そう」

唯「あれ、嬉しくないの?」

和「嬉しいけど、ここ教室よ。回りに大聞こえで、恥ずかしいわ」

唯「あ」

律「唯、和と何があったんだ? いや、ナニがあったのか?」

澪「エロ親父か、律」

律「な、なんだよ! 私の父さん知ってるのか!」

澪「ピンクのパンツはいてる父さんか」

律「忘れろ!」

唯「…………気にすること無いじゃん」
101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 22:06:13.66 ID:tAp5k5GQ0
和「…………そうね」

唯「まったく。親友じゃないって言われるかと思ったよー」

和「そんなこというわけないじゃない。あ、それと」

唯「? 何?」

和「これからもよろしく、唯」

そういいながら、和は手を差し出してくる。

唯「……え?」

和「親友なんでしょ。これからも」

唯「―――うん!」                 

唯は満面の笑みを浮かべた。そして、何の躊躇もなく、その手を握り返した。
                          
                                     終わり
102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 22:07:39.46 ID:KfN4Md8n0
親スルーですかww

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 22:09:19.31 ID:hHVXU+l4O
なんか思ったよりあっさりだな
でも唯ちゃんと憂ちゃんが幸せならそれで良い
105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 22:17:45.03 ID:niGOhjKA0
これからムギ唯憂三姉妹の日常編が……ないか

おつ!!
106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/03(金) 22:35:47.89 ID:7S9KEy2M0
いい唯憂だった

おつ!!



| けいおん!!SS | 06:11 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

ブラストVIP最新記事 Powered By 我RSS

COMMENT

和ちゃんマジ天使

| | 2010/09/16 21:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blastvip.blog74.fc2.com/tb.php/72-ed10e3c5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。